« 今年はじめての雪遊び | トップページ | 期待はずれ? »

トイレの自立・一歩前進

最近、トイレの自立の入り口が見えてきて、ウンチをしたい時に「おちっこー」と言ってからトイレに行くということと、お尻を拭く時に、「ふきふき~」と言いながら、トイレットペーパーを持った手を上下に動かせるようになったことを書いたが、結局また、ウンチの前に、「おちっこー」という言葉は言わなくなってしまった。(何か違うと思ったのか?)

保育所では、トイレといえば、立ってするように習慣づいてしまっているし、昼過ぎまでしか保育所にいないため、今年入所してから一度も、保育所でウンチはしたことがなかった。そのせいか、この前、上の子の参観日で、延長保育をお願いして、午後も保育所で過ごした時に、おしっこに行ってから5分も経たないうちに、またトイレに行ったと思ったら、立ったまま、ウンチをコロンとしてしまったそうで、先生がすぐに座るほうのトイレに座らせたら、その続きをしたということがあったそうだ。樹は、自閉症特有の、想像力の障害があるため、思い込みが激しい所があるので、『保育所ではトイレは立ってするもの』という思い込みがあったのだと思う・・・

家では、どっちが出るか言葉で教えてくれないので、いつでも座ってさせていたから、そういう失敗はなかった。でも、家でもおしっこの時は立ってするようにさせた方が、言葉で教えられなくても、前もってどっちが出るのかが伝わるサインになるかもしれないと思って、朝起きてすぐや、夜寝る前など、確実におしっことわかっているときは、わざと立ってさせるようにしてみた。朝起きてすぐは、寝起きなので機嫌が悪くて、立ってするのを嫌がったりすることもあったが、夜寝る前は、おもしろがって、喜んでしたりしていた。

そしたら何日か前に、初めて自分から立っておしっこをしようとした!(便座を上げずにしようとしてた!あぶない、あぶない・・・)翌日も、何回か自分から立っておしっこをしたが、その翌日はさらに、自分でちゃんと便座を上に上げてから、何回も立っておしっこをしていた!一気にすごい進歩だ!!その方が、いちいちパンツとズボンを脱いでしまったり、はいたりしなくてもいいし、楽だということに気づいたのだろうか?そこまでの考えがあるかはわからないけど、楽になったことには違いない!

そして、今ではすっかり、おしっこは立ってするようになり、ウンチは座ってするようになりました!(もちろん、便座も正確に自分で上げ下げするし)ウンチが終わったら、「おしまい」と教えるようにも練習しているが、まだ自分からは教えないが、言わせれば「おすわります!」と言うので、これも自分から言ってくれるようになればいいなと思ってます。

樹は、3歳の誕生日と同時にオムツが取れて、4歳の誕生日と同時におねしょをしなくなったので、もしかしたら5歳の誕生日(1月28日)にも何かやらかしてくれるのではないか?などと、ひそかに淡~い期待を寄せているのでした!

|
|

« 今年はじめての雪遊び | トップページ | 期待はずれ? »

トイレトレーニング」カテゴリの記事

自閉症児育児」カテゴリの記事

コメント

ちゃぴにいさん、コメントありがとう!!
そーなんです!もうすぐ5歳になってしまうんです!!
ホントにここまで伸びてくれるとは正直思ってなかったので、嬉しい限りですが、(毎回書いてるよね~、この言葉!)
今度は小学校入学が近づいてきているかと思うと、また新たな不安や悩みが生まれてきます・・・
あぁ、このまま保育園児でいて欲しい・・・(いろんな意味で・・・笑)
いやいやそーではなくて、樹の成長を喜んで見守っていかなくては・・・
毎日毎日の積み重ねが大事だよね~!
これからもがんばりま~す!
応援よろしく~!!!

投稿: いっくんママ | 2006年12月15日 (金) 11時42分

そぉかぁ。もうすぐ5歳だね~っ。
1年1年と成長が嬉しいね♪

おトイレって、1日に何回もある事だから
自立出来ると、今後も安心出来るもんね。

いっくんなりの伝え方で
いっくんママが色々と組み立てているのに
なるほどぉーっと・・・。

得意な事を伸ばしていったり
苦手な所をカバーしたりっ。
大切な事ですもんねっ。
これは、私においても言える事だ(笑)

投稿: ちゃぴにい | 2006年12月14日 (木) 21時04分

つっしーさん、コメントありがとうございま~す!
ほんっと樹は、言葉は通じないけど、体で覚えるのが得意ですっ!!
たぶん、樹はこのまま一生、あまり言葉の意味の理解は出来ないんじゃないかな?って思います。
例えば、身体的に重い障害を持っていて、歩行が困難な人がいたとすれば、補助器具なども使いながら、訓練である程度までは、歩けるようになる可能性はあるかもしれないが、劇的に良くなって、普通の人と同じように、スムーズに歩けるようになるか?と言ったら、そこまでは難しく、限界がある。というのと同じような感じです。
たしかに、ぐんぐん伸びてはいるけど、やっぱり単純な言葉でも、解ってないから。昨日のお迎えの時は、バッグ取ってきてって言うのに、一生懸命本を片付け始めるし・・・何か言われてると思って、適当にやってみたんだと思う。それがたまたま当たってたら褒められて、それを毎日毎日繰り返すことによって、その言葉を言われた時に、こうすればいいんだって、覚えていくんだと思う。だから、樹は、言葉も体で覚えていってるって感じ。ただ、意味が解ってないということは、いつも通りじゃないと通じないし、応用が利かないということになるのです。
樹にとって、言葉の意味の理解が、もっとも苦手な部分なら、体で覚えていくのが得意なので、苦手な部分を、得意な部分でカバーしていけばいいんだって思います。
もちろん、苦手な部分も伸ばしていく努力(PECSなどで)はしていますし、ほんの少しずつですが、伸びてくれています。いずれにしても、樹と同じ目線に立って、無理のないやり方で、そっと後押ししてあげたいなって心がけてます!
って話しがそれちゃいましたが、話を元に戻すと、
考えたら女の子って大変だね~いっつも拭かなくちゃならないから(笑)
男の子は立ってすることさえ覚えてくれれば、その点楽かもしれない。
特に樹は言葉で教えることができないから、トイレを自分で選ぶことで、どっちが出るのかが解る目安になるし、女の子だったら大変だったなぁと思います。
5歳の誕生日まで、あと2ヶ月弱。トイレの自立まで後一歩。でもまぁ、ここまでできるようになってくれたということは、ほとんど、5歳の誕生日で自立できたといってもいいくらいですね♪
やっぱり樹はやってくれますね♪♪

投稿: いっくんママ | 2006年12月 7日 (木) 12時53分

いっくん、おしっこもうんちもできるようになったんですねぇ☆
すごいすごい♪成長ですね^^
ヒナは、なぜか幼児センターでは絶対にウンチをしないんですよ!!
したくても我慢するらしく、それで便秘になったり・・・
おしりの拭き方を教えてるけどなかなか・・・
っというのも、おしっこのあとヒナはゴシゴシ拭くんですよねぇ
それであとから、かゆい、痛いって大泣き∑(ノ▼ο▼)ノ
そんなにこすったら痛いに決まってるし・・・笑。
「ポンポンポン」でいいんだよって教えてます。笑。

女の子はいつも便座に座ってるけど
男の子って違いますもんねぇ。
習慣づいてるのって直すのに結構たいへんかも・・・

ヒナも、毎朝先生がヒナと向かい合って
「おはようございます」っていうことが
習慣というか、ヒナの中での登園なんだけど
先生がいなかったり
生徒がほかにいてその子といっしょに挨拶しましょうか
な~んてなると
もうダメダメですねぇ><
すぐその場にしゃがみこみ泣いてしまいます。
昨日も先生が玄関にいなくて
私が教室に連れて行ったけど
もうその時点でグダグダ泣いてたし。笑。

3歳、4歳の誕生日、ママさんにとって
最高のプレゼントですね~^^
5歳の誕生日も・・・って期待しちゃいますね。笑。
いっくんが元気でいてくれることが
最高のプレゼントですよねぇ~^^

投稿: つっしー | 2006年12月 7日 (木) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年はじめての雪遊び | トップページ | 期待はずれ? »