« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

福祉運動会に参加しました

町内の福祉運動会に、幼児センターの年長さんが参加して、運動会の時にした“プレイバルーン”をしました。

運動会の時は、隠れて見ていて、遠すぎてよく見えなかったので、樹は先生の側にいるだけでバルーンは持っていないのか?それとも、先生と一緒に持っているのか?のどちらかかと思っていたら、今日は隠れていても近かったのでよく見えて、先生とは別の所をちゃんと一人で持っていたし、みんながバルーンの上に座った時も、ちゃんと自分から座ったりと、みんなと同じようにできていた!ただそこに一緒にいるだけで、やらされてるって感じかな?と思っていたが、そうではなくて、ちゃんとみんなと同じことを自分からしようとしているし、だいたいできていたので、本当にすごいなって感激しました!(というか、初めはやらされてるって感じから始まったのかもしれないが、だんだんできるようになっていったんだと思う。)

後から先生から聞いたら、笛の合図で体の向きとバルーンを持っている手を変えるということを、今までは側についてくれている先生が手助けして教えてくれていたけれど、今日は笛の合図で変えるということに気付いたのか、手助けなしでも自然にできた時もあったそうで、やっぱり練習を重ねるごとにコツをつかんだりして、上手になって行くんだなぁと思いました。

| | コメント (2)
|

幼児センター運動会

土曜日は、幼児センターの運動会でした。天気もかなりあやしかったけど、外で決行となりました。ものすごく寒くて、始まってすぐに霧雨は降ってくるし、何とかやんで欲しいな~と祈るような気持ちで見ていましたが、何とか持ちこたえてくれました~!

去年は綱引きは意味も解らないし、引っ張られて危ない等の理由で、参加できませんでしたが、今年は全種目参加できたことが嬉しかったです!

総練習の時は、どの競技もマイペースでしたが、先生の助けを借りながら、ちゃんと最後までやり遂げました!その経験があったせいか、本番では、総練習の時よりもさらにちゃんとできていたと思います!

開会式の時の体操も、少しは自分でもできていたし、かけっこも練習の時よりもちゃんと走れていたし、玉入れも三つくらい一度に持って頭の上に投げていたし、(当然入らないけど。笑)障害物競走は、去年よりも内容が難しくなっていて、去年は一人でもできたけど、今年は先生の助けを借りながら、でも、輪を頭に乗せて走ったり、輪を輪投げのように入れたり、これは絶対にできないと思っていたのに、フープでボールを引っ張って転がすのもできたし、ひとつひとつきちんと取り組めていたと思います。ネットをくぐるのだけは、ネットを掛け布団のようにして、ネットの下でまったりしてしまいましたが・・・(笑)

親子の踊りの時私が行ったら、嬉しそうな顔をしたのが可愛かった~!それも練習の時よりも上手にできたし、楽しく踊れました!

それとクラスみんなで、バルーン状の大きな布を持って、膨らませたりして演技する“プレイバルーン”というのにも、先生と一緒に参加させてもらって、バルーンを大きく膨らませる時に、多少みんなの足を引っ張っている感がありましたが、みんなと一緒に同じことに取り組むという経験をさせてもらって、本当に良かったと思いますし、見ている方もなんだか感激してしまいました。

綱引きも、ただ綱を持っているだけでしたが、ちゃんと持っていたので、それだけですごいと思いました!

総練習と比べて、親や祖父母の種目などで、待ち時間がかなり長かったので、最後のリレーは、もうダラダラモードで、一瞬先生のサポートが、もう一人の園児の方に行ってしまったので、スタートした後なかなか走り出さず、園児席のほうに帰ろうとしてしまいましたが、その後先生に走るように促されたり、時折背中を押されたりしながら、何とか一周走り終えることができました!

本当に、最初から最後まで、待ち時間も長かったり、大変だったと思うけれど、先生の助けを借りながらでも、やり遂げることができたし、集団の中の一人として、よく頑張っていたと思います!

| | コメント (6)
|

道東の旅

土日で、道東(糠平湖とオンネトー湖)の方に旅行に行ってきました。

糠平湖周辺には、旧国鉄士幌線廃線跡にアーチ橋梁群が残っているので、それを探して回りました。デジカメを持って行ってなかったので、上士幌町のホームページを載せておきます。

http://www.kamishihoro.jp/kankou/arch.html

夜は、オンネトー近くの野中温泉別館という宿に泊まりました。ここの温泉は、硫黄のにおいがプンプンで、石けんも泡立たないくらい強烈な温泉です。とってもお気に入りだったのですが、少しずつ建物をリフォームしているのと関係あるのか、以前のような硫黄のにおいの他に、変なにおいがしてかなりガッカリでした・・・でも料理は上品な感じでおいしかったです。

翌日、オンネトー湖と、そこから片道1.4kmほど森の中を歩いて、オンネトー湯の滝に行ってきました。オンネトーは、湖の色がオンネブルーと呼ばれている、とっても美しい湖です。毎年夏に、キャンプしに来るんですが、夏は湯の滝が枯れているので、今回初めて行けて嬉しかったです。湯の滝と言ってもかなりぬるくて(ほとんど水に近いくらい)小さい魚がたくさん泳いでいました。

一日目に、糠平湖近くのレストランに、樹の本を忘れてきたので、帰りもわざわざ同じ道を通って、本を取りに寄ったのに、日曜日だというのに、店が閉まっていて、電話したら遠くに家があるらしくて、家に帰って今度店に来るのは、次の土曜日だそうでガッカリ・・・でも、久々に旅らしい旅ができて、楽しかったです!

| | コメント (2)
|

おでこの怪我と絆創膏

今、運動会を見るために、私の両親が遊びに来てくれているのですが、水曜日の夜、床に座っていたおじいちゃんに、樹が前から勢いよく乗っかっていったら、あまりの勢いと重さに、おじいちゃんはそのまま後ろに倒れてしまい、樹は後ろにあったピアノのペダルにおでこをぶつけてしまい、大量出血!!どのくらいパックリ裂けてしまったのか?と心配したけど、よく見たら、えぐれたようになっており、(ヒェー!)でも幸い傷も小さく、(深いけど・・・)すぐに血も止まったので、良かったです~!

しばらくはパニック状態で、傷を冷やそうと思っても、全く顔を上げてくれず、さらに血を見てショックを受けていたようで・・・樹には、血と言うものが何なのか、解らないはずなのに、やっぱりイヤなものらしい・・・(笑)これもやっぱり動物の本能なのだろうか?(笑)落ち着いたころを見計らって、パパが消毒したら、それからはパパを信用しない目で見ておりました(笑)

今まで絆創膏を貼っても、すぐに剥がしてしまってダメだったのですが、この機会に、絆創膏に慣れてもらって、『光とともに・・・』じゃないけど、“怪我=絆創膏”という定義を作っておいた方が、今後にも役立つかもしれないと思って、何とか貼りました。しばらくしたらすぐに剥がしていたので、「あれー?何で剥がしてるのー?」と言ったら、剥がした絆創膏を頭に当てて、「ごめんね、ごめんね」と言ったのが、可愛かった~!保育所でも2回剥がしてしまったそうですが、2回目以降は剥がさなかったようで、だんだん慣れてきたようです!

それと昨日の買い物の時に、わざわざママを探してまで、「トイレ~」と言いにきて、トイレでウンチしました!これは、外では初めてのことだったので、ものすごく嬉しかったです!

| | コメント (4)
|

小学校運動会&心揺れ動いた一週間

先週から、色々あって忙しくて、本当はたくさん書きたいことがあったのに、投稿できなかったので、まとめて書きます。

まず、線画のアニメのしつけ歌で、パジャマをたたむのがあって、その歌を歌いながら、実際に服をたたんでいたので、絵でも理解できるんだと思って、もしかしたら写真カードじゃなくても、絵カードでもいけるかも?と思って、療育で、課題をしている時に、歌を歌ったり、独り言がうるさい時に、『しずかにします』という絵カード(人差し指を口に当てて、「しー」と言っている絵)を先生が作ってくれて、使ってみています。結構効果ありで、これからもこのカードを使って、訓練して行きたいと思っています。

それから、火曜日に美深高等養護学校の先生が、上川地区の特別支援教育のコーディネーターをされていて、教育相談もしてくれるということで、教育相談とついでに学校見学もさせてもらいました。行ってみた感想は、とても良かったです。高校とは言え、やっぱり養護学校っていいなって思ってしまった。何かその方が、樹にとっては無理なく伸びるのかも?とは思ったけど、ここからだと寄宿舎に入るしか方法がないので、もしどうしても養護学校に入れるのなら、引っ越すほか方法がない。でも、上の子のこともあるし、パパの仕事のこともあるので、一年以内にはやっぱり無理かな・・・という結論に達しました・・・

日曜日は上の子の小学校運動会で、お姉ちゃんは最高学年として、よく頑張りました。児童会長としての挨拶も立派でした。樹は、開会式の間、去年までなら、ウロウロしてじっとしていることなんてなかったのに、一ヶ所でじっとしていられたし、歌を歌い始めた時に「しー」と言ったら、静かにしていることもできました。これは本当に、すごい成長です!やっぱり保育所で『待つ』という経験をたくさんしてきたからでしょうね。あと、学校の遊具で遊ばせようと思って連れて行ったら、同級生もたくさん来ていて、一緒に遊びました。みんなが「いつきー!」と言ってくれて、一緒に遊んでいる姿を見て、なんだか微笑ましくって、やっぱり公立の小学校もいいな・・・と思ってしまいました。

他にも色々書きたいことがあったのですが、長くなるので、この辺で止めときます。

| | コメント (1)
|

お友達と遊びたい!

先週末は冬みたいだったけど、今週末はいきなり夏でした!やっと半そでが着られるようになりました!せっかくの天気で遊びに連れて行きたかったけど、食い意地の方が勝ってしまって、ピザを作ることにしたので、自転車で近くの公園にしか行けませんでした。着いたら小学生が遊んでいたので、近くに寄って行って、周りをグルグルと回り始めました。遊具に誘ってもほとんど遊ばず、とにかく小学生の近くから離れたくないらしい。帰りに遠回りして、ちょっと買い物に寄りましたが、今までなら公園なら公園で終わりで、買い物に寄るなんて樹には想像もつかないらしくて、泣いたりして嫌がってましたが、そんなに抵抗もなく行けました!そんな当たり前のことが今までは難しかったので、嬉しかったです!そして遠回りしたので、結構自転車の練習にもなりました!

日曜日はさらに暑くて、なんと28度もありました。今日も残念ながら、ママは3時からアルバイトなので、その前まで万里の長城に遊びに連れて行きました。そこでも遊具よりも、遊んでいたお友達の近くにばかり寄っていくので、今の樹は遊具で遊ぶことよりも、お友達と遊ぶことの方に魅力を感じているようです。これはものすごく嬉しいことなのですが、保育所の中なら、みんな樹のことを知っているからまだいいけど、こういう場合は、他人の遊びの邪魔になってしまったりして、迷惑をかけてしまうことにもなるので、ちょっと困りものです・・・

でも最近、家の中でも、ビデオをつけるように自分から要求してきておいて、すぐに消して欲しいと要求してきて、その後ママにずーっとベッタリくっついてきて離れないので、家事がはかどらなくて困ってはいるけど、やっぱり今は、人とかかわりたくて仕方がないようだ!でもこれは、モノ(この場合は、遊具、おもちゃ、ビデオ等)よりも、ヒトとかかわりたいという段階にステップアップした証拠であり、ヒトとのコミュニケーションに必要なスキルは、ほとんど持っていないにしても、コミュニケーションへの意欲は育ってきていると言えると思います。

本当はお友達と遊びたいんだけど、ただお友達の周りをグルグルと回っているだけで、相手にしてもらえない樹を見ていると、また小学校に行った時の姿を想像して、少し切なくもなりました。でも、だからこそ、樹のことを知っている今のお友達と、そのまま一緒に小学校に上がれるということは、大きな魅力だなと思っています。

| | コメント (4)
|

脱走癖が落ち着きました!

最近、脱走癖がなくなってきたように思います。去年までは、近所でも、買い物の時も、とにかく親の隙を見て逃げようとしていたけれど、最近は意味もなく親から逃げようとすることはなくなりました。本当に信じられないくらい、落ち着いています!

近所でも、以前なら初めは犬を見に行くだけだったのに、いつの間にか次から次へとテリトリーが広がり、それが習慣化して行くのに付き合うことが苦痛でしたが、親と一緒にいることにメリットを感じられれば、脱走癖はなくなると言うことで、去年一年間、毎日公園などに連れて行ったりして頑張りました。逃げるようにして行かなくても、ちゃんと写真カードで「行きたい」ということを伝えれば、連れて行ってもらえるという経験を積み重ねてきました。

今では、かなりオウム返しが出るようになってきているので、言葉を真似させて要求させることの方が多くなりましたが、必ず要求させて、「いいよ」と言ってあげてから行かせるようにしています。そして今年は、犬を見たら納得して、帰ってくれるようになりました!もしかしたら、去年までは知らない世界を知りたくて、次々とテリトリーが広がって行ったのかな?今年はもう知っているし、他でも色々な楽しい経験もしているので、犬を見ただけで納得してくれたのかな?とにかく、休日は必ず外へ連れ出して、できる限り樹のストレス発散に付き合っているので、そのせいもあるかもしれないけど、何か急に言うことを聞いてくれるようになりました!

買い物の時も、以前なら店に入ったらすぐに、私から逃げるようにして、行きたい所に行ってしまったり、「帰るよ」と言っても、なかなか言うことを聞いてくれなかったり、手をつないだら、捕まると思って、泣きわめいて逃げたり、カートもそろそろ膝がつっかえて限界なのに、これからどうしよう・・・?と悩んでいましたが、最近は樹が見たいものをしばらく見せてあげれば、その後「もう行くよ」と言って手をつないでも嫌がらないで、素直に手をつないで歩いてくれたり、「帰るよ」と言うと、素直に応じて帰ってくれたり、この前すっごく嬉しかったのは、レジでお金を払う時に、以前なら手を離した瞬間に、どこかへ逃げて行ってしまっていたのに、「ここで待っててね」と言うと、お金を払い終えるまで、その場で待っていられたことです!やっぱり保育所で“待つ”という経験をたくさんしてきたからでしょうか?

今まで本当に、途方に暮れることが多かったので、なんだか一気に春が来たみたいで嬉しいです!これからも次々と成長に伴って問題や悩み事も出てくるでしょうが、その都度その都度前向きに、一つずつ問題に対処して行ければいいと思います。

今年度から保育所の降園後に園庭で遊んで帰ってもいいことになって、少し遊んでから帰るし、家に帰ってからも課題をやっているし、療育も週2回になったし、それに加えて、なかなか気候も暖かくならなかったりして、まだ自転車で公園に行ったりしてなかったけど、最近ビデオに飽きたのか、ビデオをつけるように要求してきてつけてあげても、すぐに「おすわいます」(おしまいです)と言って、消すように言ってくるので、やっぱりそろそろ自転車の練習をしたり、公園に連れて行ったりした方がいいかな?と思っています。

樹は一度散れて行くと、それから毎日行くことが習慣化してしまうので、私にもそれなりの覚悟が必要で・・・結構夜出かけなくてはならないことも多いので、夕飯の支度も早く取り掛からないといけないし、外では手がかからなくなって嬉しいのですが、家の中では逆にベッタリくっついてきて離れないので、なかなか家事もはかどらず・・・今まで思い切れないでいました。でも北海道は冬は全く行けなくなってしまうので、やっぱり今のうちに頑張っとかないとね!覚悟を決めて頑張るぞ~!(誰か私の尻をたたいて~!笑)

| | コメント (2)
|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »