« 先週末は・・・ | トップページ | “かたつむりの会”家族交流会 »

いきなり箸デビュー!

以前から、療育や家での課題の時に、お箸の訓練として、トングで物をつかんで移す練習をやっていました。始めのうちは、上手くいかなくて、すごく苦手意識を持っていたけれど、様子を見ながら練習していくうちに、すごく上手になったので、次のステップとして、“エジソンのお箸”でスポンジやスーパーボール等をはさむ練習に進みました。“エジソンのお箸”のHPです↓

http://www.doctorpeople.net/

それも上手になってきたので、金曜日、初めて何か食べ物をはさんで、食べるというステップに進みました。何の食べ物にするか?色々考えて思いついたのがレーズンです。今まで訓練として使っていたのに、いきなり食べることに使うのに抵抗を感じるんじゃないか?と心配していたら、これが一発で上手くいきました!でも、いきなり食事に使い始めたら、きっとまた上手く使いこなせなくて嫌がるかな?と心配しつつ、試しにその日の夕食の時に使わせてみたら、これがなんと、いきなり上手に食べれました!しかも、箸で何かをはさむのが楽しいらしくて、自分から積極的に使うようになりました!その日以来、もうすっかり食事は“エジソンのお箸”です!今日、保育所にも持って行って使うようにお願いしたら、とっても上手に食べれたそうです!“エジソンのお箸”でいきなり箸デビューできて、本当に嬉しいです!!

樹のような障害を持った人や、そうでない人にとっても、本来なら習得することが非常に難しいことを、ちょっとしたアイデアや工夫で、容易に習得することができるように設計された道具や、環境を整備することを、『ユニバーサルデザイン』と言います。

例えば、樹が愛用しているものでは、この“エジソンのお箸”や、Photo 1_1 2 3_1 他にも、絵をあわせるだけで、靴の左右があわせられるようになる、“絵あわせインソール”や、Photo_1 バックルのないゴム仕様のベルトで、着けたままでズボンの着脱ができる、フェリシモの“ひとりではけるゴムベルト”等も、Photo_2 Photo_3 『ユニバーサルデザイン』と呼べるものだと思います。これらは、特に障害者用の商品というわけではなく、誰もが使って便利な商品ばかりです。

樹のような困難を抱えた人にとって、このような『ユニバーサルデザイン』という考え方は、とても大切で必要なものだと思います。

|
|

« 先週末は・・・ | トップページ | “かたつむりの会”家族交流会 »

自閉症児育児」カテゴリの記事

コメント

音やんさん、こんにちは。
はじめまして!でも以前から、主人のブログから拝見させてもらって、知っていました。
こちらこそ、よろしくお願いします。

難しい課題を、無理やりトライさせるよりも、こういった『ユニバーサルデザイン』から入ると、意外にスムーズに習得できるようになりますよ!
ちょっとしたコツがつかめるんだと思います。
これで上手く行った人、私の周りにも結構いますし、特に障害者用とかではなく、大人用もあるくらいですから、気軽に使われたらいいと思います。
そして、徐々に普通の箸に移行していけばいいと思います。
何事も、“創意工夫”と“スモールステップ”で!!

投稿: いっくんママ | 2007年7月12日 (木) 11時43分

はじめまして。
「エジソンのお箸」良さそうですね!
うちの息子も箸で食べたがるんですが、どう教えてよいのか正直わかりません。
私自身が箸をすんなり覚えたので、逆にわからないんです。
この商品買ってくれるように妻にお願いしてみます!
妻のブログも紹介します。
亀のような更新ペースですが、何卒宜しくお願いします。
「一歩前へ」http://mazuippo.blog94.fc2.com/

投稿: 音やん | 2007年7月11日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週末は・・・ | トップページ | “かたつむりの会”家族交流会 »