« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

パパのピーナッツ訓練・2

「ちょうだい」が定着してきたので、次に、もらった後に、「ありがとう」と言わせることにしました。それも、初めは「ありがとうは?」と教えてあげたら「あいやっと」と言えるというところから、次第に、「何て言うの?」と聞いてみたり、「うん?」と何て言うのか聞くそぶりを見せたりしてみせたところ、「何て言うの?」と聞くと、「なんていうの?」と言い、「うん?」と聞くと「うん?」とそっくりそのまま答えていました。やっぱり、「ちょうだい」という言葉は、それを言えば欲しいものがもらえるので、強化しやすい言葉だけど、もらった後に「ありがとう」と言うのは、結構難しいんじゃないかな?と思いました。でも、間違うたびに「違うよ、ありがとうでしょ?」と言って、言い直させて、ちゃんと言えたら褒める。ということを繰り返しているうちに、「何て言うの?」と聞いても、[なんていうの?」と答えずに、「あっ、あいやっと」と言えるようになりました!

思えば、「ちょうだい」と言った後は、褒めてからピーナッツをあげていたので、「ちょうだい」に対する強化子は、“褒める+ピーナッツ”で、「ありがとう」に対する強化子は、“褒める”ことだったんですね!それと、一つ気付いたことは、パパの“褒め方”は、一言で言うと“オーバー”でものすごく解りやすいということです。ただ単に、あまりのかわいさに、思わず力が入ってしまうだけなのですが、これも、強化が上手くいった一つの原因と考えられます。

そして、ここで一つ、パパの疑問。「何で、どもるんだろうな?」確かに、「何て言うの?」と聞くと、しばらく間が空いて、「あっ、あいやっと」と、どもりながら答えている。それはたぶん、今までは言わされたとおりに言っていただけだったけど、それを繰り返すうちに、『ここではこんな言葉を使うんだ』というルールに気付き、学習した。ということではないか?そして、そこで言うべき言葉を、頭で考えてから言っている証拠なんじゃないか?と思いました。

『ただ真似をして言葉を言う』→『頭で考えてから学習した(場に合った)言葉を言う』に進歩したということは、ものすごく認知力が伸びてきていると言えるんじゃないか?と、嬉しくなりました!

最終的には、パパが晩酌を始めると、近寄ってきて、自分から「ちょうだい」と言い、もらった後には、特に何にも言われなくても、「あいやっと」と言えるようにまでなりました!

とりあえず、少なくともこのシーンでは、スムーズに一連の言葉が言えるようになりましたが、だからと言って、応用力の障害のある自閉症児は、違うシーンでも同じようにできるとは限らないのです。これからも、違うシーンでも同じような訓練をたくさんしていく必要があると思いました。

| | コメント (0)
|

パパのピーナッツ訓練・1

この前、パパに“ふりかけごはん”を、言葉で要求するようになったという話題を書きましたが、今日も、パパ関連の話題をもう一つ書きたいと思います。名付けて“ピーナッツ訓練”です。(笑)

それは、パパが毎晩晩酌をするときに、おつまみを食べるのですが、それを欲しがったことから始まりました。おつまみの内容は、スナック菓子だったり、柿の種だったり、ピーナッツだったりと、色々ですが、ウチは子どもにスナック菓子は食べさせてないし、柿の種は辛いので、ピーナッツならまだマシかなぁ・・・ということで、パパがいつも少しあげていました。私としては、ちゃんと決まった時間におやつを食べさせているので、あまりあげて欲しくはなかったんだけど、パパとしては、欲しがっていればどうしてもあげたくなるし、『カリカリカリッ』とリスみたいに食べる姿がまた、たまらなくかわいいので、止められないんでしょうね(笑)

で、私が「ピーナッツをもらいにきた時に、『ください』って言わせた方がいいよ」と言ったら、パパがそれを実践してくれました。初めのうちは、「ください」と教えても、「うく」(模倣力が全くダメな樹が、何か言わないとしてもらえないと気付いて、とりあえず何か言えばしてもらえると思って、どんな要求の時でもいつも言っていた合言葉的な言葉)としか言えませんでしたが、たまに、ちょっと自信なさげに「くらす」(ください)と言えることもありました。でも、やっぱり「うく」と言ってしまうことの方が多かったです。

そのうちに、模倣力も伸びてきて、言葉の方も、言った言葉をすぐに真似できるようになってきました。でも、以前から強く言わせようとしていた言葉だけは、どうしても「うく」になってしまうのです。(「ください」や、「あけて」など)これは、まだそれができる段階まで発達していなかった時期に、無理に言わせよう、言わせようとしていたことがいけなかったのかな?と思いました。やっぱり、子どもの“今の状態”をしっかりと見極め、無理のない範囲で、その子に合わせたことを教えていくことが、もっとも大切なことなんだなぁ・・・と、改めて深く反省しました。

だから、とりあえず「ください」が「うく」になってしまうから、「ちょうだい」と言わせてみたところ、「ちょうだい」はすぐに言えたので、本当は大人になっても恥ずかしくない言葉を教えたかったのですが、できないことを無理に押し付けるよりも、できることから始めて、成功体験を増やしてあげた方が良いと思い、「ちょうだい」でもいいことにしました。初めは、もらいにきた時に、パパが「ちょうだいは?」と言ったら、樹も「ちょうだい」と言っていたのですが、それを何回も繰り返しているうちに、もらう前に自分から、「ちょうだい」と言えるようになりました!

| | コメント (0)
|

我が家のクリスマス

我が家のクリスマスは、毎年、DO(ダッチ・オーブン)で、スタッフド・チキンを作ります。

いつもは、鶏のお腹に、パンとレバーの炒めたものを詰めますが、今年は娘のリクエストで、米を具と一緒に炒めたものを詰めました!DOが小さいので(大きいDOもあるけど、家庭のコンロではちょっと大きすぎて使えない・・・)小さい鶏しか入らないので、中に詰める米の量もほんの少ししか入らないのですが、このご飯が最高においしかった!(本当は鶏がメインなのに・・・もちろん鶏もおいしかった!)鶏の外にもジャガイモを一緒に入れて調理できます。このジャガイモも、最高においしいですよ!

調理法は、炒めた具を鶏のお尻の穴から、「これでもか!」というくらいパンパンに詰め込んで、竹串で「鶏さん、ごめんなさい」と言いながら閉じます。そして、暖めておいたDOの中に鶏を入れてフタをし、コンロで弱火で1時間加熱したら、鶏のまわりにジャガイモを入れてフタをし、我が家ではここから薪ストーブの上において、フタの上にストーブの中のおきを乗せて、上部からも熱すること30分。こうすることで、鶏の背にこんがり焼き色がつきます。計1時間30分、火にかけっぱなしにしているだけで、おいしそうなスタッフド・チキンと、蒸しジャガの出来上がりです!

2006_122410003 2006_122410008_1

本来は、アウトドアでする料理なのですが、樹と一緒のキャンプでは、手の込んだ料理などする余裕もなく、クリスマスの定番となってしまいました。いつの日か、眠っている大きいDOを使って、キャンプででっかいスタッフド・チキンを作れたらいいなぁ・・・と夢みています。

すっかり肉を食べつくした後は、骨と鶏のだしが残ります。このだしもまた、冷凍保存しておけば、後日パエリアやスープのだしとして、活躍します!まさに、骨以外は余す所がなく、無駄のない料理ですね!

そして今日は、その食事中に、嬉しいことがありました!樹が、ジュースの入っているコップを、テーブルから落として、床にジュースをこぼしてしまったので、つい私が怒ってしまいました。そしたら、自分から「ごめたして」(ごめんなさい)と言いながら、頭をペコッと下げたのです!「ごめんなさいは?」と言われて、真似して言うということはあっても、何にも催促されてないのに、自分で、自分が怒られてると察して、自分から頭を下げながら『ごめんなさい』と言葉で言った。というのは、本当にすごいことです!一瞬で怒るのを止めてしまいました(笑)

最近本当に、行動の中に『場に合った言葉』が自然と溶け込んでいるなぁ・・・と、嬉しくなりました!きっと今までも、『こんな時はこんな言葉を使うんだ』ということに、“なんとなく”は気付いていたけれど、“たぶんこうだろう”というのが、少し自覚できたくらいの所までたどり着いたんじゃないかな?と思います。今後さらに人生経験を積んでいくことによって、定着して、確信を持つことができるんだと思います。(真の理解は難しいかもしれないけど・・・)

| | コメント (4)
|

『行動』と『言葉』の定着

最近、毎日繰り返す一連の行動は完全に習慣になり、しっかり身についている。(ただし、いつもと違う状況に置かれた時の応用は利かないが・・・)

例えば、夕飯が終わったら、必ずご飯のお代わりを要求してくる。なぜそうなってしまったかと言うと、ウチのパパは毎晩晩酌をするので、おかずだけを先に食べ、ご飯は最後にふりかけをかけて食べるのだが、(この“ふりかけ”がパパのこだわり・・・)パパがご飯を食べるタイミングと、ちょうど樹が食べ終わる頃と重なるため、“ふりかけご飯”が目に入ってしまい、自分も食べたいから(すでに保育所で“のりたま”のおいしさは知ってしまっている)要求してみたら、それが通ったので、毎回要求するのが習慣になってしまった。という訳です・・・私的には、パパのふりかけは“のりたま”と決まっているので、添加物だらけなのであまり食べさせたくなかったのですが、(ちなみに上の子にもめったに食べさせない。ウチで許されてるのはパパだけ)でもそれで、『(今までも何となく知ってはいたけど)この人はパパだ』という事の認識と、『ママ以外の人に要求しても通るんだ』という気付きに一役買ってくれるなら、こんなに嬉しい話はない!というわけで、いつの間にか許されてしまった・・・と、いう訳なんです。

でも樹に、「ぱぱ~」「ごあん」(ごはん)「ふかけ~」(ふりかけ)などと言葉で要求されようものなら、パパの目尻は一気に下がり、「は~い!」と答えてしまうのも無理もない(笑)そこで、“ふりかけカード”も作って、渡すようにしたのもつかの間、何にも教えなくても、自分から「ぱぱ~」「ごあん」「ふかけ~」とちゃんとパパの方を見ながら言えるようになってしまった!

ただし、スパゲッティの日でも、パンの日でも、雑炊の日でも、オムライスの日でも、ご飯のお代わりを要求してくるので困っているが・・・(笑)

そして、お代わりのご飯を食べ終えたら、「おしゅわいます!」(おしまい)と言って立ち、「こなさめたすば(?)」(ごちそうさまでした)と言って、手を洗って、歯磨き、うがい、という流れがしっかり定着している。

ここまで来るのに苦節5年!でも、今までと明らかに違うところは、その行動の中に『場に合った言葉』が自然と溶け込んでいる。というところだ。本当に、時間をかけてここまでたどり着きました。『行動』と『言葉』が、明らかに定着しそうな所まで来ていることに、喜びをかみしめている今日この頃です!(意味の理解は別として・・・)

| | コメント (2)
|

育ち始めた『言葉』

最近、言った言葉をすぐに真似できるようになり、かなり正確な発音に近くなってきている。そして、日常でよく使う言葉は、その場面に合った言葉をちゃんと覚えていて、自分から使えるようになってきた。

例えば、保育所や療育センターから帰る時、ハッキリと大きな声で「さようなら」ときちんとおじぎしながら言えるようになったり、お友達に向かって「バイヤーイ」(バイバイ)とちゃんと手を振りながら言えたりなど・・・

それと、PECS(絵カードコミュニケーションシステム)のおかげで、写真カードを持ってきて、要求するようになり、カードを持ってくると同時に、音声言語で「おちゅば~ん」(おちゃ)「ぺあび」(てれび)「ばぬな~」(ばなな)などと言えるようになり、(なぜか全てフランス語張り・・・笑)最近では、カードを持ってくるより前に言ったり、カードなしでも言葉だけで要求できるようにもなってきた!

この、“PECS”で習得した言葉は、『内言語』といい、頭の中で考える“思考”の部分に当たる言葉で、簡単に言えば、“意味を理解している言葉”とも言えると思います。意味も解らずただ真似している言葉とは違い、その言葉を使うことによって、自分の要求が他人に伝わって、欲しいものを手に入れることができる。つまり、しっかりとコミュニケーションの機能を果たしているわけです。この、『内言語』を育てていく、ということは、自閉症児にはもっとも困難なことですが、ものすごく重要なことなのです。

意味が解っていなくても、“真似できる”ということは、できないよりはできた方が、生きていく上で得になると思うので、必要なことだと思うし、(例えば、何かをもらったら「ありがとう」と言う。とか、何か悪いことをしてしまったら「ごめんなさい」と言うなど)両方の面から『言葉』を育てていってあげたいと思います。

| | コメント (0)
|

障害をもっていますワッペン

いつも、週1回の療育の帰りに、買い物をして帰るんだけど、買い物もまた一つの試練で、毎週大変です!

カートに乗るのも異常に嫌がるし、嫌がっても無理やり力ずくで乗せてたんだけど、体も大きくなってきたし、樹も自己主張が強くなってきたので、もう限界かな・・・と思い、だいたい行く場所もわかってるし、特に今まで商品を持って歩いたり、開けてしまったということはなかったので、最近ではカートにも乗せなくなりました。だからって、樹は商品だから開けてはダメとか、そこまでの意味を解っているわけではないので、はっきり言って野放しにするのは危険というか、迷惑というか、賭けみたいなもんですが・・・まあ、とりあえずは、意味もなく店から出てしまったりということは一度もないので、(意味があって出てしまったことは一度だけありましたが・・・汗)とりあえず野放し状態です。

本当は、連れて行くなら、誰か面倒を見られる人と一緒に行き、それ以外は保育所などに行っている間に一人で行ってくるのが理想的なのでしょうが、わざわざ隣町まで、買い物のために時間を取って行くというのが、非合理的かつ面倒なので、いつも療育で名寄市に出て行ったついでに、買い物を済ませてしまいます。それでも、なんとか買い物もできるし、とりあえず今まで他人様に迷惑をかけたことはなかったので、そっちの方を選んでしまいます。そして、その経験も樹にとって一つの社会経験になると思うのです。(何かあってからでは遅いし、はっきり言って賭けですが・・・)

カートに乗せてた頃は、乗りたくないのに無理やり乗らされることがイヤだったり、進んでたカートを止められたことが気に入らなくて、しょっちゅうギャーギャー大わめきして、思いっきり目立ってました。小さい頃はそれほどでもなかったけど、だんだん年齢が上がるにつれて、冷た~い視線を浴びせられることもしばしば・・・しかも、わめいてるのは樹なのに、なぜか冷たい視線は親の方に・・・(笑)でも私は、別に悪いことをしているわけではないので、いつも堂々としていました。ただ、樹が誤解されるのはかわいそうだと思い、樹に『自閉症という障害をもっていますワッペン』というものをつけて歩くことにしました。それを見た人が、「ああ、何かあるんだ」と思ってくれるだけで十分なのです。理由があるからわめくんで、理由もなくわめく子なんていないのです。そして、樹は言葉がしゃべれないから、しゃべる代わりにわめくんです。それを、ただのわがままな子とか、躾のなってない子と勘違いされるのはたまらなくイヤなのです。それをいちいち説明して歩くわけに行かないから、その代わりにこのバッジをつけて歩くんです。

このバッジをつけること自体を、その子がかわいそうだと思ったり、つけることに抵抗を感じる親もいると思いますが、私はつけて歩くことの方が樹のためになると信じてつけています。

| | コメント (2)
|

期待はずれ?

先週の療育は、その前までが祭日でお休みだったり、名寄市に新しくできた“サンピラー交流館”という施設に遊びに行ったりして、二週間ぶりにいつも通りの普通の療育だった。

そのせいか?どうかは解らないけど、先週はやる気マンマンで、ちゃんとイスに座って、次々と療育メニューをこなしていった!!今まであんなにイスに座って作業することを嫌がって、壁に頭を打ちつけていたのに、今日はどうしたことか?樹が天才に見えてくるほどだった(笑)やっぱり二週間ぶりというのが良かったのか・・・?

もしかして、これからもずっと生まれ変わったかのように、ちゃんとやってくれるのかも?なんて、淡~い期待を寄せつつ行った、昨日の療育でしたが・・・期待は簡単に裏切られました(笑)昨日は、何か一つやる度に、イスから脱走を繰り返して、色々と反抗の態度をとってました。『やっぱりか・・・』と先生と二人でちょっとガックリ・・・そんな期待なんてした私がバカでした!と言うよりも、勝手に期待したのは私の方ですから、裏切られたというのはおかしな言い方ですね!子どもに変に期待なんてしちゃいけませんよね!?しかし、都会の方では、毎日療育があるというのに、たった週に1回の療育でも、こんなに抵抗するなんて・・・

結局は、樹がイスに座ることのメリットが感じられる必要があるのかな?と思ってみたり、でも実際には、どういった方法を取っていけば、いいのか?なかなか上手く行きません・・・

只今、言葉の通じない樹の問題行動を、何とかコントロールできないか?という思いから、『~飼いネコから配偶者まで~うまくやるための強化の原理』という、応用行動分析学(ABA)の“強化”の部分のみに焦点を当てて書かれた本を読んで勉強しています。でも、できる場合と、できない場合があって、なかなか上手く行かないことも多いです。

色々と、試行錯誤の毎日ですが、一日も早く、『名トレーナー』になれるように、頑張りたいと思います!『自閉症』という困難を持って生きていかなければならない樹を、幸せにさせたいという望みをかなえるためにも・・・

| | コメント (0)
|

トイレの自立・一歩前進

最近、トイレの自立の入り口が見えてきて、ウンチをしたい時に「おちっこー」と言ってからトイレに行くということと、お尻を拭く時に、「ふきふき~」と言いながら、トイレットペーパーを持った手を上下に動かせるようになったことを書いたが、結局また、ウンチの前に、「おちっこー」という言葉は言わなくなってしまった。(何か違うと思ったのか?)

保育所では、トイレといえば、立ってするように習慣づいてしまっているし、昼過ぎまでしか保育所にいないため、今年入所してから一度も、保育所でウンチはしたことがなかった。そのせいか、この前、上の子の参観日で、延長保育をお願いして、午後も保育所で過ごした時に、おしっこに行ってから5分も経たないうちに、またトイレに行ったと思ったら、立ったまま、ウンチをコロンとしてしまったそうで、先生がすぐに座るほうのトイレに座らせたら、その続きをしたということがあったそうだ。樹は、自閉症特有の、想像力の障害があるため、思い込みが激しい所があるので、『保育所ではトイレは立ってするもの』という思い込みがあったのだと思う・・・

家では、どっちが出るか言葉で教えてくれないので、いつでも座ってさせていたから、そういう失敗はなかった。でも、家でもおしっこの時は立ってするようにさせた方が、言葉で教えられなくても、前もってどっちが出るのかが伝わるサインになるかもしれないと思って、朝起きてすぐや、夜寝る前など、確実におしっことわかっているときは、わざと立ってさせるようにしてみた。朝起きてすぐは、寝起きなので機嫌が悪くて、立ってするのを嫌がったりすることもあったが、夜寝る前は、おもしろがって、喜んでしたりしていた。

そしたら何日か前に、初めて自分から立っておしっこをしようとした!(便座を上げずにしようとしてた!あぶない、あぶない・・・)翌日も、何回か自分から立っておしっこをしたが、その翌日はさらに、自分でちゃんと便座を上に上げてから、何回も立っておしっこをしていた!一気にすごい進歩だ!!その方が、いちいちパンツとズボンを脱いでしまったり、はいたりしなくてもいいし、楽だということに気づいたのだろうか?そこまでの考えがあるかはわからないけど、楽になったことには違いない!

そして、今ではすっかり、おしっこは立ってするようになり、ウンチは座ってするようになりました!(もちろん、便座も正確に自分で上げ下げするし)ウンチが終わったら、「おしまい」と教えるようにも練習しているが、まだ自分からは教えないが、言わせれば「おすわります!」と言うので、これも自分から言ってくれるようになればいいなと思ってます。

樹は、3歳の誕生日と同時にオムツが取れて、4歳の誕生日と同時におねしょをしなくなったので、もしかしたら5歳の誕生日(1月28日)にも何かやらかしてくれるのではないか?などと、ひそかに淡~い期待を寄せているのでした!

| | コメント (4)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »