小学校

小学校学芸会

10月は中耳炎を繰り返して参りました~earまだ完治していませんがとりあえず元気です!

10月といえば学芸会です。成長も見られましたが、ハプニングから本番でみんなに迷惑をかけてしまって、正直かなり落ち込みましたdown

当日の朝は、ちゃんとカレンダーで早くから『がくげいかい』と予告しておいたので、覚悟が決まっていたようで、何の問題もなく登校しました。

劇は、練習の時は衣装を着るのを嫌がったけど、本番ではちゃんと着て出てきたので良かったです。最初、主役の子の前に立ったり横切ったりしてヒヤヒヤしましたが、後は後ろの方をウロウロしだして、後半はずっとバック絵の裏に座って本を読んでました。出演するというよりは、通り過ぎるという感じでしょうか…(エキストラ?coldsweats01)出演するとか、役を演じるとかはわかってないと思うし、もしわかっていたとしてもやり方もわからないので仕方ないけど、なるべくみんなのジャマにならないようにとだけ祈っていました。まあ、毎年のことで、みんなには樹が出演するだけで迷惑をかけているけど、まだ無難に終わって良かったと思っています。

次は合唱でしたが、総練習の時はステージの端っこに先生と一緒に立っていました。嫌で仕方なくても、ちゃんと我慢して立っていました。でもその後の練習の時に、一番後列の段の上で、お友達に挟まれた場所に立ち位置を変更したそうです。その時も台を飛び下りて逃げたそうですが、例年本番に強い樹を信じて、一発勝負で行くことにしたようでしたが、当日は、衣装の首に巻いたバンダナが気に入らなかった様子で、一生懸命に外そうとしていたのですが、なかなか外れず、だんだんイライラしてきて、イライラがピークに達した時、前の子に八つ当たりして、頭をたたいてしまいました。前の子は、頭をたたかれても動じず、ちゃんと最後まで歌っていました。両隣の子達は、樹の様子が気になって気になって、イマイチ歌に集中できなかったようです。途中で声を上げて怒り出して、とうとう段から降りてしまいました。3、4年生の合唱はとても声が大きくて良かっただけに、残念な形で終わってしまいました。樹には罪はないけど、今日まで練習を繰り返し頑張ってきたお友達や、今日の日を楽しみにしてビデオカメラを向けていた親御さんたちに大変申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

でも、去年までの樹を見ていたら、どんなに嫌でも、本番は頑張らなくてはならないということが、樹なりにわかっているようでしたので、そのハプニングさえなければ、きっと最後まで立っていられたと信じたいです。でもそれは、あくまでも私たちの予想や希望であって、本番がどうなるかは誰にもわかりませんよね…樹を学芸会に出すということは、ある意味賭けのようなものです。

結果的にはこうなってしまったけれど、樹は樹なりに頑張っていたと思います。3、4年生全員に謝って歩きたい気持ちでしたが、とりあえず頭をたたいてしまった子や、隣の子にだけは謝りました。みんな揃って「気にしてないよ~」と言ってくださいました。正直その言葉に救われた気がしました。本当に、樹の周りには理解者がたくさんいてくれて、心からありがたく思っていますconfident

| | コメント (0)
|

1学期も終わりです

ごぶさたしています…coldsweats01早いものでもう夏休みです。おっきなネタだけでも…と思いつつ、全然ブログ更新にまでは至らない日々が続いております。

1学期の大きな行事と言えば、やはり運動会ですかね。今年度は樹にも変化があり、だんだん自我が芽生えてきたのか、やりたくないことは断固として拒否!だったそうで、あすなろ学級の活動と給食以外はALL拒否の状態で、運動会の練習も、ギャーギャー怒ったり、大泣きしたり、脱走したりで全然上手く行ってなかった様子でした。あまりにも拒否されるので、無理強いさせてストレスで二次障害でも引き起こしかねないということで、なかなか練習にも参加させることができなかったそうです。それに、自分の中で限界が来たら、先生の方を見ながら、わざとお友達のジャマをしに入ったり、お友達をたたいてしまったり…とにかく嫌だというアピールのためとは言え、困ったことになっていました。

その話を聞いて、総練習も覚悟を決めて見に行きましたが、去年までできていたことができなくなってしまったのは、やはり見ていて辛かったです。たぶん、できなくなったのではなく、やりたくないからやらなくなったという方が正解かもしれませんが…

運動会前日の夕方、明日は日曜日だけど学校だとわかっているので、ランドセルを用意し、イライラソワソワし始めました。でも、もしかしたら自分の中で覚悟が決まったのか?夜寝る前には思ったよりも落ち着いて、キゲン良く眠りについたし、夜泣きもしませんでした。以前まではそういう日は夜泣き(夜中に自分でも無意識のうちにパニックになってしまっている感じ)したりしていましたが、最近は夕方起きているうちにピークが来るのか?夜泣きはしなくなりました。その方が少しでも自分でコントロールできるのでいい気がします。

そして運動会当日、朝もキゲン良く起きてきたし、学校にも何の問題もなくスムーズに行ったので、もしかして…と思ったら、開会式、ラジオ体操、徒競走、団体種目の全てをちゃんとこなしました!本当はできるんだ!今まではしたくなかっただけで、やればできるんだ!この日は、抱きしめたくなるくらい愛おしかったですhappy02たぶん本番はやらなきゃいけないとわかっているのと、今日までに区切りをつけて自分なりに納得できたんだと思います。綱引きも、その前に転んでけがの手当てをしていたせいで遅れてきましたが、ちゃんと参加できました!

ところが、昼休みに家族とお弁当を食べてママと一緒に過ごしてしまったせいか、頑張る気持ちが途切れてしまったようで、午後はもう帰りたがって、ギャーギャーわめきはじめました。でも、総練習の時と違っていたのは、午後の種目も、ギャーギャーわめきながらでも、やることだけはさっさと済ませたり、最後のよさこいは大泣きおおわめき脱走モードなところを無理やり参加させた形になってしまいましたが、最後のポーズだけは「ギャー!」と叫びながらだけどちゃんととって、泣いて走ってママの座っている席の方に走ってきました。その姿を見て、観客席の人たちはどう思ったかわからないけど、もうそんなことは関係なかったです。思わず涙があふれてきて、辛くてもよく頑張ったと褒めてあげたい気持ちでいっぱいでしたweep

この日の樹は、本当によく頑張ったと思います。午前のやる気と、午後辛い中でも逃げ出さず最後までやり遂げたことに◎をあげたいです。そして、運動会本番まで、練習が嫌で荒れていた樹に根気よく付き合ってくださった先生方や、八つ当たりされても、樹のことを理解してちゃんと叱ってくれたりしたお友達にも心から感謝しています。

| | コメント (4)
|

もう3学期…

2学期のことも冬休みのことも書く間もなく、3学期に突入してしまいました…coldsweats01時の経つのは早いです…coldsweats01

ここでちょっと振り返り…2学期の大きな行事と言えば、学芸会!ですが、今年も苦手な行事にもかかわらず、大きな成長を見せてくれました。

去年のよさこいはとても良かったが、今年は劇と器楽と合唱しかなく、どうなることかと思ったが、練習の時からやっぱり大変だったようで、今年は劇は無理かも…というくらい上手くいってなかったようだった。

児童公開日の劇の時は、舞台の隅の後ろの方に椅子を置いて、座ってずーっと本を読んでいただけだった。でも、劇に参加する意味も解らないので、舞台上に樹をとどめておくにはそれ以外方法がなかったようだ。そこまでしてみんなと一緒に参加させなければならないのか?とも思われそうだが、やはりみんなと一緒の舞台に上がることに意味があるのだろう…親としては、みんなに迷惑をかけるのなら、出なくてもいいとも思えるが、でもやはり、見に行って、我が子だけが出演していない劇を見るのも寂しいものがある。これだけは、統合教育の、一番難しい永遠のテーマなのかもしれない。

でも待ち時間とかはとても落ち着いていて、みんなと一緒にいるのが自然という感じがして、とても成長を感じた。歌や器楽の時も同じで、やはり去年も一昨年も経験しているので、するべきことはわかっているのだろう。

翌日、先生方の間で、「王様役の側で座っていると、観客に誤解を与えないか?」とか、「本を読むだけ、というのはどうか?」などの意見があり、少し修正を加えたらしく、本番は、樹は児童公開日と同じくただ座って本を読んでいるだけなのに、とても自然な形で劇の中に溶け込むことができていた。これなら見る人も樹の存在を不思議に思わなくて済む。ほんのちょっとした工夫をしただけだ。説明すると長くなるので、内容は省略するが、とりあえず上手くいったと言えるだろう。先生方も胸をなでおろしたに違いない。

そして、歌も器楽も、総練習の時は先生が側についていたけど、本番は一人で、樹が先頭で舞台に入ってきたが、自分の立ち位置でピタッと止まることができ、並んだ時、自分だけ少し前に出ていたのを、横に並んでいる友達を見て合わせたそうで、そういうところは本当に周囲を見るようになったなぁと思う。歌の時、ちょっと涙を拭いてたっぽかったが、やはりベソをかいてたそうで、目を真っ赤にして、鼻をすすってたそうだ。それでも最後まで、一人でちゃんとステージに立っていられたのは本当にすごいなぁと思った。

練習の時は嫌で仕方なかったのだろうが、ふざけたり逃げ出したりして上手くいかなかったとのことだが、やはり本番は、去年までの経験から、今日は頑張らないといけないとわかっているのか?泣いてでも逃げ出すことなく最後まで頑張ったので、そういうところは本当にすごいと思うし、これが成長なのかな~と思う。樹は何もわかっていないように見えて、周囲が思っている以上にわかっているので、本当に、大人の方が驚かされる。これも日々根気よく指導してくださっている先生方や、樹のことを理解してさりげなくサポートしてくれるお友達のおかげだと思って、心から感謝しています。

| | コメント (8)
|

小学校運動会

今年の運動会は、去年とは正反対で超快晴の真夏日でしたsun

毎度のことですが、日曜登校ということで念のため後をつけて行くと、学校に着くまではスキップでさっさと行ったものの、着いたとたんに半ベソで逃げて帰ろうとしましたが、みんなが外で準備したりしていたせいか、泣きながらも何とか行きました。

ものすごく暑くて、朝からバテていたようで、ラジオ体操も応援合戦も総練習よりはやる気がなかったようだけど、去年は先生の操り人形状態だったのが、ちゃんと一人で立ってみんなとほぼ同じ動きができていました!ラジオ体操は、手を回しすぎ!というくらいグルグルまわしていましたが・・・coldsweats01

2本の棒に四角いソフトブロックを乗せて、4人が棒の一箇所ずつを持って、ブロックを落とさないように走るという団体競技では、先生の介助を受けることなく子どもたちだけで上手く走ってきたのでおかしいなと思ったら、樹のいるグループだけは、後ろの子が2本の棒をしっかり持って、樹は棒の端っこを持って付いてきているだけで笑ってしまいましたが、(どうりで落とさないでスムーズに走ってくるワケだcoldsweats01)それでもスタートからゴールまでしっかりと持って離すことなくみんなと一緒に競技に参加できていたので、本当にスゴイなぁと思いましたhappy01(てっきり先生が樹の手の上から一緒に棒を持ってあげて、一緒に走ると思っていたのでhappy01

綱引きは、綱を引くのではなく綱にまたがって乗り、終わったら綱を引っ張ってまっすぐに伸ばすのがこだわりのようで、自分たち(低学年)の出番が終わったら、次に高学年を座って見学することになっているのに、樹だけは綱引きをしている綱の端から端まで一気に走り抜けるのがこだわりになっているようで、それも止めることなく許されているようで、その姿がまるで応援しているようでしたhappy01

先生も、猛暑のせいもあったのか、いつもの氷のご褒美に加えて、奥の手のお気に入りのDVDを持って走らせたりしていましたが、それでも直前までは逃げたりしていても、いざ競技になると、やるべき時はちゃんとやっていたので、そういう所は本当にガマン強くなったなぁと思いましたhappy01

去年まではお弁当なしで昼までで帰っていたのに、今年からはお弁当を食べて午後も頑張らなくてはならず、昼に迎えに行って「お弁当riceballだよ」と言うと、もう家に帰れると思っていたようで、怒って逃げようとしていましたが、(朝お弁当を作っているときは嬉しそうに覘いていたクセに・・・coldsweats01)何とか気持ちを切り替えて、お弁当を食べて午後もダンスと競技を頑張りました。

初めて午後までだったにかかわらず、しかも猛暑の中、最後の閉会式までちゃんとやり遂げられたことは本当にすごいことです。小学校3年目にして、みんなと一緒に同じ行動をするという社会性がしっかり身についてきました。しかも先生の手をほとんど借りずに、一人でみんなのすることを真似てできることがかなり増えました。自分なりに運動会という行事をしっかり理解し、本当によく頑張っていたと思いますhappy01

| | コメント (0)
|

3年生になりました!

いやぁ~、あまりにも時が経ちすぎて、何を書けばよいのやら・・・coldsweats01

いつの間にか3年生になってるし!そろそろ世間から忘れ去られそうなので、投稿しようかなっと・・・coldsweats01

はっきり言って、家でパソコンに向かう時間全くありません・・・wobblyと言うよりも、仕事でパソコン漬けなので、パソコンに向かいたくないと言うのが本音ですcoldsweats02

もうそろそろブログも限界かなぁ・・・と思いつつも、まだ一年に何回かでも投稿しようかなっと思っていますので、樹のこと思い出してくれたときにでも、覘いてくれると幸いですhappy01

この冬も色々書きたいことは山盛りだったんですよhappy01相変わらず、元気いっぱいで学校に児童クラブに通い、休日は親子でスキーや買い物などを目いっぱい楽しんでおりましたhappy02

2年生で一番頑張ったことと言えば、皆勤賞だったことでしょうか?あれほどインフルエンザや胃腸炎が蔓延していたにもかかわらず、本当に素晴らしい!そして、週末スキーも皆勤賞!本当に有意義な冬でした。happy01

それともう一つとても嬉しかったことが・・・bearing去年まで条件付だった児童クラブに、今年度は正式に普通に入ることが出来ましたhappy02やっと認められたという嬉しい気持ちでいっぱいです!

去年までは、これも有難いことですが、教育委員会の相談員、支援員の先生が樹のサポートのために付いてくださっていて、そのおかげで周りのお友達や児童クラブの先生方との関係を上手く築くことができたと思っております。ただ、どうしても時間に制限があったり、スケジュールを合わせたり、急な予定変更もきかなかったりと、仕事をする上では非常に不都合もありました。

それが今年度からは、いつでも、時間を気にせずに預かってもらうことが出来るようになり、本当に助かっています。下校の練習もしたいので、今までどおり週に2~3回ですが、今では児童クラブの先生方にもすっかり慣れ、樹自身もとても落ち着いて過ごせるようになったし、周りのお友達のほうも、樹とどうかかわればいいのかもよく分かってくれているので、本当に楽しく通わせてもらっています。

上級生の女の子達は、お勉強の面倒を見てくれたり、お弁当の時に隣に座ってかいがいしくお世話を焼いてくれますhappy01遊びの時は、上級生も下級生もみんな一緒になって、かけっこやままごとやクライミングなどをして一緒に遊んでいます。最近一番嬉しかったことは、長縄跳びで行列しているとき、樹もみんなのマネをして一緒に並ぶんですが、今までは自分の番がきたら、飛べないからパーッと走って違う場所に行ってしまっていましたが、この前は、樹の番がきたら先生が、「いっくん!いっくん!」と応援してくれて、そしたらみんなも一緒に応援してくれて、横に振った縄を何回も飛んだそうで、その時は、樹もお友達もとても嬉しそうだったとのことでしたhappy01樹自身がみんなに加わって遊びたいという気持ちと、みんなも樹に遊びに加わってほしいという気持ちと、両方が育ってきているという感じですhappy01

保育所を卒園するとき、まだ何年も保育所に残りたいと思ったりしましたが、児童クラブは保育所の延長のようなところで、学校とはまた違った良さがあります。子どもたち同士の自然な触れ合いの中からたくさん学ぶことがありますし、樹の充実した生活には欠かせないものとなっています。本当に、子どもの放課後って大事ですね・・・

学校のほうも、3年生になってもあすなろ学級の担任の先生方は全く変わらず一安心!そして、日曜参観で学習の様子も見せてもらいましたが、先生方の創意工夫の凝らされたオリジナル教材がいっぱいで、いつの間にか養護学校や療育センターみたいになっていました!それぞれの子どもの特性に合わせて作ってくださっていて、子どもたちも、お勉強を嫌がったりするどころか、楽しんで取り組んでいたので、本当にすごいな~と思いました。

長くなってしまったので、今日はここら辺で終わりにします。とりあえず近況報告でした。今後とも、ごくたまにでも覘いてくださると幸いです。次はいつになることやら・・・coldsweats01

| | コメント (0)
|

学芸会もとっくに終わってます。

学芸会も10月18日に、とっくに終わってますが、毎日忙しくて、今頃の投稿になってしまいましたcoldsweats01

インフルエンザが流行りつつあり、学芸会ができるかどうかも微妙な状況でしたが、結局、4年生に一気に広がり、4年生抜きで学芸会が行われました。

月間カレンダーとひらがな、カタカナが読めるようになっているので、10月のカレンダーになってから、10月18日のところには、『がくげいかい』と書いてあり、その日に何かあるということは、すでになんとなくわかっているようでした。

それと、学校で学芸会の練習をしに体育館に行くときに、先生が「体育館で学芸会の練習をするよ」と言葉がけをしていたことで、『がくげいかい』という言葉の意味もなんとなくわかっていたようで、日曜日に学校に行くという、樹にとってもっとも嫌なことも、一応納得していたようで、学校に行く直前までは大丈夫だったんですが、いざ家を出たらやっぱり悲しくなったようで、泣き出しました。そうなることが予測できたので私もすぐに追いかけて一緒に行き、来るのが遅かったので先生も心配して家まで迎えに来てくれて、3人で一緒に行きました。

学校に着いてからはビデオを見たりして、徐々に落ちついて、本番までには機嫌も直ったそうです。2年生は、よさこいを踊るので、短い劇もやらせてもらえました。樹にとっては劇と歌と器楽はストレスでしかなかったんですが、舞台の上に自然体でいるだけの演技?でしたが、なんとか無難に終えることができました。

そしてよさこいは、初めて先生の操り人形ではなく、自分ひとりでみんなと一緒に並んで踊ることができましたhappy01総練習の時は、鳴子は持ちたがらなかったそうで、持ってなかったんですが、本番はちゃんと鳴子も持って、最初の「かまえ!」の掛け声に合わせてしっかりポーズをとり、ちゃんと歌に合わせて踊り始めました。そして、1番の歌が終わったら、走って場所移動があるんですが、なんとそれも先生のサポートが全くなくても、お友達に走って着いて行き、ちゃんと定位置について2番の歌に合わせて踊り始めました。なんだか信じられなかったです。しかも、全く隣のお友達の踊りを見ないでも、ちゃんと踊りが合っていたので、もしかして踊りも覚えているのかな?と思って後から先生に聞いたら、練習の段階で、よさこいの踊りのお手本のDVDをみんなと一緒に観ていたようで、その時もじーっと観るわけでもなく、ウロウロしながら時々チラッと見る程度だったらしいけど、どうやらそれでしっかり覚えてしまっていたようです。

劇や音楽はビミョーな感じだったので、本当によさこいがあってラッキーでしたcoldsweats01

1組の担任は、1組のみんなに「樹さんは舞台に上がることが目標」と話してくれていたそうです。そして、あすなろ学級の担任は、時間をかけて、みんなが練習している姿や、よさこいのDVDなどを『観る』ことから始め、無理強いすることなく、自分から参加しようという気持ちになるのを待ってくれたそうです。きっと私なら、待つことができず、無理やり参加させようとしていたことでしょう。さすが先生です。本当に尊敬しますconfident

学年が上がるにつれてだんだん劇の内容も高度になっていくので、正直言って、これから先が不安でもありますが、今年は本当に上手く行ったと思います。本当に、周囲のお友達や先生方の理解と、担任の先生方の熱意と根気のおかげだと思っています。本当に感謝していますhappy02

| | コメント (0)
|

小学校2回めの運動会

いやぁ~ 、久々の投稿です。実は前回、一度記事を書いたにもかかわらず、パソコンの容量がいっぱい過ぎて、完全に固まってしまい、書いた記事全部消えてしまいました・・・cryingそろそろパソコンも買い替え時ですかね~weep色々ネタはありますが、今日は運動会のことを書きたいと思います。

去年は本人にとって、辛いだけの行事というイメージが強かった運動会でしたが、今年はさすが2回目ということもあり、本人も楽しめたようでした!当日はあいにく開会式から雨が振り出して、途中から体育館に移動しての運動会となり、全種目できなかったために、後日できなかった種目を中心に、外でも実施しました。

樹の中では日曜日=休日(どこか楽しい所に遊びに連れて行ってもらえる)と決まっているので、日曜日に学校に行くということが嫌で、自分で勝手に日曜日と月曜日のスケジュールを変えて抵抗していましたが、泣く泣く学校に行きました。実は2年生になってからもうすでに一人で学校に行っているんですが、学校まで行ったものの、やっぱり引き返して帰ろうとしていた所を幸い先生に発見され、学校まで連れ戻されていましたcoldsweats02(私も心配ではあったんですが、自分の支度が全然できてなくて、一人で行かせてしまいましたcoldsweats01一応お姉ちゃんに見届けてもらったら、信号を渡ってちゃんと行ったと言うので、油断してましたcoldsweats02)

それでも機嫌を取り戻し、雨の中の開会式もちゃんと先生と、みんなと一緒に並んでいましたし、去年は嫌で仕方がなかったダンスも、今年はみんなと一緒に並んで、ニコニコして楽しそうに参加できていました!覚えた踊りは自ら踊っていましたし、玉入れなどの競技もやる気マンマンで参加していました!

後日実施された外での運動会も、ダンスも徒競走も、ニコニコして楽しそうに参加できたし、綱引きも、綱を引く時は一人でちゃんとみんなに加わっていて、本当に成長を実感できました!最も苦手とする長い待ち時間も、先生が、小さく砕いた氷を待てたご褒美にあげたりと工夫してくださって、何とか最後まで持ちこたえました。何だか集団行動をする辛さなんて感じさせませんでした!

ルールを守った上で楽しめるという力は、社会で生きていく人にとって必要な力だと思います。本当に少しずつですが、その力も身につけてきているなぁと感じましたhappy01何度も言うけれど、これも、周囲のお友達の理解や、先生方が日々根気よく指導してくださっているおかげだなぁとつくづく感じております。本当に感謝していますhappy01

| | コメント (2)
|

いつの間にか2年生です!

ずいぶん長い間サボってましたcoldsweats01年度末で、仕事に明け暮れる毎日で・・・とてもじゃないけど、家でパソコンに向かう気にはなれませんでした。まだまだ今月いっぱいは忙しい日々が続きますが、今日は少しパソコンに向かう気になったので、投稿しておきます。タダでさえほとんど誰も見ていないのに、ここまでサボったら、誰も読まなくなっていると思うけど・・・coldsweats01

1年生もあっという間に終わりました。特に3学期は早かったですね~。入学前は本当に、養護学校でなく、地元の小学校で上手くやって行けるのか?とても不安だったけど、樹にとっては大きすぎて難しそうなこの環境の中でも、ちゃんとたくさんのことを吸収して学ぶことができました!もちろん、上手く行かなかったことも多々あったけど、ここでしか得られないことがたくさんあったので、ここを選んで、本当に良かったなと思います。これも、周囲の方々の理解と支援、そして、樹自身のがんばりがあったおかげだと思います!

春休みはまた、児童クラブにお弁当を持って毎日通いました!前回の冬休みからそんなに期間も開いてなかったせいか、とても楽しく毎日を過ごすことができました。これも、町の福祉課や教育委員会の協力があって実現できたことで、とても感謝しています。

そして新学期・・・冬休みが終わって3学期が始まる時は、前日から熱を出したり、新学期が始まってからも夜泣きが続いたりしましたが、今回は全然大丈夫でした!春休み自体も短かったせいもあるかもしれませんが、学年が変わって教室が変わったことも、以外にスムーズだったようです。これは成長したと見ていいんでしょうか?

担任の先生方も全く変わらず、校長先生だけが変わって、校長室に入ってどう思うのか?わかりませんが、あれほど校長室のソファーに我が物顔でくつろいで座っていた児童も、樹くらいでしょうね・・・coldsweats01前校長先生にはとてもお世話になって、これまた感謝しています。何はともあれ、恐れていたよりも、平穏無事な2年生のスタートを切ることができましたhappy01

最近悪ガキモード炸裂で、嬉しいような困ったような・・・coldsweats02これも成長している証拠なんですが・・・ともかく、これからの成長を楽しみにしたいと思います。

| | コメント (8)
|

2008年もたくさん成長しました!

年末は何かと忙しくて、ブログ更新できませんでした。去年のことになりますが、二学期も気づけばあっという間に終わってしまいました。

夏休み、児童クラブの毎日に慣れてしまった影響からか、新学期早々の勉強イヤイヤ病から始まって、学芸会に向けての特別日課によるストレスの日々。それでも何とか無難にやり遂げられた学芸会本番。通常日課に戻っての落ち着いた日々。冬休み直前は、学校のグラウンドでクロカンや雪遊びを楽しんだり、ひらがなに興味を持ち始めたり・・・二学期もたくさん成長してくれました!そして何より、一度も学校に行きたくないということもなく、毎日喜んで通ってくれたことが最高の幸せです!先生方やお友達に感謝です!

冬休み、また夏休みと同様に、町の特別支援相談員の先生についてもらって、児童クラブに通い始めました!午前10時まではお勉強の時間と決まっているんですが、学校でのお勉強と違って、やらされるという感覚ではなく、お友達と一緒に自習的にお勉強に取り組むという感じになるんですが、それもお友達の力も借りながら、楽しみながらやっているそうです。あっという間にひらがなカードを何も見ないで50音表の通りに並べられるようになり、ひらがなも50音ほとんどの読み方か、その文字が含まれた言葉も言えるようになりました!

さらに読むだけじゃなく、冬休み直前に学校で指なぞりカードをやらせてみたら、意欲的に取り組んだそうで、使うこともないと思っていた1年生の教科書を渡してみたら、自ら一文字一文字読んだり、指でなぞったりし始めました!そして、スイスイお絵かきのシートの周りにもひらがなが書いているので、それにも興味を持ったので広げておいたら、知らない間に水のペンではなくえんぴつで全部のひらがなをなぞり書きしていました!どうやら読むだけじゃなく書く意欲もあるようだ!

正月休みは退屈しているけど、以前よりも一人で勝手に遊んで何とか過ごせるようになりました!でも大晦日と元旦はずっと家にいて、そろそろ限界なので、今日は山スキーに連れて行こうかな~と思ってます!

| | コメント (4)
|

DVDから広がる世界

最近、色々な面が一気に伸びているな~と感じているんですが、その中でも、言語面やコミュニケーション面がすごく伸びてきたと思います。

小学校で、お勉強を頑張ったご褒美として、色々なDVDを見せてもらっていて、そこからどんどん世界が広がっていくな~と感じています。

最初は『ぽこよ』というDVDで、その中でゴルフをやってるシーンがあったのをきっかけに、パークゴルフ場に行った時や、テレビで石川遼クンがゴルフをやっているのまで注目して見るようになったり、100均で300円で買ってきたゴルフのおもちゃで、そのシーンをマネして遊んだり・・・

その次は、『リトルアインシュタイン』を見て、今までどおり、歌やセリフを覚えて言うのはもちろんのこと、動作まで鏡の前で真似するようになり、さらには、パパやママや先生にも同じように真似するように指図してきて、遊びに一緒に参加させられるようになりました。これって、一方的ではあるにしても、誰かと一緒に楽しみを共有するというか、ごっこ遊びというか、コミュニケーションの第一歩だと思うんですが・・・

そして次は、DVDの名前はわからないけど、ひらがなのDVDで、これもまた歌や物の名前などを覚えて言ったりするのはもちろんのことで、さらに、看板や本の表紙に書いてあるひらがなを、一文字一文字指差しながら読み始めました!わからない字は適当に言っていたけど、ちゃんと当たっている字もあり、今までは、『くつ』『のり』などと、まとめて覚えて読んでいたのが、そのDVDのおかげで、一文字一文字バラバラでも読めるということに気づいてきたのかもしれない。これはすごい変化だ!

そしてさらに翌日、いつも使っている写真カードの下に書いてあるひらがなも、一つ一つ指差して読もうとしていた!やはり合っているのもあり、読めないのもあるが、教えてあげたらその通りに読むし、やっぱり一つ一つバラバラで読めることに気づいたようだ!字は一生読めるようにはならないだろうとあきらめていたのに、これはスゴイ進歩だ~!

DVDの中の世界が、言葉や文字、そしてごっこ遊びやコミュニケーションまで、どんどん広がって、実生活に役立ってきています。樹にとってこれらのDVDはまさに教科書というか、参考書のようなものなんだなぁと思います。それほど樹にとっては楽しくてわかりやすく、実はものすごく優れた教材なんだなぁと思います。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧