« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »

7歳までにこんなに成長しました!

1月28日で7歳になりました。また今年も、この一年の成長を振り返ってみたいと思います。かなり長いです。まれに興味のある人はどうぞ読んでみて下さい。

①コミュニケーション

コミュニケーションの手段は、樹の側からは、クレーンであったり、(クレーンする時でも、ただクレーンするだけではなく、相手の目を見るようになりました。目で訴えるという感じです。)言葉を使うとしても単語レベルだったり、写真カードや絵カードを使ったりという感じではあるけれど、今までよりも、お互いのやり取りが成立するようになってきたな~と感じています。

要求してきたことに応えられなかった時も、泣きわめいたり、パニックしたりということも少なくなり、こちらが示した代替に応じて納得してくれたり、自分から代替を要求してくることも多くなりました。

かなり一方的ではありますが、自分の遊びに他人を巻き込もうとするようになりました。一人で遊ぶよりも、周りのお友達や大人と一緒に遊ぶ方が楽しいと思っているようです。

ごっこ遊びも楽しめるようになり、お友達と一緒に遊びが成立するようになりました。

②認知力

ひらがなに大変興味を持ち、あっという間に50音全部読めるようになりました。何も見ないで、50音表どおりに並べることができます。

ひらがなを、一文字一文字読めるようになってきました。絵カードを見て二文字くらいなら、「う」「し」とバラバラに読んだ後、「うし」と、まとめて読んで、うしとは何なのかもわかっているようです。

物を見ながら、物の名前を積極的に言うようになり、それを他人に向かって言うようになりました。かなり語彙が増えました。

生活の中で、自分の知っている言葉を適当に使えるようになりました。発音もかなりハッキリしてきています。

言葉も名詞だけではなく、動詞なども言えるようになり、自分の思いも単語ではありますが、言葉で伝えられるようになってきています。(かえる・かゆい・おいしそ~・いたい・だいじょうぶ?・たべる・たすけて~・あけて等)

模倣も、体の動作だけでなく、手や指の動きや、顔の表情や、言葉など、かなり細かい所までできるようになりました。手先もかなり器用になってきています。

字を書くことも、しようとする意欲があり、なぞり書きをしたり、自分でも覚えているようで、指で字をなぞったり、空書きしたりしていることもあります。手本を見なくても書ける字もあるようです。

数の概念は全然ですが、10桁のランダムに並んだ数字を丸暗記して読むなど、丸暗記の能力は驚異的だと思います。

ハサミ、のり、塗り絵などは、どのようにすればいいのかはわかるようになりましたが、そこからはあまり伸びず、かなり雑に済ませようとしています。

③生活自立

朝の身支度もスムーズに、ほとんど自分でできるようになりました。

顔が濡れるのがものすごく嫌いなので、洗うのはしてあげますが、ものすごく嫌がります。歯みがきは、一緒に歯ブラシを持って動かしてあげます。少しは自分でもゴシゴシと動かせますが、まだまだ一人ではできません。

服の着脱は自分でできますが、服を着るときに、服の前後はまだわかりませんが、「反対だよ~」と言うと、直すのに素直に応じます。ボタンは留めたり外したりできますが、かなり段違いです。靴下も一応一人で履けます。ズボンのホックは、自分でしようという意志はありますが、まだ一人ではできません。『手伝って』という意思表示をしてきます。ジャンバーのファスナーも同じです。でも、スキーウェアのズボンは一人ではけます。ズボンのポケットにハンカチを入れたり、ランドセルにお箸とお絞りを入れるのも、言葉がけだけでできたり、自分で気づいてする時もあります。一応靴も履けますが、足が入りにくい靴は手伝いが必要です。長靴のスパッツも手伝いが必要です。

学校まで歩いて5~10分ですが、一人で家を出ます。その時にゴミを持たせて、「ゴミをポイしてきてね」と言うと、途中のゴミステーションに捨ててくれます。後から私も追いかけます。国道の押しボタン式信号も、押して赤が青になったら渡ってもいいということは理解できて、渡ることができます。でも、小さな路地では、右左を見る習慣をつけるようにしていますが、安全確認はまだまだ不十分です。

食事は普通のお箸に、100均の介護用の器具をつけて食べています。普通のお箸だけだとやはり、そろえて使ってしまいます。毎日自分で炊飯ジャーからご飯をつぎ、食事が終わったら、自分の食器をシンクに下げることもできるようになりました。

トイレは、自分で行きたいときに行き、外などで行きたい時は、言葉で「トイレ」と言うこともできます。ウンチの後、トイレットペーパーで拭くこともできますが、拭き取りは不十分なので、頃合いを見計らってトイレに行き、仕上げ拭きをしています。ただ、いつまでも来てくれないときに、拭かずに、流さずに出てきてしまったり、いつまでも拭き続けてしまって、トイレがトイレットペーパーてんこ盛りになってしまったり、完全自立まではまだまだです。

お風呂はパパと入っていますが、呼ばれたらすぐにお風呂へ行き、自分で服を脱いで入ります。ママと入った時は、シャンプーや体を洗う練習もしていますが、パパはやってくれません。最後に浴槽に浸かっていて、出たくなったら「ええよ~」と教えてくれます。(パパがお風呂から樹を出す時に、いつも言っていた言葉を覚えて。)お風呂から出て、バスタオルで体を拭くのも、少しは上手に自分で拭けるようになってきました。

④社会性

日常は学校生活で、長期休みは児童クラブで過ごしています。(放課後も週2回行っています。)たくさんのお友達の中で生活することで、人とのかかわり方や、暗黙のルール等を学べていると思います。会話は通じなくても、空気を読んだり、通じる単語やジェスチャーで感じ取ることができるようになったと思います。お友達の行動をしっかりと見れるようになり、真似もできるようになり、自分の思いも表現できるようになり、そこから社会性が生まれてきていると思います。

また、お友達の方も、樹とのかかわり方を学び、樹を特別扱いしたりしなくても、ダメなことやイヤなことは、優しく言葉で伝えてあげればいいということや、樹の個性を認めることで、一緒に遊べるということに気づいたり、入学から何ヶ月か時間はかかりましたが、お互いに上手く付き合えるようになってきました。

一人自分勝手に行動するよりも、みんなと一緒に行動したいという意欲が見られます。児童クラブにいても、一人でいるということはなく、常にお友達の近くにいたいようです。スキー授業の時も、みんなの列に加わりたがって、同じようにしようとしていました。

一人で買い物体験をさせる、美容室で散髪する、外食するなど、社会的資源の利用を積極的にすることで、社会生活のスキルを身につけると同時に、地域の人に知ってもらい、応援してもらえるようにお願いし、樹が社会生活できる環境の拡大に努めています。

⑤時間

一日、一週間の生活のリズムがしっかりと身につき、パターンどおりに生活することについては、特に問題はないけれど、やはり、行事などでパターンが崩れた時に、対応することが難しい。

一週間のスケジュールは理解できているが、一ヶ月のスケジュールまでは理解できていないので、一週間以上続くことに対する変化(夏休みなどの長期休みから、学校生活に戻る時等)になかなか対応できず、夜泣きパニックがひどかったりする。それも徐々に治まり、一週間もすれば、いつも通りに戻ることができる。

「まって」に対しては、かなり待つことができるようになってきています。「あとで」は少し難しいかな?と思います。

次のスケジュールまで時間が空いている時に、待てない様子の時は、タイムタイマーを使っています。まだしっかりと理解まではしていませんが、待てば行けるということだけはわかっているようです。くり返し使っていきたいと思います。

⑥余暇

毎週週末は、外食、買い物、体を動かして遊べる公園や施設などに連れて行き、社会性を身につけると同時に、健康な体づくりや、ストレス発散できるようにし、暇を持て余して、適切な余暇の過ごし方がわからないということのないようにしたいと思っています。(自閉症児にとっては、余暇の過ごし方も、身につけさせるべきスキルの一つです。)

山登りや、山スキーなど、マイペースで取り組めて、楽しめるようなスポーツを季節に合わせて親子で楽しんでいます。

春から秋にかけては、月に一度の旅行にも行くようにしています。普段できない経験をさせたり、家族の思い出作りや、ストレス発散も兼ねています。

・・・かなり長くなってしまいましたが、こうやって振り返ってみると、まさに幼児から児童へと『激変』した一年だったと思います。樹がこの地域の中で、みんなに理解され、認められて生きて行けるように、お互いの歩み寄りが一歩ずつでも進められるように、私はその橋渡し役になりたいと思っています。これからも毎日の生活を、楽しく過ごして行けるように、努力していきたいと思います。

そして、いつも私達親子を支えてくださっている周囲の方々には、本当に感謝しています。私達親子は、たくさんの応援団に囲まれて、本当に幸せだな~と感じています。ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。

| | コメント (0)
|

7歳のバースディ

1月28日で、7歳になりました!それまでに、投稿したかった記事がどうしてもできあがりませんでしたので、今日はとりあえず、この前の日曜日にしたバースディパーティー(ってほど大げさなものでもなく、ケーキと樹の大好きな料理を作っただけですが・・・)の画像を載せたいと思います。

↓今から始めようってところで、パパに電話がかかってきて、待たされてシラーッとしているところ。

1_2

↓やっと電話が終わり、ロウソクに火をともして笑顔に!

2_2

↓ケーキを切ってますます笑顔に!

3_3 樹の大好きな料理ばかり作りました。作っている最中に覗きにきて、「おいしそ~!」と言って、楽しみにしていました。ケーキをデコレーションしている時もワクワクしていたようです。

プレゼントは、樹の好きそうな本を何冊か買ってきました。ポニョと、ちびまる子ちゃんと、ヤッターマンの本です。

ごちそうも、ケーキも、プレゼントもものすごく喜んでくれて、とっても誕生日に満足してくれたようなので、良かったです!

それと、この前家で課題をやっている時に、いつもは名前を、お手本を書いている上からなぞって書いていたのに、その日は、私がお手本を書き忘れてしまって、試しに何にも書いてないところに、「いつきって書いてごらん?」と聞くと、何のお手本も見ずに、一人で書けました!いつの間にか、覚えていたんですね!ホントすごいです!

4_3

| | コメント (2)
|

アルペンスキーに初挑戦!

お正月明けからやっとスキー場がオープンし、2日に早速、クロカンの5kmコースを一周してきました。去年までの山のコースは除雪してなかったけど行ってみました。除雪してなかったので、雪に埋もれて大変でしたが、何てことなく一周できました!

その次の週は、除雪してある方のコースに行きたがったので、そっちに行ってみました。そしたら、いきなり上手に滑れました!やっぱり除雪してある方が滑る方も楽しめて良かったようです。

その後、アルペンスキーにも初挑戦してみました。今までのシール付きの歩くスキーに慣れ切っていたせいで、歩くのが一苦労でしたが、坂を上るのも、ママが後ろからお尻を押したら何とか登れました。そして、滑ってみたら、ちゃんと自分なりにバランスを上手に取って、ススーッとまっすぐ滑ることができました!やっぱりクロカンをやっていたおかげで、バランスの取り方を体で覚えたようだ!自分でも上手に滑れるのが楽しいらしく、何回でも頑張って登りました!

次の週末も同じように、クロカンのコース一周と、アルペンの練習をしました。クロカンのコースは、やはり、平坦な登りが長く続くと、ダラダラと歩いてしまうようで、去年までの山のコースの方が、起伏に富んでいて、メリハリがあって良かったようです。やはり、少し強化のお菓子を使ったほうが、怒らなくて済むかもしれないと思いました。

そして、アルペンは、まっすぐ滑り降りることはできても、ハの字ができないと、止まったり、曲がったり、スピードコントロールができないので、前に立って、手でスキー板を持ってハの字を作ったり、曲がらせたりする練習をしてみました。そしたら、前に立つだけで、「なにすんだよ~」と怒り出すので、これもなかなか上手くいきません。樹にしてみたら、止まる必要性も、曲がる必要性も感じてないわけで、むしろまっすぐススーッと滑り降りたいようで、それをジャマされると思ってしまっているようです。それに、曲がらされる瞬間に少し不安定になるので、恐怖心もあるようで、よけいに「なにすんだよ~」となるんでしょうね(笑)

これはやはり、『ボーゲン君』しかないっ!!と思っているんですが、きっと、ボーゲン君を着けられる時にも「なにすんだよ~」となるんでしょうけどね(笑)

お友達がスイスイと上手に滑っていくのを、羨ましそうに眺めているので、きっと、自分もあんな風に上手に滑りたいと思っているんでしょうね。そのためにも、ハの字を習得しないといけないのに、なかなかそこが、健常児のようには上手く行かないですね。でも、横にあるフェンスに近づきそうになったら、微妙に自分でフェンスから離れて滑って行ったので、微妙な方向転換は、何となく体で習得できているのかもしれません。

これからも、毎週末は頑張りたい(そして楽しみたい)と思っています!

| | コメント (0)
|

2008年もたくさん成長しました!

年末は何かと忙しくて、ブログ更新できませんでした。去年のことになりますが、二学期も気づけばあっという間に終わってしまいました。

夏休み、児童クラブの毎日に慣れてしまった影響からか、新学期早々の勉強イヤイヤ病から始まって、学芸会に向けての特別日課によるストレスの日々。それでも何とか無難にやり遂げられた学芸会本番。通常日課に戻っての落ち着いた日々。冬休み直前は、学校のグラウンドでクロカンや雪遊びを楽しんだり、ひらがなに興味を持ち始めたり・・・二学期もたくさん成長してくれました!そして何より、一度も学校に行きたくないということもなく、毎日喜んで通ってくれたことが最高の幸せです!先生方やお友達に感謝です!

冬休み、また夏休みと同様に、町の特別支援相談員の先生についてもらって、児童クラブに通い始めました!午前10時まではお勉強の時間と決まっているんですが、学校でのお勉強と違って、やらされるという感覚ではなく、お友達と一緒に自習的にお勉強に取り組むという感じになるんですが、それもお友達の力も借りながら、楽しみながらやっているそうです。あっという間にひらがなカードを何も見ないで50音表の通りに並べられるようになり、ひらがなも50音ほとんどの読み方か、その文字が含まれた言葉も言えるようになりました!

さらに読むだけじゃなく、冬休み直前に学校で指なぞりカードをやらせてみたら、意欲的に取り組んだそうで、使うこともないと思っていた1年生の教科書を渡してみたら、自ら一文字一文字読んだり、指でなぞったりし始めました!そして、スイスイお絵かきのシートの周りにもひらがなが書いているので、それにも興味を持ったので広げておいたら、知らない間に水のペンではなくえんぴつで全部のひらがなをなぞり書きしていました!どうやら読むだけじゃなく書く意欲もあるようだ!

正月休みは退屈しているけど、以前よりも一人で勝手に遊んで何とか過ごせるようになりました!でも大晦日と元旦はずっと家にいて、そろそろ限界なので、今日は山スキーに連れて行こうかな~と思ってます!

| | コメント (4)
|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »