« 『めだかの会』 | トップページ | はじめての運動会への取り組み »

『かたつむりの会』と『めだかの会』の交流

この前紹介した『かたつむりの会』と、“障害児の親の会”の先輩である『めだかの会』とで、初めての交流会を開きました。『めだかの会』で借りている、“サポートハウスめだか”にお邪魔して、まずは、一人ひとり順番に自己紹介をしました。

『めだかの会』のお子さん達は、この前も紹介したとおり、もうすでに成人されており、小さい頃、我が子に障害があることに気づいた時の事から始まって、20~21歳に至るまでの長い道のりの事、そして今現在は、施設で生活していたり、通所している事などを、お話しして下さいました。

そのお話しを聞いていて思ったことは、『めだかの会』のお母さん方は、どのお母さんもとても明るくて、もの凄いパワーを感じました。きっと、同じ悩みを持つ親同士で励ましあいながら、たくさんの試練を乗り越えてこられたからこそ、今の笑顔があるのかな?と思いました。

どのお母さんも、共通して言っていた言葉があります。「この子に障害があることで、悩みや苦労もたくさんあったけど、それ以上に、たくさんの人との素晴らしい出会いがありました。この子のおかげで、たくさんの宝物を得ることができました。」というようなことです。私もこの言葉には、もの凄く共感できました。今の私と同じような思いを持ちながら、お子さんを成人するまで育て上げてこられた先輩方とお話ができて、とても嬉しくて、私も今までのことを夢中で話しました。特に成人式の写真を見せてもらった時は、思わず「めんこ~い!」と言ってしまいました。何か、樹の将来の姿と重ね合わせながら、その写真を眺めていました。今まで、あまり将来の事は考えたことがなかったけど、私も早く樹のこんなスーツ姿が見てみたい!という気持ちになりました。

とにかく、『めだかの会』のお母さん方の、あの明るい笑顔を見ていたら、何だか将来に希望が持てたというか、将来が楽しみになってきました。私も樹が成人式を迎える頃、同じような笑顔で我が子を見守っていたい・・・これからも、『かたつむりの会』のメンバーと励ましあいながら、樹がくれた大切な宝物である、たくさんの人との素晴らしい出会いを大切にしていきたいと思いました。

『めだかの会』のみなさん、また今度、“交流会”を開いてください。その時を楽しみにしています!

|
|

« 『めだかの会』 | トップページ | はじめての運動会への取り組み »

かたつむりの会」カテゴリの記事

めだかの会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『めだかの会』 | トップページ | はじめての運動会への取り組み »