« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

はじめての運動会・本番

いよいよ、運動会当日、何とか雨も降らないで、外で決行することができた!総練習も外でできなかったし、初めて外で通して行うので、正直言って心配だった。

開会式が始まって、樹の姿を見つけられなかったので、いつもの保育所生活と順序や雰囲気が違うので、まだ、落ち着くのに時間がかかって、出てこられないのかなー?と思っていたら、よその人に、「あそこにちゃんと並んでいるよ!」と教えてもらって、姿を見つけることができた。先生と一緒とはいえ、ずーっとその場に立って、開会式に参加することができた!本当に、その場に立っていることが、去年のことを考えると、ウソのようで、信じられなくて、涙がじわーっとあふれてきた。

総練習の時は、ひと通りできていたけど、本番はどうかな?ってちょっと心配だったが、意外に樹は観客席など目にも留まっておらず、全く気にしてない様子で、総練習の時以上にちゃんとできていた!

かけっこも、はじめは先生に手を引かれていたが、途中手を離しても、何とか誘導されながら、一人でゴールすることができた!玉入れもちゃんと入れていたし、お遊戯も、あやつり人形はちょっと笑えたけど、かわいかった。障害物競走も、先生に手を引かれることもなく、全部一人でできた!一度総練習の時に見ていたので、そんなに涙せず、安心して見ていられた。

途中、親子遊戯があり、その時に、「よくがんばったねー!」と、思いっきり褒めてあげた。何回も、嬉しそうに私の顔を見て笑いながら、一緒に踊った。ところが、その後の別れが大変だった!観客席に目もくれていなかった樹は、今までママが見ていたことなど当然知らないわけで、樹にしてみたら、『ママがお迎えに来てくれた。』と思っていたのだと思う。なのにママが行ってしまったから大騒ぎ。落ち着くまでしばらくかかったらしいけど・・・(先生ご苦労様でした)

そして、最後のリレーとなり、一番走者で、先生に手を引いてもらって走った?というより歩いた!(笑)もう、最後なので疲れ切っていたのだ!でも、ちゃんと一周し、先生に手伝ってもらって、ちゃんとバトンをお友達に渡すことができた!最後までよくがんばったね!今日のことを、樹が来年まで覚えているかどうかはわからない。でも、リレーに出してもらったことで、来年のためのいい経験をさせてもらえたと、感謝しています。

本当に、最初から最後まで、綱引き以外、ちゃんと参加することができ、みんなと一緒に待つべき時は、ちゃんと待つことができ、本当によく頑張ってくれたと思います。今日は夢みたいな一日だったよ!一生分の親孝行してくれたくらいに嬉しかったです!(ちょっと、いや、かなり大げさだけど)

最後に、今日一日樹のために、手取り足取り支援して下さった先生方に、心から感謝しています。本当に有難うございました。

| | コメント (9)
|

はじめての運動会への取り組み・3

総練習を見ていて、考えが変わってきて、リレーもやっぱり出られるんじゃないか?と思った。なぜなら、他の競技だって、先生に手を引いて誘導してもらったり、お遊戯だって、先生が後ろから手を持って踊らせてくれるので、あやつり人形のようなものだし、それならリレーだって、先生が手をつないで走ったっていいし、バトンの受け渡しだって、先生が手伝ってあげればいいことだし・・・

それに、他のみんなを見ていても、途中で止まっちゃう子や、反対方向に走っちゃう子、泣いて参加できない子もいたりして、それほど、勝ち負けの意識も強く感じなかった。そこに樹が参加することによって、クラスのリレーが台無しになるなんて感じがしなかったし、むしろ、樹たちも走るって事で、みんなにとっても、クラス全員で参加することの喜びみたいなものも感じられるんじゃないか?と思ったりして、やっぱりリレーだけでも出して欲しいということを先生にお願いした。

翌日、先生方で話し合った結果、リレーに参加できることになり、一番走者で走るということになりました!出来そうな事は、何でも体験させてあげたい。お願いしてみて良かった!これで、運動会当日の楽しみがひとつ増えました!

| | コメント (0)
|

はじめての運動会への取り組み・2

運動会の何日か前になり、先生から、綱引きは、子どもとはいえ、かなり強い力で引っ張るので、種目の意味の解らない樹にとっては、危ないんじゃないか?という事と、リレーは、バトンの受け渡しが難しい。という事と、あまりたくさんの種目に参加することで、樹に負担がかかるんじゃないか?という理由で、参加するか、しないか?という事を相談されました。その時点では、意味も解らないし、別に無理に参加させなくてもいいかな?と思い、そう伝えました。

その翌日、総練習があり、もしかして運動会当日は、観客がたくさんいたりして、練習どおりに出来ないということもあるかもしれない。と思い、見に行くことにしました。ただ、残念なことに、総練習の日は雨だったので、幼児センターのホールでの練習となりました。

開会式の練習の時、私が近くにいると、甘えたがったので、こっそり影から隠れて見ることにしました。開会式も、先生と一緒とはいえ、ちゃんと座っていられたし、体操だって、あやつり人形とはいえ、嫌がったり、逃げ出したりしないで、その場でちゃんと出来た!

そして、玉入れが始まり、ドキドキしながら見ていたが、本当に先生が言ったとおり、ちゃんと玉を両手に持って、網に向かって投げていた!その姿を見た時は、本当に嬉しくて、涙、涙だった!ただし、終わりの笛が鳴っても、ひとり、投げ続けていたけど(笑)

それから、かけっこも、先生に手を引かれながらとはいえ、走ってゴールできた!

その後、一番楽しみにしていた障害物競走だったが、これも、先生が言ったとおりに、ちゃんとハシゴをくぐったり、トンネルをくぐり抜けたりして、先生に誘導されながら、何とかゴールすることができた!本当に信じられなくて、嬉しくて、ひとつずつ競技を終えるごとに、涙が止まらなかった。今日の総練習の、特に障害物競走をやっている姿は、たぶん一生忘れることができないだろう・・・

| | コメント (2)
|

はじめての運動会への取り組み

今年は、樹にとって、はじめての運動会を経験することになりました。

去年は、保育所に週3回通っていたとはいえ、体験入所という形で、正式に入所して毎日通っていたわけではなかったし、母親と一緒に通っていた。ということもあり、やはり、ちゃんとした形で集団の中に入っているのとは違うし、まだ、樹の理解力が乏しかったせいもあり、行事にまで参加するのは無理かなー?と思っていました。結局は、運動会には参加せず(というか、出来ず)、一応、見学には行ってみたものの、全く意味が解らず、ただ保育所に遊びに来ただけという感じで、途中で帰ってしまいました。

去年の段階では、まだ、行事に参加することよりも、まずは、保育所という集団社会の中で、日常生活を経験して、慣れていき、習得する。という事のほうが先決であり、それを、一年かけて身に付けることができました。

今年は、新しく幼児センターとなって、施設が変わってしまったことで、4、5月は慣れるまで色々と大変でしたが、6月に入って、少しずつですが落ち着いてきたように思います。そして、少しずつ運動会の練習も始まっていたようですが、お迎えに行く度に先生が、「今日は玉入れの練習をして、樹くんもちゃんと玉を網の中に投げて入れようとしていました。」とか、「今日は障害物競走の練習をしたんですが、樹くん、お友達がするのを見て、真似して、一人で出来ちゃったんですよー。」とか教えてくれるので、ちょっと半分信じられない気分だったのですが、これが本当なら、運動会当日は、号泣してしまうかも?ハンカチぐらい用意しとかなきゃ!なんて思っていました。

| | コメント (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »