« 育ち始めた『言葉』 | トップページ | 我が家のクリスマス »

『行動』と『言葉』の定着

最近、毎日繰り返す一連の行動は完全に習慣になり、しっかり身についている。(ただし、いつもと違う状況に置かれた時の応用は利かないが・・・)

例えば、夕飯が終わったら、必ずご飯のお代わりを要求してくる。なぜそうなってしまったかと言うと、ウチのパパは毎晩晩酌をするので、おかずだけを先に食べ、ご飯は最後にふりかけをかけて食べるのだが、(この“ふりかけ”がパパのこだわり・・・)パパがご飯を食べるタイミングと、ちょうど樹が食べ終わる頃と重なるため、“ふりかけご飯”が目に入ってしまい、自分も食べたいから(すでに保育所で“のりたま”のおいしさは知ってしまっている)要求してみたら、それが通ったので、毎回要求するのが習慣になってしまった。という訳です・・・私的には、パパのふりかけは“のりたま”と決まっているので、添加物だらけなのであまり食べさせたくなかったのですが、(ちなみに上の子にもめったに食べさせない。ウチで許されてるのはパパだけ)でもそれで、『(今までも何となく知ってはいたけど)この人はパパだ』という事の認識と、『ママ以外の人に要求しても通るんだ』という気付きに一役買ってくれるなら、こんなに嬉しい話はない!というわけで、いつの間にか許されてしまった・・・と、いう訳なんです。

でも樹に、「ぱぱ~」「ごあん」(ごはん)「ふかけ~」(ふりかけ)などと言葉で要求されようものなら、パパの目尻は一気に下がり、「は~い!」と答えてしまうのも無理もない(笑)そこで、“ふりかけカード”も作って、渡すようにしたのもつかの間、何にも教えなくても、自分から「ぱぱ~」「ごあん」「ふかけ~」とちゃんとパパの方を見ながら言えるようになってしまった!

ただし、スパゲッティの日でも、パンの日でも、雑炊の日でも、オムライスの日でも、ご飯のお代わりを要求してくるので困っているが・・・(笑)

そして、お代わりのご飯を食べ終えたら、「おしゅわいます!」(おしまい)と言って立ち、「こなさめたすば(?)」(ごちそうさまでした)と言って、手を洗って、歯磨き、うがい、という流れがしっかり定着している。

ここまで来るのに苦節5年!でも、今までと明らかに違うところは、その行動の中に『場に合った言葉』が自然と溶け込んでいる。というところだ。本当に、時間をかけてここまでたどり着きました。『行動』と『言葉』が、明らかに定着しそうな所まで来ていることに、喜びをかみしめている今日この頃です!(意味の理解は別として・・・)

|
|

« 育ち始めた『言葉』 | トップページ | 我が家のクリスマス »

自閉症児育児」カテゴリの記事

コメント

本当に、ここまで子どもの成長に、喜びをかみ締めることなんて、普通の子育てなら無かったかもしれない・・・
これは、障害を持った子どもの親だけの特権なのかもしれない・・・

樹からたくさんの、大切なことを教えてもらい、たくさんのプレゼントをもらって、
私も、樹の将来が、少しでも幸せになるように、頑張って恩返ししなきゃ!
そのためにも、健康でありたいし、
一日一日を無駄にしない生き方をしたいと、心の底から思ってます!
(なんか、ババくさい?)

投稿: いっくんママ | 2006年12月27日 (水) 11時33分

きゃーっ・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..♡
ほんとに、みるみる成長してるぅ!

もうすぐのお誕生日に
また嬉しい事じゃねっ。

ママの努力とみんなの協力が
ひとつ、ひとつ形になっていくね。
これからも、一歩づつ歩いて行ってくださいっ♪

投稿: ちゃぴにい | 2006年12月26日 (火) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 育ち始めた『言葉』 | トップページ | 我が家のクリスマス »