« 入所式 | トップページ | 日曜参観日 »

『地球にやってきた宇宙人』説

樹は、好きなテレビやビデオを繰り返し見て、そのセリフや歌やCMを、言葉の意味は解らないままに丸覚えして、独り言でずーっとしゃべったり、歌ったりし続けています。

私たちで言えば、ちょうど洋楽を聴いて、何となく好きな音楽だけど、英語はさっぱり解らないので、歌詞の意味はほとんど解らないけど、耳で聞いたとおりに覚えて、口ずさんで歌っているような状態と同じだと思います。

最近、年長さんに進級してから、この『独り言』が今まで以上に増えてしまって、保育所で静かにして話を聞かなければならない時でも、ずーっとしゃべり続けていて、先生が静かにするように指示を出しても、全く聞く耳も持たないで、一人しゃべり続けているという現象が起きています。

家でも朝からその状態が続いていて、歯磨きする時も歌っているし、スケジュールを見せて、一緒に確認する時も、全く聞く耳を持たない。車に乗っている間も、保育所に着いて、先生に挨拶する時も、歌っていて挨拶ができない・・・

この現象は、たぶん、年長さんに進級したという意味も解らないままに、靴を入れる所や、部屋が変わったり、担任の先生が変わったりと、いきなり色々な環境が変わってしまったため、納得できないと言うか、なんとなく落ち着かないので、自分の好きで楽しい世界に浸ることで、現実逃避しているんじゃないか?と思います。

せっかく半年かけて、保育所や担当の先生に慣れて、一年かけて、保育所はこんな所だということが解ってきて、安心して落ち着いて過ごせるようになってきたところだったのに、いきなりワケの解らないままに、色々な環境が変わってしまって、その状況から逃れたくて、そういう現象が起きているんだと思います。

樹の心情を考えてみたら、例えば樹のことを、外国人か、宇宙人だと思ってもらえばわかりやすいと思います。宇宙人が一番近いかな?

いきなり宇宙船で、この地球(保育所)に連れて来られて、一人置き去りにされたとします。もちろん、この宇宙人(樹)は、地球の言葉や文化も、ルールや常識も当然のことながら、全く解りません。どうすればいいのか解らずに困っていたら、なぜか地球人(先生)が近寄ってきました。ワケのわからない言葉をしゃべっているし、いったい何者?とりあえず目を合わせないでいよう。知らんぷり、知らんぷり。と、思ったら、今度は、何か命令してくるし!なんで、この地球人の言うことを聞かなきゃいけないんだろう?宇宙語でイヤだと言ってみても通じないし・・・ええいっ!大わめきしてやれ~!

半年後・・・初めはこの地球人(先生)、何者か解らないし、命令してくるし、怪しいと思っていたけど、なんか悪い人でもなさそう・・・なんだか守ってくれているような・・・?それにこの地球は、解らないことだらけだけど、半年も暮らしていると、慣れてきて、居心地もそんなに悪くないような、案外楽しいような気もする。テレビや歌も、言葉は解らないんだけど、見ていてすごく面白いし、絵本やおもちゃも、今イチ意味や使い方は解らないんだけど、自分流に遊んでみたら、結構面白い!地球には、自分と同じような子どもたちがたくさんいるけど、みんな同じ動作をしているから、とりあえず真似しておけばいいのかな?真似してみると結構楽しいよ!

一年後・・・すっかり慣れてしまって、それなりにここでの過ごし方も解ってきて、一安心!みんな敵じゃなくて見方だということもよく解ったし!地球語も、少しは覚えて、こんな時はこんな言葉を使えばいいんだということも、だいたい分かったし!初めて地球に連れて来られた日は、不安で不安でたまらなかったけど、今ではすっかり落ち着いてすごせるようになったなぁ・・・これからも毎日この調子で続けて行けばいいんだ!

そしてその翌日(年長さんになった日)・・・いつも通りに、いつもの場所に靴を入れようとすると、「そこは違うよ~。今日からここに入れてね。」と言われたけど、とりあえずいつもの地球人(先生)に言われたから、そうしなければいけないのかな~?と思って、言われるがままに入れた。なんだか納得が行かないと思っていたら、いつもと違う部屋に連れて行かれて、なぜだかその日以来、毎日その部屋に連れて行かれる。いつもの地球人と、地球の子どもたちは一緒だから、たぶんここにいれば間違いないとは思うけど、なんかこの部屋だと、落ち着かないんだよなぁ・・・しかも部屋で立っていつも色々な話をする人(担任の先生)の顔は始めて見る顔だし。とりあえず、敵か見方がわからないから、目を合わせないでおこう。あ~、なんだか落ち着かないから、地球で毎日見てすっかり覚えてしまった面白いテレビのことを考えよう!そうしていれば、なんか落ち着くって言うか、安心できる!そうだ!歌でも歌っていれば何が起こっても安心だから、ずーっと歌っていよう!って感じです。(長くてスミマセン・・・笑)

今回は、保育所の中でのことだけを、『地球にやってきた宇宙人』の話で例えてみましたが、樹にとっては、保育所の中でのことだけではなく、樹を取り巻く世の中全体がその状況にあるのです。だから、樹が生きていくには、ものすごく厳しい世の中だし、何かを習得するのにも時間がかかって当然です。

そう考えれば、今回の現象も、そうなって当たり前で、考え直してみれば、パニックや自傷に走らないだけでもまだマシで、言い換えれば、樹は、パニックや自傷に走らなくても、イヤな世界から逃れる方法を知っているし、実際にそれができるということになります。

私たちが、何かのストレスを溜め込んで、その発散の方法を知らなかったら、うつ病になったり、自殺したりしてしまうでしょう。でも、何かしらのストレス発散の方法を知っていて、それを実行できれば、そうなることを防げます。それと同じことなのだと思います。

とは言え、集団生活の中で、静かにしなければならない時に、延々としゃべったり歌ったりし続けられては、他の子どもたちの迷惑になってしまいます。でも、樹のストレス発散を取り上げてしまっては、もっと悪い事態になりかねません。だから、そこのところは、先生に理解してもらって、臨機応変に対応してもらえば、それでいいのです。

樹も、年長さんの生活に、いずれ慣れてくるはずです。年中さんの時もそれができたんだから、必ずできるはずです。全てが変わってしまったわけではないし、樹も成長しているので、きっと年中さんの時よりも早く慣れてくれると思うんだけど・・・そうなれば、また以前のように、落ち着きを取り戻して、安心して保育所生活を楽しめるようになると思います。

実は私も、今回のことでかなり落ち込みましたが、『地球にやってきた宇宙人』説を思い出して、樹の身になって、気長にサポートして行かなければ・・・と、思い直しました。

|
|

« 入所式 | トップページ | 日曜参観日 »

幼児センター」カテゴリの記事

自閉症児育児」カテゴリの記事

コメント

さっちんさん♪

新しい環境は、子どもだけじゃなく、
大人だって大変ですよね~
それを解っていながら、
子どもにだけ問題なく上手く行くことだけ求めても、
ダメですよね~改めて反省です。。。

何回こういう上手く行かない状況を経験しても、
また、上手く行かない時は落ち込むもんです・・・
なかなか自分自身、成長できませんね~
ま、でも人間ですから。神様じゃありませんから!
何度落ち込んでも大丈夫です。また立ち直りますから!
(とうとう開き直った~!笑)
落ち込んだあと、どう成長できているか?
そっちの方が大事ですよね~!

投稿: いっくんママ | 2007年4月17日 (火) 12時46分

ママはホントにいっくんの良き理解者です^^
心の内は辛いなと思うことたくさんあると思いますが、ママの言うとおり自傷行為やパニック、思考回路を閉ざしてしまうより何倍も正常に樹君自身新しい環境のストレスと向き合いコントロールしようといているように私には思えます^^
だってね。普通の子でも新しい環境って大変だから。
パニックにもなるし、うまくコミュニケーション取れないことって中1くらいまであるよ。
成長してると思いました^^
この1年がいっくんとママのすばらしい年になりますように!

投稿: さっちん | 2007年4月16日 (月) 14時09分

つっしーさん♪

子どもにとっての新学期は、ひとつお兄さんお姉さんになったという喜びと、
(ここのところが、樹には理解不能なんですが・・・)
環境の変化という不安が入り混じって、複雑な心境なんでしょうね。。。

親にしてみたら、一度できるようになったことがなぜ?と、思いがちですが、
そうやって、できるようになったり、少し戻ったりを繰り返しながら、
強く大きくなって行けるんでしょうね!

解っているつもりでも、ついつい出来なくなったことにだけ目が行きがちで、
ついつい思い悩んでしまって。。。
まだまだ未熟ですね~~でもそれが、親なのかもしれませんね。
だからこそ、親一人で子育てをしようとしても、上手く行かないんでしょうね。

適度に親からも離れて、お友達や先生と一緒に過ごしたりする方が、
子どもだけじゃなくて、親にとってもいいのかもしれません。

こういう不安定な時を乗り越えられた時こそ、
以前よりももっと大きくなれると信じて、気長に待っていましょう♪
親の方も成長しなきゃね♪

投稿: いっくんママ | 2007年4月13日 (金) 15時43分

一年って、長いようであっという間ですよね。ヒナもうさぎ組で毎日楽しく過ごせるようになっていたけど、きいちご組に進級して担任の先生は変わらなかったけど、新しいお友達が増えて泣いている子がいたり教室の雰囲気も変わったりして先生に甘えたいんだけど、なかなか今まで通りにできなくて前に出て名前を言えなかったり返事ができなかったりと、精神的に不安定な状況です。
いろんな状況を乗り越えて成長していくんだと思うけど、子どもは大人みたいに変わった状況にすぐに対応していけないし。
やっと慣れたと思ったときには、また進級したり・・・お互いにしばらくは大変な日が続きそうですね(^-^;
「太陽のように」じゃないけど、明るくがんばっていきましょうねv(≧∇≦)v

投稿: つっしー | 2007年4月13日 (金) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入所式 | トップページ | 日曜参観日 »