« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

バースディパーティー&スキー

誕生日は1月28日ですが、土曜日にバースディパーティーをしました。午前中、シフォンケーキを作るのを少し手伝ったのですが、ホットケーキみたいにすぐ食べれると思っていたようで、昼ごはんの用意をしたら、「そんなぁ~!」「もうもうもうもう~!」と言ってベソかいて怒ってました。(笑)

料理はほとんど去年と同じですが、樹の大好きなものばかりで、からあげと、ピザが大好きなので、ポテトのツナピザ風と、サラダと、いちごのシフォンケーキです。

2008_012610004 2008_012610009_2 プレゼントは、最近本を破らなくなったし、よく読んでいるので、本を買ってあげました。大のお気に入りなのに、いつもどこかへ無くしてくる“おじゃる丸”の本と、ビデオも本も大好きな“となりのトトロ”の本です。(トトロの本は持っているけど、ボロボロになってしまっているので。)ものすごく喜んで、気に入ってくれました!特に、トトロは、ページをめくりながら、全てのセリフを声までそっくりに読んでいました。

日曜日は、歩くスキーに行きました。シーズン中は、週1回は連れて行こうと思っています。去年と違って、本人もやる気マンマンで、進んで身支度をしました。この前剥がれてきたシールも、再度ガッチリ貼り付けたら、今度は剥がれませんでした。

歩くのと登るのは問題ないけど、やっぱり滑る方がダメで、棒立ちのままスキー板をピッタリ揃えて滑ろうとするので、「小さくなって」と言いながら手本を見せてもさっぱりダメなので、手で膝を曲げてやったら、しゃがむ体勢を維持することが難しいらしい。どうやら、模倣の問題だけじゃなく、しゃがむ時の筋力が弱いという問題もあるらしい。(普段その筋肉をあまり使っていないせい。)これは、スキーを履いていないときに、遊び感覚でしゃがむ練習をした方がいいかもしれないと思いました。

でも、去年は、上手く滑れなかったり、歩いていて疲れてきたりしたら、嫌になってしまっていたが、今年は、お尻じゃなくて立って滑りたいという気持ちがあるようで、何度もトライしているし、5kmのコースでも、最後の方にだれてはくるけど、やる気はあるようで、楽しめている感じなので、本当に良かったと思いました。

| | コメント (2)
|

6才の誕生日までにできるようになったこと

1月28日は、樹の6才の誕生日です。今までに伸びた面を、去年と同じように整理して書きたいと思います。(かなりの長文なので、読む人はいないと思いますが、自分なりに整理してみたかったので書きました。)

去年の記事↓

http://jukai18.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_3583.html

① コミュニケーション

要求は、毎日の生活の中では、写真カードよりも言葉+動作(ママの手を引っ張って連れて行く、または、指差しする+言葉でも言う。)の方が主になってきましたが、初めのうちは、単語で言っていたのに、今は、周りの人たちが単語ではなく、文章で話して生活している影響で、自分なりに余計な言葉をつけて言うようになったので、かえって周りの人には通じにくくなってしまったかもしれない。でも、写真カードを渡して要求するという手段も経験しているので、これから先学校などで、言葉ではどうしても通じないと思ったら、それも使えると思う。

・以前は、“おちゃ”が欲しい時は、「おちゅば」と言っていたのに、今は、「おちゅわちゃーやです。」と言うので、普段一緒に生活している家族ならわかるけど、他人にはわかりにくくなってしまった。

・家は、家族が伊予弁(関西のイントネーション)で話しているせいか、以前は、「バナナ」と言っていたのに、「バナナやで」とか、「バナナやろ?」言うようになった。(普段、私達は「○○やで」とかあまり言ってないと思うんだけど・・・“名探偵コナン”の中で、西の名探偵、服部平次が関西弁をしゃべるので、その影響かもしれない。でも、「○○やろ?」というのは、「○○でしょ?」という感じでよく言う。)

・何かを取って欲しい時とかに、その何かの名前が解らない時は、「あそこ」(に落ちてる物を取って)の一言で済ませる。(+指差し)それも最近では、「あそこやろ?」と言う。

② 認知力

去年できるようになったことが、さらに正確に、上手にできるようになってきた。手助けが必要だったことも、一人でできるようになったことも増えてきた。(全般的に、手先が器用になってきた。)そして、一番の進歩は、絵を見て、そのものの名前が言えるようになったり、文字も、少しずつではあるけど、形で丸覚えして、読めるようになってきたことです。

・以前はオウム返しか独り言が中心で、実物や絵カードを見せて、「これなあに?」と聞くと、「これなあに」と言っていたのが、今では、「これなあに?」と聞くと、知っている物なら、「ぼうし」などと答えられるようになった。ただし、毎日の生活の中で身近なものが中心で、知らない物だと、「たす」とか、適当に答えている。でも、オウム返しでないだけ、進歩したと思う。さらに、文字だけを見ても、少しだけど覚えて言えるようになった。(「て」「め」「え」「き」「いす」「かさ」「みみ」「のり」「くつ」など)

・耳から入ってきた音声を模倣したり、名前言わせをしたりする時、以前すんなり言えていた言葉も、今はすんなり出てこなくて、かなり苦しんでいる。言葉を言うのにすぐ出てこなかったり、どもったりしてしまう。(これも、今現在、樹の生きている環境や情報が複雑になってきたため、脳の中で混乱して、一度は学習されていたことも、また元に戻ってしまうという、『折れ線現象』の一つだと思われます。だから、どんどん学習を進めていけばいいと言うものではなく、できるだけシンプルで解りやすい環境の中で、基礎をしっかり身につけることが大切だと思われます。)

・パズルは65ピースでも、簡単にできるようになった。2~3回やっただけで、すぐにどこに何の絵があったのか覚えてしまう。マッチングも、色や形だけでなく、文字と文字のマッチングもできるようになり、今は、絵カードと文字のマッチングを練習している。

・はさみで点線の上を切るのも、手助けなしでかなり正確に切れるようになった。(毎日の課題の中でやっていたので。)2回切り、3回切りくらいまでならできるが、長い連続切りはまだ難しい。いかにも手を切りそうで恐い感じがするが、ちゃんと手を切らないように自分でよけているから凄い!のりは、色つきのスティックのりを使っているが、これもかなり上手に塗って貼れるようになった。

・塗り絵も、以前はどこを塗ったらいいのか?よく解っていなかったが、今では、ちゃんと塗るべきところも解るようになったし、隙間なく塗りつぶそうとするようになった。クレヨンも、以前は箱ごと出すと、並べ始めたりしていたが、今では、何色を塗るのかちゃんと見て、その色を自分で選んで塗れるようになった!それと、鉛筆やペンで、点線の上をなぞって直線や曲線を引いたり、丸や三角をなぞって描いたり、簡単な迷路も引けるようになった。丸を描いたら、中に点々を描いて、顔を描けるようにもなった。(顔には見えづらいけど。)

③ 生活自立

トイレ、衣服の着脱、食事、歯みがき、洗面など、少しは手助けが必要だが、以前と比べてかなり自分でできるようになってきたし、自分でしようとするようになってきた。

・トイレは、おしっこは立って、ウンチは座って、自分が行きたくなったら勝手に行けるし、間に合わなかったという失敗も全くなくなった。おねしょも全くしないので、完全にパンツだし、外出先でも、トイレのある場所だけではなく、車の中などでも、行きたくなったら、「といれ~」と言葉で教えてくれるようになった。ただ、ウンチの後、一応トイレットペーパーで自分で拭けるが、何回拭いたらいいのか?もわからないし、キレイになるまでという確認まではできないので、仕上げ拭きが必要。

・ボタンは、パジャマのボタンで毎日練習したので、一応、留めれるようになった。はずすのも、だいたいできるようになった。でも、シャツのボタンだと小さすぎて、まだできないし、全部自分でやらせたら、段違いに止めてしまう。ファスナーや、ホックは、やろうとする意思はあるが、まだ手助けが必要。着脱も一応できるようにはなったが、衣服の前後はまだ間違えてしまう。

・食事は、エジソンのお箸が使えるようになってからは、去年まで半分手づかみだったのが信じられないほど、かなりキレイに食べられるようになって、今はさらに、エジソンのお箸の次に難しい、コンビのお箸に移行している。

・歯みがきも、奥歯と前歯なら、少しは自分でゴシゴシと動かせるようになった。10回ずつ声かけしてさせている。歯の表面と裏側はまだ難しい。

④ 社会性

社会性を身につけて行くためにも、保育所などでの集団生活を経験したり、買い物、外食、散髪など、社会的資源を頻繁に利用するようにしている。

・保育所での集団生活も二年目となり、だいたいするべき行動が解ってきた反面、去年までは、ただ何となくやらされていたことも、やりたくないことは絶対にやりたくないということも、かなり増えてきた。自分の意思がしっかりしてきたとも言えるし、周りのレベルが年長さんになってどんどん高くなって行ったため、意味が解らなくて楽しくないということも、原因のひとつだと思う。

・この最近、買い物にはかなり進歩が見られ、行きなれた店には、自分の好きなコーナーがいくつかあり、まず順番にひと通り回って堪能したら、なんとママを探しに来るようになった!そして、その後一緒にカートを押して店内を一緒に回り、レジでも、袋に入れる間もちゃんと待つことができ、その後一緒に手をつないで車まで行くようになった!今まで、買い物=脱走というのがお決まりだったのに、一緒に店内を回ったり、待ったりということができるようになって、本当に楽になった!

・自分の好きなものを買うとき(ソフトクリームやハンバーガーなど)は、写真カードを出させたり、ファーストフード店のクーポン券を出させたりして、自分でお金も渡させるようにして、お金で物が買えるということも、経験させるようにしている。それと、週1回は外食(フードコートを含めて)するようにしている。

・散髪も、チクチク髪の毛が入ってくるのがイヤで、毎回苦労しているが、予約制の美容室で、なるべくこまめに(1~2ヶ月に一度)行くようにしている。ビデオを見せてもらいながら、前髪など気になるところだけは先に切ってもらったり、なるべくスピーディーに切ってもらったり、首からなるべく入らないように、ケープの上から、さらにピッタリしたケープのようなものをつけてもらったりと、色々と工夫してもらっている。散髪に行く前に、『さんぱつ』の写真カードの下に、『シュークリーム』のカードを貼って見せ、切っている最中は、時々口にレーズンかお菓子を褒めながら入れてあげ、最後まで頑張ったら、大好きなシュークリームをあげるという作戦でやってみてはいるが、最近は結局、そこでしか見れないアンパンマンのビデオの威力が一番大きい。だからやっぱり、チクチク入ってくる前に、ビデオに夢中になっている間に、スピーディーに終わらせるのが一番らしい。

⑤ 時間

写真カードのスケジュールによる理解と、毎日決まった時間に決まった所へ通うことによって、かなり時間の感覚は身についてきたと思います。

・写真カードのスケジュール表は、その日のスケジュールから、週間スケジュールに移行して、解りやすいように、その日のスケジュールには、“今日はここフレーム”(赤い枠)で囲むようにしたら、自分から、その日のスケジュールが終わったら、写真カードを剥がしていくようになった。さらに、一月からは、月間カレンダーと、日めくりカレンダーを横に置いて、その日が終わって寝る前に、日めくりカレンダーを破らせて、月間カレンダーに×をして、今日はここフレームを翌日の所に貼り変えるようにしてみたが、まだそこまでの理解はできていない。でも、それを地道に続けることで、いつか気づく時がくるかもしれない。(実際、午前のスケジュールの後に、午後のスケジュールを貼っておいても、初めのうちは全く気づかなかったが、途中から意味が解ってきたので。)

・『おしまい』も『待つこと』も、以前よりは、そんなにわめくことがなくなったように思う。おしまいになっても、また次があるし、待つように言われても、少し待てば手に入るということが、今までの経験から解ってきたのかもしれない。

⑥ 余暇

休日は、一日中こもりっきりということのないように、ほんの少しでも、必ず樹の好きな場所に連れて行くように努力している。週休二日なので、一日はちゃんと満足できるような所に連れて行くようにして、もう一日は、図書館などで勘弁してもらったりしている。(その日はちょっとしたご馳走を作って、それで私も家族もストレス発散している。)でも、以前よりも、家にいてもそんなに煮詰まるということもなくなり、自分なりに上手に過ごせるようになってきた。それだけ、家の中での楽しみも以前よりは増えたんだと思う。

・夏は公園や室内遊技場によく連れて行った。山歩きも大好きなので、時々連れて行った。今年は、もうちょっと本格的な山登りにもチャレンジしてみたい。

・月に一度は、ビンボー旅行ではあるけど、泊りがけで旅行にも連れて行った。大きな公園を探しては連れて行った。

・自転車にも乗れるようになった。平地なら、ものすごいスピードで、ガンガン進めるし、ほんの少しの上り坂くらいなら、自力で進めるようになってきた。ブレーキも、声かけしたら、かけれるようになってきた。でも、趣味というよりは、移動手段という感じかな?

・歩くスキーも、今年ちゃんとした道具を新調して、板の裏に滑り止めのシールも貼ったので、山のコースも行けるようになり、滑るのはまだまだだけど、5キロコースも周れるようになった。

・雪遊びも、去年よりもずっと長時間、楽しめるようになった。ただし、雪をずーっと食べ続けるので、それだけが悩みの種。(一応、お腹は壊してないけど。)

・買い物も、以前は連れて行かれても、あまり楽しいことがなかったけど、今は、自分なりに大好きなコーナーがたくさんあるので、連れて行っても嫌がらなくなった。

・家の中でも、ビデオ以外に、本をよく見るようになったし、色々なものを並べるのも大好きで、最初は、家中にある全てのおもちゃや本を、家中の床という床に並べるので困っていたが、それも徐々に、おもちゃや本を大幅に処分したり、並べていい部屋を決めたり、色々な手段で片付けさせることを徹底したりしているうちに、3ヶ月続いたこだわりもなくなり、今では決まったものだけを少しだけ並べたり、部屋一面に並べるのも、時々になり、何も言わなくても自分から勝手に片付けたりするようになった。あと、鏡の前で歌いながら踊ったりもしている。

ものすごく長~くなってしまいましたが、それだけこの一年の成長は、大きかったんだと思います。たくさんの周りの人たちの理解と協力あっての成長だったと思います。そして、この一年めげないで、色んなことにトライしてきて良かったと思います。これからも、先は長いので、息切れしないように、楽しみながらやって行きたいと思います。今年は、小学校に入学して環境も変わってしまうので、不安もありますが、またたくさんの方々のサポートを受けながら、頑張って行けたらと思っていますので、どうかよろしくお願いします。

| | コメント (2)
|

もうすぐ6才の誕生日

もうすぐ6才の誕生日です。保育所の年長さんも、残り2ヶ月となってしまいました。年中さんから入所して、その1年で本当に伸びてくれましたが、年長さんになってからの1年は、さらに輪を掛けて伸びてくれました。できるようになったこと、解るようになったことなど、たくさんありますが、年中さんの時にできるようになったことの質を高めた1年でもあったと思います。

ただ、その反面、問題行動も増えました。でも、それは成長に伴う、一時的な社会不適応の状態で、必ず付いてくる問題であり、それを乗り越えてこそ、真の成長と言えるのだと思いますし、そういった問題行動が起こった時の、周りの適切な対応こそが一番大切であり、いかに上手く問題行動を適切な行動に導けるか?私自身それが一番の課題でした。

どう対処すればいいのか、よく解っているつもりでも、なかなかそれが思うように上手くいきません。でも、どう対処すればいいのか?知らないで対応するのと、よく勉強した上で、知っていて対応するのとは、明らかに違います。

とにかく、応用行動分析を勉強したり、今までの経験からも、問題行動やパニックには、『代替行動の分化強化』これに尽きるということが、ハッキリとわかってきました。ただ叱って押さえるだけではダメ。無視するだけでもダメ。もちろん認めてしまってもダメ。きちんといけないことだと解らせた後、適切な行動、より望ましい行動をきちんと提示してあげ、そこに導いてあげる。それができたら、その行動を強化する。それを繰り返していくこと、それしかないのだと、つくづく実感しています。

次の記事では、去年も書きましたが、誕生日までの一年で、できるようになったことを書きたいと思います。

| | コメント (0)
|

鏡開き&山のコースデビュー

土曜日は、柔道の鏡開きで、今年は地域間交流施設を借りて、そこでお雑煮を作って食べました。子どもたちは、柔道をしてから来るので、お雑煮を作って待っていました。そしたら、お姉ちゃんは、鏡開きまでの一週間、毎日寒稽古で、今まで明らかに運動不足だったのに、いきなりハードな運動をしたため、股関節を痛めたらしく、今日は柔道はしていないとのこと。先生(柔道の先生は、整骨院の先生です。)に、股関節の病気だと言われ、かなりショック・・・周りの人で、股関節が悪い人が何人かいるので、股関節がどれほど重要かということを思い知らされていたので、かなりどんよりしてしまいました・・・治るのかなぁ・・・?一生苦労するんじゃないかなぁ・・・?そこまで重症でもないらしいけど・・・比べ物にはなりませんが、肢体不自由児のお母さんの気持ちが、ほんの少しだけわかった気がしました。

日曜日は、やっと入手したシールを、スキー板に強力接着剤でガッチリ貼り付けて、早速歩くスキーに行きました。グラウンドのコースを一周してから山のコースに行こうか?それともいきなり山のコースに行こうか?迷ったので、樹に先に行かせてみたら、迷わず山のコースの方へ直行。やっぱり行きたかったようだ!やっぱりシールを貼ったら、何の問題もなく普通に登れた!滑る方はさっぱりダメだったけど、途中、私の友達とも会って、一緒に歩いて楽しかった!最後の方はちょっとだれてしまったけど、一番長いコースを一周できた!今回は強化のレーズンもなしで行ってみたけど、やっぱりちょっとあった方がいいみたい。

そこまでは良かったんだけど、その後、アルペンのコースの方に入って行ったので、お友達もたくさん来ていたし、滑る練習にもなるからいいかと思っていたら、リフトの方を見て、近づいていこうとしているので、どうやら、リフトで人がスーッと上がって行くのが面白そうと思ったようで、自分も乗りたいと思ったのかもしれない。でも、下川のリフトは、立ったままロープに捕まって、自分でバーを腰に当てて、スキーを滑らせながら登っていくもので、とてもじゃないけど、樹なんて乗れるわけがなく、近づいただけでキケンなので、人に迷惑をかけてしまうし、リフトの方に興味を持ってどんどん行こうとするのを、なんとか止めるのに苦労した。結局大声で叱り飛ばすしかできなかった・・・これからも、この関門が待っているのかと思うと、ちょっと憂鬱・・・しかも、一度滑っただけで、接着剤でガッチリ貼り付けたシールが少し剥がれてくるし・・・まあ、色々あるよね。でも楽しかったから良かったです!

| | コメント (0)
|

幼児センターお誕生会

幼児センターのお誕生会をこっそり隠れて見てきました。

最初、先生方の劇があり、みんな身を乗り出すようにして見ていたのに、樹は、先生の膝に座って、あまり興味なくダラダラとしていた。たまには見ていたけど。やっぱり意味が解らないから、そうなってしまうんだよな~と思った。

その後、冠をかぶって、みんなの前でイスに座って、1月生まれの子を一人ずつ紹介したり、プレゼントを渡したりする間、人数も多かったのでかなり長かったが、全く先生も付かずに、ずーっとちゃんと一人で座っていられた!冠も途中何回か脱いでいたが、またちゃんとかぶり直して、最後までちゃんとかぶっていられた。一人ずつ紹介する時、みんなは色々と先生の質問に答えたりするけど、樹の場合はみんなのように質問に答えられないから、先生の方で工夫してくださって、名前を呼んで返事をさせたりした後、色々といつも頑張っていることとかをみんなにお話ししてくれました。

最後の方は、かなり飽きて疲れてきていたけど、イスから落ちたりすることなく、最後まで座っていられました!それだけですごいなって思いました。毎月他のお友達のお誕生会を見てきた経験と、今度は自分の番になっても、1月生まれの他のお友達と一緒に並んでいるから、それを真似することで、ちゃんとできたんだと思います。またひとつ成長してくれて、嬉しく思います。

| | コメント (0)
|

スキーデビュー

こっちに帰ってきて早速、スキーデビューをしました。

まず、平日樹が保育所に行っている間に、一人で山スキーに行ってきました。2~3日前から、ものすごい大雪が降っていたし、行こうと思った日は、ものすごく凍れていたので、大雪&凍れの、ダブルでイヤな日なので、迷ったんだけど、やっぱりやると決めたことはやらなければ・・・と思い、思い切って行ってきました。思ったとおりに大変でした・・・でも頑張りました。おかげでいい汗かきました。(笑)

そして今度は、樹と土曜日に行こうと思ったけど、やっぱり凍れてて、天気も良くなかったので、この日は図書館に歩いて行きました。手が痛いほど凍れてた~!日曜日は、名寄に買い物&サンピラーに久々に行ってきました。こっちならではの、お決まりの週末です。

そして月曜日は、やっと気温も上がって、スキー日和だったので、今シーズン新調したスキーを試しに行ってきました。今シーズンからは、クロカンの板に、ちゃんとビンディングをつけて、クロカン専用の靴をしっかり固定できる、ちゃんとした道具を新調したので、バッチリの予定でしたが、唯一、スキー板の裏に貼る滑り止めのシールがまだ手に入ってなかったので、シールを貼らない状態ではどうなるかを試しに行ったという感じでした。

結果は・・・グラウンドの平坦なコースは、バッチリ歩けましたが、やっぱり上り坂になると、緩やかな所ならなんとか登れるけど、ちょっときつくなると全然登れませんでした。そしてやっぱり坂を上りたがるんです・・・「ハの字にして」とか、「こうやるんだよ」と言ってお手本を見せたり、板を直してあげたりしても、やっぱり全然ダメで、これはやっぱり絶対シールが必要だと思い、旭川の秀岳荘に電話してみました。

スキーを買った時に、大人がシールを買った時の切れっ端が出るので、それを頂けるという約束をしていたのに、(子どもは体重が軽いから、大人の切れっ端で十分なので、上の子の時も、それをもらいました。)それ以来電話がかかってこないので、きっと、まだだれもシールを買ってないんだなと思い、それなら、一万出してでも買うしかないか・・・と思って、電話してみたら、もうすでにいくつかたまっているとのことでした!たくさんたまってから電話しようと思っていたとのことで、早速送って頂けるということになりました!

来週から、やっと山のコースデビューができそうです!ちなみに、去年爆弾低気圧で閉ざされたコースは、夏の間に倒れてきた木を切ったりして、復旧してました!来週からが楽しみです!

| | コメント (0)
|

北海道へ帰る日(10日目)

実家から帰る日の朝、樹に、『ひこうき』『でんしゃ』『ばす』『おうち』の写真カードを見せたら、帰るということが、すぐにパッと解ったようで、嬉しそうな顔をした。両方の実家の両親と、お姉さん一家が見送りに来てくれた。自分達のわがままで、親達に寂しい思いをさせてしまって、親不孝してしまっている。だんだん年老いていく親の姿を見る度に、このままではいけないんだろうな・・・と思いつつ、そう簡単には動けなくなってしまっている自分がいる。北海道で築いたものがたくさんありすぎて・・・まあ、樹やお姉ちゃんの学校のことや、パパの仕事のこと、チェンソーアートのことなど、問題は山積みなので、簡単に結論の出る話ではない。ゆっくり考えるしかないか・・・

★帰りの飛行機の様子

・昨日の車の中でも、帰りの飛行機やJRの中でも、「トイレー」と言って教えてくれた。お店などのトイレがあるとわかる場所だけじゃなく、車の中などのトイレのない場所でも、行きたくなったら言葉で言えるようになった。ここまでくればほぼ完璧だ!(ただし、思い通りに叶わなかった時に、「トイレー」と言って、その状況から逃れようとする時などにも言う時がある。でも、本当に行きたい時にも言える。)

・帰りは、中部国際空港経由で、ものすごく小さい飛行機に、外から乗り込んだので、多少は飛行機に乗ったという実感が得られたかもしれない。中部国際空港(名古屋)で、滑り台などの遊べる場所があったのに、時間がそんなにないから、させなかった。実際には少しくらいなら遊ぶ時間はあったのに、あせる気持ちから、させないで素通りしてしまった。そのせいで、少々パニックになってしまったが、事情を話して、優先搭乗させてもらって、飛行機に乗って、一回目の飛行機でもらったおもちゃで遊ぶうちに、徐々に機嫌を取り戻した。後から、五分でもいいから遊ばせてあげれば、気が済んだだろうに・・・と後悔した。

・飛行機着陸時に、耳を痛がる素振りを見せて、小さな声で泣くので、耳の穴に軽く指を突っ込んであげると、またしてくれと何回も催促してきた。(そんなことしても、痛みが取れるわけではないけど。おなかが痛いときにおなかをさすってあげると、またしてくれと言ってくるのと同じかな。笑)

★JRでの様子

・帰りは旭川経由で、旭川からは鈍行だったので、ものすごく長く感じられたけど、大丈夫だった。最後、名寄駅にたどり着いて、駅から外に出た瞬間、嬉しそうな笑顔!やっと安心できる世界に帰ってこれて、ホッとしたようだった!樹はこっちで生まれ育ったから、樹にとっては、ここが一番よく知っている世界だもんね!

| | コメント (2)
|

帰省(8・9日目)動物園・大島しまなみ

この日は、パパのお姉さん一家と、愛媛県立砥部動物園に行きました。樹は、特に動物に興味を持って立ち止まるということもなく、一人マイペースでどんどん進んで行ってしまい、みんなで行ったのに、ほとんどママと二人行動でしたが、象だけは、「あれなあに?」と聞くと、「ぞうさんや」と答えることができました!

2008_010410099その後は、お姉さんの家にお邪魔したり、ご飯を食べに行ったりして、パパの実家に泊まりました。

翌日は、私の両親と、しまなみ海道の途中の島のひとつの大島に、フェリーで渡りました。途中、北条の海岸にも立ち寄って、毎年泳ぎに行っていた海岸なので懐かしかった。フェリーは、たった20分の船旅だったけど、樹はとても気に入ったようで、降りる時にかなり抵抗して、「そんな~、そんな~」と言った。(いつもイヤな時は、「そんな~」と言う。笑)大島では、公園で遊んだり、展望台から景色を見たりしました。

↓北条の海岸・しまなみ海道・今治⇔大島フェリー

2008_010410113 2008_010410118 2008_010410128 2008_010410135 2008_010410136

最後の夜は、私の実家に泊まりましたが、高校の時の親友が、会いに来てくれて、夜中までおしゃべりが弾んでしまいました。

| | コメント (0)
|

帰省(6・7日目)買い物・讃岐のこんぴらさん

この日は、またまた買い物三昧でした。

途中、樹が車の中で寝てしまったので、車にパパと樹を残して、ユニクロに入って、試着をしていたら、ものすごい泣き声が・・・もしや樹?と思って、覗いてみるとやっぱりそうで、呼んでみると試着室に入ってきました。そして泣き止みました。

どうやら、やっぱりこの前ママに置いて行かれたことがトラウマになっているらしい。どうやらママが一番の安心材料らしい。

それと、知らない土地で、毎日知らない家や店にあっちこっち連れて行かれることの連続で、不安になっているんだと思う。だから、知らない店に入っただけでも機嫌が悪いし、すぐに本屋に引っぱって行き、自分の好きなアニメの本を見つけたりしているうちに、だんだん機嫌が直ってきたりしたので、きっと、知らない所で不安になった時、自分のよく知っている大好きな物(いつ、どこにいても変わらないもの)を見ることで、安心するんだと思う。

この日はうちの実家に泊まり、翌日(1月2日)は、お隣の香川県の、讃岐のこんぴらさんに初詣に行ってきました。途中、石鎚神社にも寄って、そこでもかなり石段を登りました。

↓松山の方にしかないという、あめ湯・ポンジュースグミ

2008_010410075 2008_010410076 2008_010410068

そして、こんぴらさんは、朝出発が遅かったので、奥社までは行けなかったけど、御本宮まで石段が785段。樹は階段は大好きだけど、途中、どこまでも続く石段に、ちょっとダラダラと歩く時もありましたが、樹は続く限り登らなければ気が済まないので、最後まで自力で登り切りました!

↓こんぴらさんまでの道&石段・最後の一段・登って下りたご褒美の(香川県なのになぜか)鳴門金時芋ソフト

2008_010410081 2008_010410087 2008_010410090_2

帰りは夜になってしまい、ご飯を食べて、温泉に行って、私の実家に泊まりました。

| | コメント (2)
|

帰省(4・5日目)公園など

この日の午前は、うちの実家の近くの、松山総合公園に行きました。

↓総合公園のお城(展望台)・総合公園から見た松山城・公園

2008_010410053 2008_010410054 2008_010410058

午後、パパの実家に行くと、この前の夜、ママに置いて行かれたことがトラウマになったらしく、パパの実家に入る時、小さな声で泣いていた。置いて行かれた夜は、パパの言うことを全然聞かずにワガママだったらしい。玄関の方にママを探しに行ったりしていたとのこと。(うれしー!)

その後、パパのお姉さん一家(いとこ二人)と、北条文化の森公園に行きました。

↓北条文化の森公園

2008_010410062 2008_010410063

そして、パパの実家に泊まり、翌日は、老人ホームにいる、パパのおばあちゃん(102歳です)に会いに行きました。ちゃんとパパだとわかるから凄いです!この日もパパの実家に泊まりました。

| | コメント (0)
|

帰省(3日目)松山観光

昨日、私だけ自分の実家に泊まっていたので、パパと子ども達が昼前に私の実家に(この旅では初めて)来たので、私が、「いっく~ん!」と言って抱きつくと、まさかこの家にママがいるなんて思いもよらなかったようで、(当たり前か・・・笑)『何するのこの人は!』というような顔をして、その後、徐々にママだとわかってきたようで、『これは本当にママなのか?』と確かめるような感じで、恐るおそる、ママのほっぺを何回も触ってきた。(笑)その後、ママと確信したようで、恥ずかしそうに照れ笑い。

この日は、元松山人が、松山観光してきました。(笑)

↓いよかんソフト・松山城・道後温泉・マドンナ団子(坊ちゃん団子はばら売りがなかったので、新製品のマドンナ団子です。樹のお尻で踏みつぶされてしまいました。笑)2008_010410018 2008_010410026 2008_010410038 2008_010410046

夜は、奥道後温泉(ジャングル風呂)に行って、私の実家に泊まりました。

| | コメント (2)
|

帰省(2日目)同期会

大ざっぱに書くと、昼間は買い物三昧でした。夜は、私は昔の会社の同期たちと会う約束をしていたので、パパと子どもたちは、パパの実家に泊まり、私はどうしようか?と色々考えたけど、みんなが寝静まった後に帰ったって、大して意味がないかな?と思い、ちょっと樹のことは心配だったけど、パパもお姉ちゃんもいるから大丈夫かな~?といい方に考えて、私だけは同期会の後、自分の実家に泊まることにしました。

同期8人のうち、2人は県外にいるということで来られませんでしたが、なんとこの年末に、それ以外の全員が集まってくれて、それと、入社当時の教育担当の先生も来てくださって、本当に、こんなにワクワクしたのは何年ぶり?という感じでした!実際みんなで集まるのは10年ぶり。

1人は独身で、今も現役で頑張っているけど、他のみんなは、結婚して子どもが2人、3人といて、なんと5人の子育てを頑張っている子もいて、でもみんな全然変わってなくてビックリ!それともう一人、3人の子育てをしながら、ずっと頑張って仕事を続けている子がいて、てっきり辞めたと思っていたので、またまたビックリ!みんなそれぞれ頑張ってるんだなぁと思いました。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、でも一つだけ心残りが・・・今回、樹のことをみんなに話すつもりだったのに、なかなか言うタイミングがなくて、言いそびれてしまって、結局話さずに終わってしまいました。今度会えるのはまた何年後かわからないけど、その時こそは話そうと思っています。

| | コメント (2)
|

飛行機で帰省(1日目)

年末年始は三年ぶりに、雪のない実家に帰ってきました!朝9時すぎのバスで下川~名寄駅、JRで名寄~札幌で乗り換えて、新千歳空港まで、飛行機で新千歳~羽田~松山までの旅で、到着したのが夜7時前でした。まさに一日がかり!ちなみに樹には、出発前に、『ばす』『でんしゃ』『ひこうき』『ほてるにとまる』という写真カードをスケジュールに貼って、確認しておいたので、何となくは解ってくれたと思います。(今までも、『ばす』や『ほてるにとまる』のカードは、使ったことがあるので、解ると思う。)

★JRでの様子

・あんまり長い道のりで、少し飽き気味。でも乗り物は好きなのでおとなしい。

・さっそく、「トンネル」という言葉を覚えた。

★飛行機での様子

・飛行機までは空港内から直接通路を通って乗り込むので、飛行機に乗ったという実感はないと思う。空を飛んだという感覚もわかってないかもしれない。離陸時と着陸時に、興味深そうに窓の方を見ていたが、一回目は真ん中の席で見えにくいし、二回目は窓際だったのに、夕方で真っ暗なので全然見えなくて残念。

・今まで飲み物は、コップでしか飲めず、紙パックのジュースなら、パックを押してあげれば、ストローをカミカミしているうちにジュースが出てくるという飲み方しかできなかったが、飛行機で、紙コップにストローをさしたお茶をもらって、初めてストローでちゃんと吸ってお茶が飲めた。

・途中、シートベルトから何回も縄抜けしたのに、偶然だとは思うけど、最後着陸する前に、自分からしめるように催促してきた。

・一度目の搭乗時は、行列で待たされるのが嫌になって、小パニックになったが、(それまでも、さんざんJRで長旅させられて疲れていたし。)ソフトクリームで機嫌を取り戻し、二度目の搭乗時は、行列を見て、自分から行こうと催促してきた。(じっと待つのが嫌いで、先に進むと今よりは良いことがあるかもしれないという期待感から?)理由はともあれ、一度経験したことには強いし、周りをよく見て行動するという力が、保育所の集団生活で培われているんだなぁと思いました。2008_010410001

・さっそく、「ひこうき」という言葉を覚えた。

飛行機往復に、一泊だけホテルが付いているパックなので、この晩は、ホテルに泊まりました。樹の分も、いっちょまえに大人と同じ料金がかかっています。3名一室と1名一室という取り方が一番安く付いたので、そのように取りましたが、3名一室で十分なので、1名一室の方は誰も寝ませんでしたが、もったいないので、みんなが寝静まった後、一人で夜中までテレビを見ました!

| | コメント (6)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »