« やっと春が来た! | トップページ | 札幌に遊びに行ってきました! »

外遊び三昧!

日曜日は、先週下見をした、“なよろ健康の森”の公園に行きました!やっぱり予想通り、今週は遊具も使えるようになっていて、今日も思いっきり外遊びできました!1 3 4 5

でも、着いたとたんに雲行きが悪くなり、かなり寒くなってしまったけど、雨は降らなかったので良かったです。色々な遊具で遊んだ後、ハイキングコースみたいになってる遊歩道を歩いてきました。その後あまりにも寒かったので、「帰るよ~」と言っても、また遊具の方に行ったので、よっぽど楽しかったらしい!またしばらく遊具で遊んでいたけど、なかなか帰ろうとしないので、仕方なく強制連行しました~(笑)

帰りに買い物に寄りましたが、樹がソフトクリームを見つけて、買ってもらいたくて、かなりねばっていましたが、しょっちゅう行く店で買ってしまうと、買い物に行くたび、毎回買わされたら困るので、買いませんでした。その後も、樹の行きたい所にずーっと付いて行って、今日は樹の好奇心に付き合うための買い物でした。

月曜日は、道の駅“にしおこっぺ花夢”の滑り台に連れて行きました!長いローラー滑り台や、ブランコで遊んだり、遊歩道を散歩したりしました。6

途中から、可愛い女の子が来て、その子が気に入ったようで、ずーっとついて歩いていました。女の子の方は、『何でついてくるの?』って感じで迷惑そうでしたが・・・樹にしたら、ただ『一緒に遊んでよ~』って言いたいだけなんだけどね・・・まぁ、仕方ないよね・・・

前回もこの事についてちょっと書いたことがあるけど、背中に『自閉症という障害を持っています』ワッペンを付けていたせいか、その子のお父さんは、樹のことをまるで空気みたいに無視するんです。もし、ワッペンがついていなかったら、逆に、微笑みかけたり、ちょっと話しかけたりしたんじゃないか?って思うんですけど・・・つまり、ひと目で障害があるって判るから、『この子は何かあるんだ。』『何言っても解らないんだ。』『かかわらない方がいいんだ。』『どう接すればいいのかわからない。』なんかそんな風に思っているような、そんな気がするんです。(その人はそこまで思っていたわけではないかもしれません。私の思い込みの方が大きいと思います。)お父さんがそうするから、子どももそうする。でもこれもそういう人(障害者)と接した経験がなければ、当然なのかもしれないし、私でも同じ立場ならそうしたかもしれない。いや、きっとそうしていただろう。

だから、最近ワッペンを付けているせいで、決め付けられるというか、そういう風な目で見られるのなら、逆効果かも・・・?なんて思ったりする時もあります。でも、体もここまで成長してきているのに、言動や行動が明らかにおかしいのを見て、『何、この子?』『信じられない!』『あの親は!(こんな子どもに育てて)』って顔されるよりかは、ワッペンを見て『ああ、なるほどね』って納得してもらった方がマシかも・・・とか思ったり、いずれにしても、究極の選択かも・・・(笑)

でもだからこそ、いつも健常者と障害者が、無理のない範囲で、当たり前のように一緒にいる環境が、小さい頃から大人になってもずーっと続いて行けば、こういう偏見も少なくなるんじゃないかな?って思うんです。

それと同じようなことが、この前スーパーに買い物に行った時にもありました。すぐに買い物も終わるので、樹をちょっとほっといてパパッと買い物していたら、(本当はいけないんでしょうけど・・・でも、声が大きいので、どこにいるかすぐに分かるし、様子を見ながらしていました。)野菜売り場で、樹がいるらしき場所を、店員さんやおばさん達が眺めていたので、すぐに見に行ったら、なんと樹がキャベツの葉っぱを剥がそうとしていました。今までしたことがなかったのですが、とっさのことで、私も思わず「コラッ!」と一言言うのが精一杯でした。でも、なんで大人たち大勢で注目していたのに、誰一人として注意してくれなかったんだろう・・・と、後から怒りすらわいてきました。それは、放っておいた私の責任ですから、そんな事は口が裂けても言えませんが、もしかしたら、ワッペンがついていたせいじゃないだろうか?と思ったりしました。もし、ワッペンがついていなかったら、「ぼく、ダメでしょ?」くらいは言ってくれていたんじゃないか?って思うんです。つまり、ワッペンを見たせいで、『きっと何言っても解らないんだ。』『どう接すればいいのかわからない。』とか思ってしまったのか、さらには、『この子はおかしいから(何やっても)仕方がない。』『親はこんな子を野放しにして、何しているんだ!』とまで思われていたのかもしれない。これって私の思い過ごしっていうか、考えすぎなんでしょうか・・・?

でもね・・・世間の人には解らないでしょうけど、私だって体ひとつで、樹のことを見張ることと、買い物とを同時にはできないし、それなら誰かに預けて買い物すればいいとか思うかもしれないけど、私にも色々と事情があるんです。そりゃあ、何かあってからでは遅いことだし、そうなった時は自分で自分の首を絞めたようなもんだけど・・・でも、それを覚悟してやってるんであって、言ってみれば『賭け』みたいなもんですよ!って話しがそれてしまいましたが、そんな感じで、ワッペンをつけているだけで、『偏見』を感じている今日この頃なのでした・・・

話しは元に戻って、昨日我慢させたソフトクリームを、今日は食べさせてあげようと思っていたので、『そふとくりーむ』という写真カードを見せて、「ソフトクリーム食べる?」と聞いたら、樹はそのカードを持って、お店のカウンターの上に置きました。お店の人もピンときたみたいで、ニッコリしてくれました!写真カードを使ったら、ママとだけじゃなくて、お店の人ともコミュニケーションできるんだなぁ・・・と、改めて実感して嬉しくなりました!私が「ミックス下さい」と言って買いましたが、例えばそのカードに「バニラひとつください」とか書いておけば、樹一人でも買うことができるかも?なんて思ったら、嬉しくなりました!

この三日間は、やっと思いっきり外遊びができて、本当に嬉しい三連休でした!

|
|

« やっと春が来た! | トップページ | 札幌に遊びに行ってきました! »

自閉症児育児」カテゴリの記事

PECSトレーニング」カテゴリの記事

コメント

そらまめママさん、こんにちは♪

ウチも開き直ってつけてますよ~(笑)
ただ、バッジを見ただけで、残念なことに、
変な先入観を持たれてしまっているような気がするんですよね。。。

本当に何事においても、その当事者にしか解らないし、
解るわけがないんですよね。。。
当然と言えば当然なんですよね。。

私も療育に通ってて、肢体不自由のお子さんとか、
呼吸器をつけているお子さんとかに出会うんですけど、
その子のお母さんの大変さなんて、解ったような顔してても、
私なんかに解るわけがないんですよね。。。

こんなこと比べることではないんだろうけど、
自閉症には自閉症なりの大変さがあるけれども、
そんなもの比べ物にならないほどのご苦労なんだと思います。
やっぱりその当事者にしかわからない問題なんですよね。

だから、他人に解ってもらうことを求めようとすること自体、
ちょっと違うことなのかもしれませんね。。。
まずは、普段かかわる身近な人に解ってもらう努力をしていくことの方が、
大切なのかもしれませんね。。

自分も日本人でありながらこんなこと言うのも何ですが、
本当に日本は、皆と同じじゃないこと(人)を、
外れ者にする風潮がありますよね。。。

投稿: いっくんママ | 2007年5月 2日 (水) 15時32分

こんにちは。
ワッペン。。。たしかに、微妙なんですよね~~。
付けるとなんとなく、遠巻きにされているような。。。かといって付けないでいれば「あんなに大きいのになんで大声で泣いてるの??」みたいな、つめた~~い視線を感じる気がするようなしないような。。。

家は、もう、開き直ってつけています。(笑)
もし、自分がそういう立場だったら、きっと、遠巻きにしていると思いますし。。。ある意味、今の世の中ではワッペンをつけていることで遠巻きにしたりするのは、当然といえば、当然の対処法だと思います。

ホントは、ワッペンをつけている、つけてないに関わらず、いけないことはいけないといってくれる人がいるといいのですが、中々理想どおりにはいかないんですよね~~。

というか、健常者も障害者(言い方が悪いかもしれませんが)そこにいて当たり前にするための基盤がまだ、この国には、出来ていないように思いますが。。。
家の子を育ててみて、最近感じています。きっと、家の子のように障害のある子を育ててみて、初めて分かること、たくさんありますよね。。。

投稿: そらまめママ | 2007年5月 2日 (水) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと春が来た! | トップページ | 札幌に遊びに行ってきました! »