« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »

もう3学期…

2学期のことも冬休みのことも書く間もなく、3学期に突入してしまいました…coldsweats01時の経つのは早いです…coldsweats01

ここでちょっと振り返り…2学期の大きな行事と言えば、学芸会!ですが、今年も苦手な行事にもかかわらず、大きな成長を見せてくれました。

去年のよさこいはとても良かったが、今年は劇と器楽と合唱しかなく、どうなることかと思ったが、練習の時からやっぱり大変だったようで、今年は劇は無理かも…というくらい上手くいってなかったようだった。

児童公開日の劇の時は、舞台の隅の後ろの方に椅子を置いて、座ってずーっと本を読んでいただけだった。でも、劇に参加する意味も解らないので、舞台上に樹をとどめておくにはそれ以外方法がなかったようだ。そこまでしてみんなと一緒に参加させなければならないのか?とも思われそうだが、やはりみんなと一緒の舞台に上がることに意味があるのだろう…親としては、みんなに迷惑をかけるのなら、出なくてもいいとも思えるが、でもやはり、見に行って、我が子だけが出演していない劇を見るのも寂しいものがある。これだけは、統合教育の、一番難しい永遠のテーマなのかもしれない。

でも待ち時間とかはとても落ち着いていて、みんなと一緒にいるのが自然という感じがして、とても成長を感じた。歌や器楽の時も同じで、やはり去年も一昨年も経験しているので、するべきことはわかっているのだろう。

翌日、先生方の間で、「王様役の側で座っていると、観客に誤解を与えないか?」とか、「本を読むだけ、というのはどうか?」などの意見があり、少し修正を加えたらしく、本番は、樹は児童公開日と同じくただ座って本を読んでいるだけなのに、とても自然な形で劇の中に溶け込むことができていた。これなら見る人も樹の存在を不思議に思わなくて済む。ほんのちょっとした工夫をしただけだ。説明すると長くなるので、内容は省略するが、とりあえず上手くいったと言えるだろう。先生方も胸をなでおろしたに違いない。

そして、歌も器楽も、総練習の時は先生が側についていたけど、本番は一人で、樹が先頭で舞台に入ってきたが、自分の立ち位置でピタッと止まることができ、並んだ時、自分だけ少し前に出ていたのを、横に並んでいる友達を見て合わせたそうで、そういうところは本当に周囲を見るようになったなぁと思う。歌の時、ちょっと涙を拭いてたっぽかったが、やはりベソをかいてたそうで、目を真っ赤にして、鼻をすすってたそうだ。それでも最後まで、一人でちゃんとステージに立っていられたのは本当にすごいなぁと思った。

練習の時は嫌で仕方なかったのだろうが、ふざけたり逃げ出したりして上手くいかなかったとのことだが、やはり本番は、去年までの経験から、今日は頑張らないといけないとわかっているのか?泣いてでも逃げ出すことなく最後まで頑張ったので、そういうところは本当にすごいと思うし、これが成長なのかな~と思う。樹は何もわかっていないように見えて、周囲が思っている以上にわかっているので、本当に、大人の方が驚かされる。これも日々根気よく指導してくださっている先生方や、樹のことを理解してさりげなくサポートしてくれるお友達のおかげだと思って、心から感謝しています。

| | コメント (8)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »