« 最後の保育所&療育 | トップページ | 明日から小学生 »

普通の社会に入るということ

四月から、町独自のサービスが利用できるようになり、社会福祉協議会のヘルパーさんについてもらって、児童クラブで遊ばせるという内容で、基本的に放課後、週2回、1時間半利用できることに決まりました。サービスの名前は、地域生活支援事業の中の、日中活動一時支援事業というもので、基本的な内容としては、家族の一時的な休息や、障害児本人の社会参加による自立の促進を目的としたサービス(だったと思いますが、ちょっと間違ってるかも?)です。

早速、火曜日と木曜日、春休み中ではありますが、行ってきました。最初なので、私も一緒に様子を見ることにしました。前回も一度、樹に会ってみたいということで、行きましたが、その時は、一つ上の学年の子たちがたくさんいて、なかなかいい感じで遊べました。でも今回は、春休み中なので、大きい男の子達がたくさん来ていたので、ちょっと前回とは違いました。

火曜日は、初めのうちは新六年生が遊んでいて、その子たちはちゃんと、小さい子がきたらボールを投げるのをやめたりして、気を使って遊んでくれていました。ところが途中から、新中学生(上の子と同級生)数名が来て遊び始めてから、状況が変わってきました。その子たちは、狭いホールの中で、小さい子がいてもおかまいなしにボールを投げたりして遊び始め、危ないので違う部屋に樹を誘ったりして逃れました。

その時に、一人の子の口から、「障害者」という言葉が聞こえてきました。樹のことを言ったのか、そうでなかったのかはわかりません。でも去年、上の子のクラスで、障害者のドラマを見て、障害者のマネをして、バカにして笑うというのが流行っていたのを聞いていました。ウチの子が先生に言って、先生がそのことについて話をしたら、ますますヒートアップしたそうです。どんなに道徳の授業で先生が伝えても、その時の感想文には、いつも立派なことを書くけれど、みんな全然わかっていないと言って、今のウチの子は人間不信の状態です。その後家に帰ってから、私はとても腹が立ったり、落ち込んだりで、なんか、「障害者」という言葉が、とても嫌いになりました。その子は、そんなつもりで言ったのかどうかはわかりませんが、中一の男の子の一言に、大人の私がここまで傷つけられるとは、思ってもみませんでした。

今までは、樹が社会の中で、他人に迷惑をかけることばかりを考えていましたが、これからは、樹を守ることも考えなければならないと思いました。なんか、普通の社会に入れるのがとても恐いような気がしてきました。樹は何も悪いこともしていないのに、ただそこにいるだけなのに、「障害者」と言われて、バカにされて・・・なぜ、弱い者はいつも虐げられるんだろう・・・悲しいよね・・・

そんな重たい気分で、また木曜日に行きました。今度は新六年生が野球をしていました。その子たちは、ちゃんとマナーが守れていて、小さい子が来たら気を使いながら遊んでくれて、何の心配もなかった上に、樹が野球に興味を持って、加わりたがって邪魔だったのに、マネしてバットを持って打とうとしている樹に、近くから軽くボールを投げたりもしてくれました!あんまり邪魔しては悪いと思って、「お兄ちゃん達の邪魔になるからこっちにおいで!」とか、「ボールがあたるから危ないよ!」とか色々言っていたら、そのうちに、自分が邪魔になっていることに気づいたのか?邪魔にならない端の方で、マネだけして遊び始めた!それにしても、キャッチャーの真似をしてみたり、なんでそんなに野球のことを知っているんだろう?とよく考えたら、NHKの野球のアニメのメジャーをいつも見ているからだと気づきました。

ここに来ることで、こんな風に、色んな学年の子とかかわれるのは、前回のように、落ち込むような嫌なこともあるけど、いつもいつも悪いことばっかりじゃないなと、思い直すことができました!逆に、色んな学年の子たちに、樹のことを知ってもらえるチャンスなのかもしれないと思いました。一見、わけのわからないことをしゃべったりしていて、ヘンな子と思われてしまっても、時間をかければ、樹の良さもわかってもらえるかもしれない。全員に、樹の全部を解ってもらうことは無理でも、本当に、何人かの人にでも、樹の一部分でもいいから、少しずつでも解ってもらえるようになれば嬉しいなと思いますし、樹の方も、今回のように、みんなと少しでも上手にかかわれるようになって行けたらいいなと思います。

そんなことを期待して、リスクもあるけど、やっぱりここに通わせることには、きっと大きな意味があると信じて、この制度をありがたく利用させていただこうと思います。

|
|

« 最後の保育所&療育 | トップページ | 明日から小学生 »

自閉症児育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の保育所&療育 | トップページ | 明日から小学生 »