« 4回めの散髪 | トップページ | もうすぐはじめての発表会 »

トイレトレーニング~自立の入り口

樹は、3才の誕生日と同時に、オムツが取れた。でも、5才前の現在でも、完全にトイレの自立とまではいかない。

トイレトレーニングは、上の子の時に、あせってはずそうとして、返っててこずってしまったので、樹の時は、言葉も通じない子に、どうやって教えたらいいのか?わからなかったし、そのうち言葉が通じるようになってからでいいや!なんて、のん気に構えてました。

ところが、2才8ヵ月の時に、巡回移動相談で、旭川療育センターの小児科の先生に、初めて『自閉症スペクトラム』と診断された時、トイレトレーニングも始めた方が良いと言われ、頑張ってみることにしました。

その時期が、たまたまタイミングが良かったようで、それからたった4ヵ月で、すっかりオムツが取れてしまったのだから、オドロキです!上の子なら、完全に取れるまで、1年以上もかかってしまったのだから、よっぽどタイミングとやり方が悪かったのだろう。

はじめは、一日に何回か、出なくてもトイレに座らせることと、ウンチをしているな?と思ったらすぐ、トイレに連れて行った。初めのうちはトイレに行ったら出なくなり、便秘になるんじゃないか?と思って、かわいそうかな~?と思ったが、そのうちに、出すしかない状況に追い込まれて、仕方なく出すことができた!それを何回か繰り返すうちに、トイレでウンチができるようになった!

ウンチはスムーズに行ったが、おしっこはなかなかだった。朝一番は寝起きで機嫌が悪いので、トイレに行かせてなかったが、いつも朝食の時、オムツをはいてても横から漏らすので、これは夜寝ている間におしっこがたまっているのかも?と思って、思い切って朝一番にトイレに行かせてみたら、これも成功しました!

そのうちに、トイレに座って力を入れたらウンチが出ることを覚え、次にトイレに座ったら力を入れることを覚え、力を入れたらおしっこも出るようになった。という具合に、トントン拍子に上手く行きました。上の子の時は、おしっこが先にできるようになり、次にウンチができるようになるまで、結構かかりました。その子にもよるのでしょうが、私は樹のやり方の方が、子どもにとっても解りやすかったんじゃないかな?と思います。

トイレでできるようになったら、後は時間排泄でやっていましたが、そのうちに、おしっこ、ウンチが出る前に、ママの手を引っ張ってトイレに連れて行くようになりました。それが、ちょうど3才の誕生日の日のことでした。

その後、春から保育所に体験保育で通い始めて何ヵ月かで、お友達が立っておしっこをするのを見て、樹も出来るようになりました。

そして、4才の誕生日前くらいから、おねしょもしなくなった。(ごくたまにおねしょすることもあるが、だいたい疲れてる時かな?)4才すぎてからは、自分で勝手にトイレに行って、パンツを脱いで、座っておしっこ、ウンチをして、自分で下りて、流して服を持って出てくるまでできるようになりました。(お尻は拭けないが・・・)

自分で勝手に行けるようになったのはいいが、言葉で「うんち」とか「おしっこ」と教えることができないし、言葉で言えなくても何らかのジャスチャーなりの方法で教えてくれればいいのだが、自閉症特有のコミュニケーションの障害のせいか、教えるすべを知らないので、外などトイレの場所を知らない所で、何回か失敗したこともある。それも、写真カードを作ってはいたが、今ひとつ上手く行かなかった。

それと、トイレットペーパーを出して切り、お尻を拭く練習もしていましたが、トイレットペーパーを持っているだけで、自分で手を動かせないので、ママが「ふきふき」と言いながら、一緒に動かしてあげていた。

それが最近、5才前にして、ようやく自立の光が見え始めた!最近、即時性エコラリアが増えたり、模倣の力もものすごく伸びているせいか、お尻を拭く時に、「ふきふきしてごらん?」と言うと、「ふきふき」と言いながら、自分で手を動かすことができるようになった!(まだ、ちゃんとは拭けてないけど)

さらに、「おちっこ~、おちっこ~」と言いながら、トイレに行った時は、必ずウンチが出るので、「おちっこ」=「ウンチ」と思っているらしい。この前も、ご飯が終わって、「ごちそうさま」をしている時に、「おちっこ~、おちっこ~」と言ったので、もしかしてウンチかな?と思って、すぐトイレに行かせたら、やっぱりウンチでした。これは、ウンチが出る前に言葉で教えられるようになったということかもしれない!これさえできれば、外でも困らないし、写真カードなんて使う必要もないのだから、本当に助かる。

この、「ふきふき」の動作ができるようになったことと、言葉でウンチを教えられるようになったことは、ものすごい進歩だ!

樹は男の子だから、いつまでも一緒にトイレに入るわけにはいかないし、いったいいつまで、樹のお尻を拭くんだろうか?もしかして大人になっても拭いてあげなければいけないのかもしれない。と思っていただけに、トイレの自立の入り口が見えてきたという感じがして、嬉しかった!

|
|

« 4回めの散髪 | トップページ | もうすぐはじめての発表会 »

トイレトレーニング」カテゴリの記事

自閉症児育児」カテゴリの記事

コメント

ちゃぴにいさん、いつも応援ありがとー!
これからも、色々な『自立』のために、
二人三脚で頑張るよ~っ!
これからも、応援ヨロシクー!


ヒロさん、コメントありがとうございま~す!とっても嬉しいです♪
長~い文章にお付き合いくださって、本当にありがとうございます!
これに懲りず、また暇があったら覘いてみてやって下さいねっ♪

投稿: いっくんママ | 2006年11月16日 (木) 09時39分

嬉しいね~!
ほんとに最近色んな事がグングンと
伸びていってるねー!

完璧「ふきふき」も
目の前かなっ?

がんばれ~!いっくんっ(*^_^*)
「ふき~ふきっっ♪」

投稿: ちゃぴにい | 2006年11月15日 (水) 23時16分

いっくんすごいね!!
ママもいっくんもすごい!!
携帯から日記見れなかったんだね・・(いつも携帯でミクシィチェックしてるから・・)

いっくんままの日記は、色々勉強になります。

投稿: ヒロ | 2006年11月14日 (火) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4回めの散髪 | トップページ | もうすぐはじめての発表会 »