« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

大雪山に登って来ました!

文章が長くなりますが、画像は後半にたっぷり載せていますので、秋の大雪の紅葉を楽しみたい方は、そちらだけご覧下さいませ。(笑)

大雪山とは、北海道最高峰の、旭岳をはじめ、その近辺の山々を総称して、大雪山系と呼びます。樹が産まれる前までは家族で、そして、産まれてからも、託児の先生に預けてお姉ちゃんと二人で、(この頃からパパは、足の捻挫癖が頻繁になり、行けなくなってしまいました。)毎年紅葉の季節に登りに行っていますが、今回は、赤岳~縦走して、白雲岳~小泉岳~緑岳と行ってきました!実は、お姉ちゃんと二人で行くつもりが、お姉ちゃんは柔道の練習中に足を捻挫していたので、今回初めて、私一人で行ってきました!

土曜日の夜、お風呂に入って、洗濯物を干してから出発!すっかり遅くなってしまって、11時半に家を出て、本当なら2時間で着くところが、途中動物が多数出没して、スピードが出せないし、(キツネ10匹以上、メス鹿1匹、その他、モモンガをくわえたキツネが、車に驚いて、モモンガを落として行ったり、タヌキがタヌキなりに猛スピードで道路を横断しているんだけど、メチャメチャ遅くて大笑いだったり・・・)途中から猛烈に眠くなり、仮眠を取りながら行ったので、レイクサイト(シャトルバス乗り場の駐車場で、自然保護のため、何年か前から、登山口までは自家用車では行けなくなり、シャトルバスが運行しています。でも、同じ駐車場から、赤岳登山口と、緑岳登山口の両方にバスが出ているので、縦走が可能になりました。)に到着したのが夜中の2時半・・・それから目覚ましを5時前に合わせて、ダウンの寝袋で寝ましたが、4時半に目が覚めて、たったの2時間しか寝れなかった~!しかもものすごく寒いし・・・半分寝袋の中で、普段では考えられないくらい、たくさん食べた!そして、準備をしてから、5時半にシャトルバス乗り場に並びに行ったら、もうすでに、ものすごい行列!こりゃあ一番乗りできないかも・・・と心配していたけど、ギュウギュウ詰めに乗せるので、何とか始発のバス(6時発)に乗れました!

赤岳登山口(銀泉台)でトイレに行き、(そこから先はトイレはもちろんない!)朝6時半に登り始めました!いつも山登りに行くたび、山を登る道のりは、人生の道のりと全く同じだな~と感じていますが、一人の登山は、人を待ったりするわずらわしさは全くなく、マイペースで気楽だけど、ちょっとした会話も全くない分、ホッとする瞬間もなく、特に登りは、辛いだけの連続だな~と思いました。人生に例えると、子育てやパートナーとの生活は、子どもやパートナーに合わせたりする分、なかなか自分の思い通りに進めなくて、イライラしたりすることも多い反面、ちょっとした会話や笑顔に癒されて、自分が辛い状況に追い込まれた時でも、それを乗り越えられたりするものです。本当にそれと同じことを実感し、改めて、家族の大切さに気付かされました。

↓赤岳の紅葉と山頂。

Photo_17 Photo Photo_2 Photo_18

↓赤岳~縦走して、白雲岳山頂。風がキツかった~!

Photo_4 Photo_5 Photo_19 Photo_20

↓白雲岳~小泉岳経由~緑岳山頂。

Photo_8 Photo_9

↓緑岳下り。ハンパじゃなくキツかった~!もう、気力だけで下りました!緑岳を下ったら、高原温泉です。

Photo_12 Photo_16 Photo_13 Photo_14 Photo_15

高原温泉にたどり着いたのが、午後1時半なので、7時間歩き続けました。実は去年も、赤岳~小泉岳~緑岳を縦走していて、その時は、お姉ちゃんと、うちの実家の父と母も一緒だったので、かなり時間がかかり、7時間半でした。今年はその上に、白雲岳にも行っていながら、7時間だったので、ものすごく早く下りれて嬉しかった~!早く下りれたので、硫黄プンプンの温泉に入ったら、帰りのバスに乗るための行列待ちがすごくて、温泉なんて入ってる場合じゃなかった・・・と後悔しました。その上、2時間しか寝ていないので、帰りの運転も眠くて眠くて、また仮眠したので、家にたどり着いたのが、午後6時過ぎでした・・・

家に帰ったら、樹がものすごく嬉しそうな顔をしてくれた!登ってる最中は、辛いという思いしかなかったけど、山頂にたどり着いたときの喜びや、下山した時の喜びは、そんな辛さも忘れさせてくれる。疲れ果てたけど、終わってしまったら、楽しかった~!という思いしか残らないのだから、不思議なものだ。本当は、樹と一緒に登るのが私の夢です。でも、登ってる最中にも感じたけど、たぶん絶対に無理だろうなぁ・・・と思います。道もものすごく悪くて歩きにくいし、見通しが持てない状況がものすごく長く続くからです。でも、山頂まで登ることにこだわらなくても、高原温泉までは車かバスで行けるので、周辺を散策する沼めぐりコースや、旭岳ロープウェイで登ってから散策する、姿見の池コース等なら、もうすこし体が大きくなったら行けると思うし、もっと小さな山なら一緒に山頂を目指すこともできると思うので、いつか一緒に山登りする夢を叶えたいと思います。

| | コメント (4)
|

図書館に行きたかった樹

月曜日の午前は、私は一応公区の役員(子ども会)なので、公区の敬老会の手伝いに行った。手伝いと言っても、私は樹がいるので、ほんの1時間程度にしてもらって、ほとんど大した手伝いはできなかった。

午後は、昨日買ってきたイスが、不良品だったので、返品しに行こうと思っていたら、樹は、図書館に行く気マンマンで、“としょかん”のカードを持ってウロウロしていた。だから、小さいホワイトボードに、“いけません・×”カードと、“としょかん”カードを貼って見せてから、スケジュールボードの方に、“かいもの”カードを貼って見せてから出かけたが、車の中で、「とーしょーかん○×△・・・」と、英語風な言い方で、何かつぶやいていると思ったけど、初めは何て言ってるのか、さっぱり解らなかったが、よく聞いたら、「としょかん」と言っているではないか!!今日は行けないと伝えたつもりだったけど、伝わってなかったのか、それとも、行けないと言われても、行きたいものは行きたいと言うことなのか、どちらかは解らないが、初めて言葉で言えたので、スゴイ!と思った。やっぱりどうしても行きたかったんだなぁ・・・

帰りに時間が余ったら連れて行ってあげようかな?と思ったが、時間がなくなったので、(図書館に行ったら、最低一時間以上はいないと、気が済まないので)名寄大学の大学公園に寄ってあげたら、ものすごく喜んで遊んだ!樹は一度、保育所で来たことがあるので、覚えていると思うけど、もしかしたら、いつもサンピラーばっかりなので、少し飽きていて、新鮮だったのかもしれない。私ははじめて来たけど、思っていたよりも、遊具が一つしかなくて小規模なので、こういった、時間がない時にはとってもいい場所だなと思いました。

最近執念深い樹も、すっかり図書館のことは、忘れてくれました!(忘れたと言うか、あきらめたと言うか)でも、一度「行けません」と言ってしまっていたので、やっぱり行かなくて良かったかもしれないと思いました。

| | コメント (0)
|

今週末のこと

土曜日は、お姉ちゃんの友達が来ていたので、樹も一緒にホットケーキを作って食べてから、“としょかん”と“かいもの”をカードで選ばせて、図書館を選んだので行ってきました。最近は、ふりかけの種類や、課題の時のパズルなど、『選ぶ』という経験をなるべく増やしています。

日曜日は、モスバーガーで昼ごはんを食べてから、買い物に行きました。その時に、割れ物でおままごとをしていて、やめるように言っても、また脱走して同じことをするので、つい良くない叱り方をしてしまって、落ち込んでしまいましたが・・・気を取り直してサンピラーパークへ行きました。残念ながら、カーリング場復活のため、体育館で遊べるのも今日でおしまいです。外のフワフワドームも、雪が降るまでのあと少しの期間で終わりです・・・北海道の夏は本当に短いなぁ・・・今年の夏も、心残りのないように遊びまくったので、これで覚悟して冬が迎えられそうです。(笑)

フワフワドームで小学生達から、「名前なんて言うの?」とか、「お名前は?」と、しきりに聞かれていたけど、何にも答えないので、「お願い!名前だけでも教えて!!」としつこく聞かれていて、そのうちに、「日本語通じないのかなー?」と言い出して、「What your name?」と聞き出したので、おかしかった!よっぽど言いに行こうかと思ったけど、そんなに嫌がらせっぽくもなかったし、本人も特に嫌がってもなかったから、そのまま放っといた。

家に帰って、テレビをつけている時に、「まいこー」(まるこ)と言って、ママの手をテレビの方に持って行ったので、『ちびまる子ちゃんに変えて欲しい』と言っているんだとわかった。もうすでに、6時20分で、ほとんど終わりかけであぶなかったけど、自分で、今ちびまる子ちゃんをやっていることに気付いて、言葉を使って変えてと要求してきたので、スゴイ!と思った。こういうことから、曜日感覚も身に付けて行けるかもしれない・・・と思いつつ、番組が永遠に変わらないことを祈りたい・・・(そんなことあり得ないけど・・・でも、サザエさんはかれこれ前から日曜日のあの時間帯だし・・・)

本当は、月曜日のことも書きたかったんだけど、長くなりそうなので、また別に投稿します。

| | コメント (2)
|

北海道子どもの国に行ってきました!

投稿が遅くなりましたが、先週末の話題です。

ここんとこずっと、週末はパパがチェンソーカービングのショーでいないので、今月も一回くらいは、泊りがけで軽く遊んでこようと思っていましたが、(いちおう、冬以外は月一で旅行に行くことを目指してます!ビンボーなので車中泊ですが・・・笑)先週は上の子の柔道の試合だと思っていたので、来週なら三連休なので、行こうと決めていましたが、柔道の先生の間違いで、試合は来週だと金曜日の夜に聞かされて、急遽、遊びに行ってきました!

でも、いきなりのことで、段取りができてなかったので、すっかり行くのが遅くなってしまい、土曜日、家を出たのが2時半で、旭川に着いたのが、4時でした・・・本当は、春光台公園の遊具で遊ぶ予定でしたが、台風が去った後だったし、着くのも遅くなった為、あきらめました。そして、道の駅旭川で、期間限定で遊べるイベントがあるらしいとのことで、夕方ではありましたが、行ってみたところ、そのイベントは終わっていました・・・(涙)せっかく来たのに何もせず帰るのももったいないので、ソフトクリームを買ってあげました。次に秀岳荘に行って、子ども用のスキーが手に入るかどうかを聞いて、次にイオンに行って、買い物&夕食を食べました。その後、春光台公園は無料のキャンプ場なので、そこの駐車場で寝るので、その近くの温泉をあらかじめネットで探していたんだけど、なぜか温泉は全くなく、あるのは銭湯ばかり・・・でも、遠くまでわざわざ行くのも面倒なので、行ってみたら、以外にお姉ちゃんには「レトロで面白い!」と好評でした。

翌日、朝から車を走らせて、砂川市にある、“北海道子どもの国”に行きました。子どもの国HP→http://www.city.sunagawa.hokkaido.jp/Web/PD_Cont.nsf/0/A495D9F2CF5F23DD49256E70000FFB1F?OpenDocument

毎年行っていますが、かなり背が伸びたので、アスレチックも以前よりもかなりできるようになりました。土曜日はちょっと無駄にしてしまった感じだったけど、日曜日はたくさん遊べて楽しかったです!

| | コメント (0)
|

就学相談

昨日、道立特別支援教育センターの就学相談がありました。

別に相談することもなかったのですが、一応就学に向けて受けておくべきことという感じで受けてきました。

知能検査は、質問に全く答えられず、測定不能で、就学の為の資料は出せない可能性が高くなりますと言われました。

もちろん、養護学校の方を強く勧められました。

その方が良いということは、わかり切ってはいるけど、どうにもならない事情があるんだから、仕方がないよね・・・

養護学校まで、片道一時間半~二時間。それも、都会の一時間半~二時間とは違う。ここは北海道なのだ。距離にして、およそ100km弱。寄宿舎に入れたくないがために、その距離を毎日送り迎えなんて、それをしていたお母さんも実際に身近にいるけれど、私にはできない。私なら、養護学校に着く頃には、給食が終わっているかもしれない。(笑)

樹を養護学校に行かせるために、その他の何もかもを犠牲にしてまで送り迎えすることなんて、私にはできない。毎日そんなことをしていたら、疲れ果ててしまって、せっかくの土日に樹を遊びに連れて行ってあげる余力も無くなってしまうと思う。そうなってしまったら、養護学校で、たくさんのスキルを身に付けることはできても、余暇の充実や、社会生活をたくさん経験させてあげる機会が減ってしまって、結果的にバランスの取れた成長をさせてあげることができなくなってしまうと思う。

家は、土日にパパが樹の面倒をみてくれるとか、樹をどこかへ遊びに連れて行ってくれるとか、そんなことは期待できないので・・・私は、子育てにおいては、大げさに言えば、父親と母親の両方の役目をしなければならないのだから、そこまで無理はできない。子育てというのは、一年や二年で終わるものではなく、これから先ずーっと続いて行くものなのだ。普通でも二十歳までと考えても二十年だけど、特に、障害をもった子どもの子育てとなると、たぶん死ぬまで一生続けて行かなければならない。その上、生きているうちに、自分が死んだ後のことまできっちりと考えておく必要もある。そんな気の遠くなりそうな、ずーっと先まで続けて行かなければならないということは、息切れしないような無理のない生き方をして行かなければ、きっと長続きしないと思う。

今の私の考えは、樹を遠い養護学校に無理をしてまで通わせるよりも、何とか、親元から地元の小学校に通わせて、休日は休日にしかできないたくさんの経験をさせてあげて、親子共に安心して暮らしながら、成長を見守って行きたいという結論に行き着いています。樹の就学は、家族全員の問題でもあり、家族全員がハッピーになれる方向が、一番選ぶべき、進むべき道なんじゃないかな?と思っています。もちろん、行く行くは養護学校という選択肢も視野に入っていないわけではありません。でも現実には、パパの仕事、住宅、お姉ちゃんの進学等々、そんなに簡単には行かないことばかりなんです。時間は待ってはくれませんが、こればかりはあせったって仕方のないことです。ゆっくりじっくりと考えて行くしかないと思っています。

最後に、知能検査は無理でしたが、私が質問に答える検査では、だいたいの発達年齢が、ほとんど二歳代くらいと言われました。この検査もあまり当てにはならないような気もしますが・・・でも、二歳八ヶ月の時の検査では、だいたい一歳前後だったので、それから三年の月日が経ってはいるけど、その間にできるようになったことはずいぶん増えたけど、理解力はと言うと、あまり伸びていなかったので、いつもよく人に話す時、「中身は一歳前後で・・・」と言っていたのに、二歳代と言われて私としては嬉しかったです。そういえば、この最近一気にグンと伸びたもんな~!と思わず納得でした。

| | コメント (3)
|

真似て描く

いつも療育に行ったら、まず、先生がホワイトボードに、日にちと曜日と天気を書いてから、“晴れ”の絵(円の周りに点々を描き、中に目と口も描く)も描いていて、その後、先生にペンを借りて、ホワイトボードに絵を描くようになってしまっていて、いつもただ、ぐじゃぐじゃに描いていたのに、この最近、ぐるぐるっと円を描いて、その周りを囲むように、点々を描くので、これはもしかして、“晴れ”の絵を真似しているのでは?と思っていたら、家で紙に鉛筆で絵を描かせても、同じ絵を描くので、これはやっぱりそうかも?と思っていたところ、昨日の療育では、“晴れ”らしき絵の中に、点々を四つ描いた!これはもしや、顔を描いているつもりでは?点は四つになってしまったけど、確実に先生の絵を見て真似ていることが分かった!

さらに、点線の上に一本線をなぞって描くという課題も、初めてやったのに、まず先生が手本を見せる→先生と一緒に描く→一人で描くという順にやってみたら、ちゃんと一人で描けた!

さらに家でも、私が「まーる」と言いながら、丸を描いて見せると、樹も「まーぶ」と言いながら、丸を描くことができた!

見て、真似て、描くということが、でき始めたということは、これはすごい進歩だ!!

| | コメント (4)
|

先週末と今週末は・・・

先週末と今週末のことを、まとめて書きます。

先週末は、下川町で、“うどん祭り”があり、二日連続で自転車で行きました。自転車も、歩道のほんの少しの傾斜くらいなら、自力で進めるようになってきました。まだ段差はムリだけど・・・

お祭りというのは、買い物の絶好の練習になりますね。これからもこういった経験をどんどん積み重ねていきたいと思います。それと、隣の公園でたくさん遊びました。こういう時でもなければ、地元の子どもたちがたくさん集まることってないですから、たくさんのお友達と一緒に遊べて良かったです。(遊ぶと言っても、ただ一緒の場所でそれぞれが遊んでいただけですけど、本人はそれでもお友達がたくさんいる方が、楽しいらしいです。)

今週末は、土曜日は五味温泉体験の森を歩きに行きました。それにしても樹は、遊歩道の上り坂や階段を、軽々と走って上れるんだからスゴイ!ママは全然追いつけず・・・これが1ケタ代と30代の違いでしょうか?(笑)帰りにふれあい牧場に寄り、ウサギをよしよしして、その後は池の周りを走って回るのが好きなので、池の方に行きましたが、今日は池の鯉に気付いたらしく、じーっと一ヶ所でハマってました。実は走るのを追いかけるのも大変だったので、ひそかに助かりました。(笑)その後、鹿おどしにも気付き、かなり長い間注目していました。以前よりも、小さな所まで気付いて注目できるようになったなぁと思いました。

日曜日は、久々にサンピラーパークに行きました。休日が来るごとに、サンピラーの写真カードを持って、楽しみにしていたのに連れて行ってもらっていなかったので、今日はあきらめモードだったのか、じてんしゃの写真カードを持っていましたが・・・(笑)9月4日以降は水遊びができなくなるし、9月20日以降はカーリング場復活の為、体育館も使えなくなってしまうし、今日行っておいて良かった~!と思いました。久々に思いっきり遊べて良かったです!

| | コメント (2)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »