自閉症児育児

リフトに乗れるようになりました!

10歳の誕生日も過ぎ、冬も終わりに近づき、ずいぶん長い間放置してしまいました…coldsweats01

何から書こうかと迷ってしまいますが、この冬一番頑張ったことといえば、ゲレンデスキーのリフトの挑戦ですね。

下川のリフトというのが、普通の座って乗るタイプではなく、ロープに腰当てのバーがぶら下がっているだけのもので、動いているロープにつかまって、自分で腰当てを手で取って腰に当て、立ったままで上まで上がっていくという、大人でも難しいものなんです。そのリフトに、先シーズンの終わりから挑戦し始めました。

そして今シーズンもチャレンジし始めましたが、ロープにつかまることはできるのですが、自分でバーを腰に当てるということができないので、そこを理解させるために、友達が上手に乗るところを動画に撮らせてもらって、それを繰り返し見せたり、家で自家製のリフトの模型を作って(洗濯ロープに、針金ハンガーを変形させたものをバーの代わりにし、布ガムテープでぐるぐる巻きにしてくっつけたというお粗末なものですcoldsweats01)毎日練習しました。その模型だとちゃんとできるんですが、現地に行くとどうしてもできなくて困っていたところに、他の人がすごい裏技を使って、子どもにリフトを教えているのを見ましたcoldsweats02その裏技というのが、子どもがロープにつかまったすぐ後ろに大人がつかまって、バーを持って子どもがバーを手で取る手助けをし、自分はその後ロープにつかまったまま次のバーのところまで下がって腰に当てて乗るというもので、説明だけではわかりにくいと思いますが、もしかしたらこれができれば、樹も自分の手でバーを取って腰に当てるという感覚がつかめて、乗れるようになるかもしれないと思いました。でも私自身がゲレンデスキー初心者なので、その裏技をする自信がなかったんですね。でも、やってできないことはない!と思って、トライしてみたところ、3回目で成功しました!その方法を繰り返してみましたが、やはり一人で乗せるとどうしても自分でバーを取ることができない。というより、怖くてロープから両手を離せないという感じでした。

これは週一の練習では足りないと思い、平日の放課後も行ってみたりしましたが、2月も終わりに近づいてきて、今シーズン中に乗れるようになるのが目標だったんだけど、もしかしたら樹には無理なのかもしれない…ハの字の習得でさえ4年生までかかったのに、高望みしすぎだったのかも…と完全にあきらめたその日に、とうとう自分でロープから右手を離して、バーをつかんで腰に当てることができました!!その光景が夢みたいで、もう嬉しくて、感動して感激して、笑いと涙が止まりませんでしたhappy02やっぱり理屈ではわかっていたけど、ロープから手を離す、ほんのちょっとの勇気を出すだけのことだったようですweepリフトのおじさんも、樹が来るたびにわざわざ出てきてくれて、「いっくんがんばりなよ~!」と応援してくれてて、初めて乗れた瞬間には一緒に喜んでくれました。本当に、周りの人たちがいつも温かく応援してくれて、幸せな気持ちになりましたconfident

滑る方も、今シーズンの初めにはまだハの字ができなかったのですが、徐々にハの字を理解し始め、だんだん、曲がったり止まったりできるようになってきて、そのうちに曲がりながら滑って降りてこれるようになりました!今シーズンのゲレンデスキーの成長は劇的でしたね!

山スキーの方も、今年はダラダラ歩くこともなく、ガンガン私についてくるようになり、毎週末一番長いコースを歩いてきました。思えば私も樹も今シーズンすごい脚力がつきました!今年も正月から毎週末皆勤賞でした!しかも去年までは山スキーかゲレンデスキーのどちらかしかやってなかったのに、今シーズンは、山スキーで1時間歩いてきた後、ゲレンデの練習もするというのを毎週末ですからすごいです!この冬は、スキーのおかげで、冬が早く終わらないかな~なんて思う暇もないくらい、充実していて楽しかったですhappy02

山スキーは昨日行ったら、雪がザクザクでスキーに張り付いて、歩くのも滑るのも大変だったので、もう終わりにしようと思いますが、今年は雪が多いので、ゲレンデの方はまだ来週も行くつもりです。昨日は、リフトに乗れるようになったからか、自分から「帰る」と言わなかったです!それでももう一回か二回くらいまでしか行けないかな?もう春ですもんね…cherryblossom

| | コメント (3)
|

9歳のバースディ♪

もうとっくに誕生日は過ぎてますが、1月28日で9歳になりました!

Sany0141_2

う~ん…もうこのシーンも、他人が見て可愛いと言うにはちょっと無理がある年齢になってしまいましたcoldsweats01

すっかり(外見は)お兄ちゃん、という感じですね~happy01

でも中身はまだまだ3歳児クラスなんです。家族にとってはとても可愛いんですよlovely

誕生日前日、仕事が暇になったので、早めに家に帰って、シフォンケーキを焼いておきました。カレンダーに、『いつきくんの9さいのたんじょうび』と書いているのを1月に入ってから毎日のように読み上げ、その日が来るのを心待ちにしていたので、前日にケーキがあるのが気になって仕方ない様子。

誕生日当日、晩ご飯を作る前からソワソワしすぎて、半分パニック状態で泣きそうだったので、気が紛れるだろうと思って、先にプレゼントの本を渡したら、何とか気がそれたので良かった!ひと月近くもこの日を待ち続けてきたので、待ちきれなかったんでしょう。

やっと料理とバースディケーキができて、待望の儀式が…birthday

やはり今年も「ハッピバースディぎゅうにゅう~note」でしたcoldsweats01完全に牛乳が正しい歌詞だと思ってしまっていますcoldsweats01ロウソクの火を消す時も、「フーsign01フーsign01」と声に出しながら一生懸命消していました。

いつの間にか、誕生日を楽しみにできるようになりました!

この一年で、やはり認知力、言語能力、コミュニケーション能力がまた一段と伸びましたね。特に、こちらの言っている言葉がかなり通じるようになったと思います。なんとなく通じているときもあれば、二つの要素を同時に伝えたときも、かなり理解できています。例えば、「どこそこ(場所)の何々(物)を取ってきて」とか、「誰々(人の名前)に何々(動作)してきて」とかも、確実とまではいきませんが、結構できるようになりました。

自分から伝えたい時も、言葉であれば、単語だけでなく、二語文?というか、丸暗記した文章を自分なりに応用して使ったり、言葉が出てこない時は、カードを使うように促しています。でもやっぱりクレーンや人を引っ張って行ったり、指さしも多いですね。とにかく手段は何でもいいので、自分の思いを伝えられるということが大事だと思っています。

あと、ひらがな、カタカナをかなりスラスラと読めるようになったのと、言葉の意味もかなり理解できているので、今まで主流だった、写真カードや絵カードではなく、字で書いただけでかなり理解できるようになり、文字のみの手順書が大活躍しています。スケジュールのみならず、トイレや着替えや外出時の支度などは手順書を見て、自分一人でできるようになりました。

そして、この前の児童相談所の巡回児童相談の時に色々アドバイスをいただいたのをきっかけに、自分一人でできることを増やしていくことに力を注いでいます。お風呂で体を洗う練習、トイレで一人で処理して出てくる練習、一人で着替えて支度をして学校に行く練習等々…この何か月でかなり自立度が上がりました。

今後は、将来の就労に向けて、お手伝いなど、家族の一員としての仕事を少しずつ考えていきたいと思っています。この最近では、お姉ちゃんが志望校に受かったら、寮に入ることになるので、ずっとお姉ちゃんがしてきた布団敷きをする人がいなくなるので、樹に伝授しようと考えていたようで、やらせてみたらあっけなくできたそうで、それを樹の仕事にしていけたらと考えています。

本当に子どもの成長は早いものですね…confident嬉しい反面、いつの間にか小さい頃の樹じゃなくなって、将来のことも考える年齢になってしまって、寂しい気もしますねweepでも、時は決して止まりません。これからも、日々起こる問題を解決しつつ、毎日楽しんで生きたいと思います。

| | コメント (2)
|

黒岳登山

あまりにも時が経ちすぎて、何から書けば良いのやら…coldsweats01って感じですが、とりあえず、最近の中でも大きなイベントの話題から書いていこうと思います。

小学校1年の時から、やまびこ少年団のみんなと一緒に山登りにトライしてきましたが、今年度は残念なことに、やまびこ少年団の入団希望者がいなくなり、やむなく休団?となってしまいました。去年山頂近くでパニックになった時、それを乗り越えられたのも、一緒に登っていたお友達や先生方の存在がとても大きかったので、さて今年はどうするか?と悩んで、町民登山会に参加しようか?とも思いましたが、大人のペースについていけなくて迷惑かかるかな~?と思い、2人で行こうと思っていたところに、ちょうどいいタイミングで、うちの両親が遊びに来るということになり、4人で行くことになりました。

最近は、すっかり月間カレンダーが理解できるようになり、もう、写真カードの週間スケジュールも必要がなくなりました。それに、ひらがな、カタカナが読めるようになり、初めての場所や出来事以外は、カレンダーに文字のみを書き込んだだけでよくなりました。初めて、またはめったに行かない場所に行ったり、初めての経験をする場合のみ、画像と文字をセットにした、その日一日のスケジュールをパソコンで作って、行く前に見せるようにしています。それで大抵は理解できるようになりました。一時、何度か経験していたり、慣れていることなら、スケジュールなしでも言葉で言っただけで理解できるようになっていたので、スケジュールをおろそかにしていた時期がありましたが、そんな時に限って、ハプニングが起こってパニックになったりしたので、改めて最近、スケジュールの大切さを再認識しているところです。

今回も、山登りは2年連続で経験していますが、黒岳自体は初めてなので、簡単にスケジュールを作って前夜に見せ、カレンダーの方には文字のみで、『やまのぼり』と書きました。どうやらそれだけで理解できたようで、嬉しそうにスケジュールを眺めながら寝ました。この、前日の予告のおかげで、早朝5時前に寝ているところをむりやり着替えさせても、パニックになることはなく、ちゃんとトイレに行ってから車に乗り込みました。

予告通りのロープウェイもリフトも喜んで乗って、山登りもドンドン登って行きました。山頂近くで少し疲れてきて、時々休んだり、2回ほど転んで軽くわめいたりしていましたが、水を一口ずつもらいながら頑張りました。途中、霧雨でどうなることかと思ったけど、そんなに濡れるのも気にならなかったし、山頂から先は霧も晴れて紅葉と景色が最高でした。

Sany0003 Sany0007 Sany0019 Sany0025 Sany0029

山頂までは励ましながら頑張りましたが、そこから一度軽く下って、尾根沿いの雲ノ平という道を歩いて御鉢平というところまで行きましたが、何の問題もなくドンドン歩いていきました。途中樹がリスを見つけて、「リス!」と言い、次に私も見つけて、2回も見ることができました。

Sany0033_2 Sany0041

下りも去年と違って何の手助けも必要なく、とても楽でした。思えば上の子とも毎年山登りに行ってましたが、2年生の時と3年生の時では、たった1年なのに体の成長や体力がついたおかげで、全然違っていたことを思い出しました。驚いたことに樹の場合も全く同じでした。下りの時は、『どうすればケガをしなくてすむか?』ということを考えながら下りていたのですごいと思いました。最初はハイペースで下りていましたが、途中疲れたのかため息をついて、そこからはゆっくり、でも一歩一歩自力で下り切りました。途中であきらめたら、家に帰れないということが分かっているんですね。ゴールは最強の強化子ですからね。たぶん6時間くらい歩き続けましたが、常にうちの両親を引き離して歩いては、ポイントポイントで待っている間に休息できたので、そんなに疲れないで済んだのではないかと思います。

登りの時に、何度か手をつなごうとしたり、私の足の上に乗って、操り人形のようにして助けてもらおうとしてきましたが、狭い登山道でそんなことはできないし、私も自分が上るだけで精一杯で助けられないので、言葉だけで励ましながら、一人で登るように言いました。そしたら一人でちゃんと登るんですよね。普段の生活の中でも、似たようなシーンはたくさんあります。一人でできることにも、必要以上に手を貸しすぎていないか?と改めて反省させられました。これから先、樹にも、親から離れて一人で歩いて行かなければならない時がきます。その時に、当然何らかのサポートを受けながらも、しっかりと一人で歩いて行けるような忍耐力をつけておきたいと思います。

じいちゃん、ばあちゃんと一緒に行ったこともいい思い出になりましたが、今回で自信がつきました。行くまでは、山登りは楽しいけれど、体力的にはとてもキツイので、精神力のない樹にとって、本当に楽しめるのかが不安でしたが、体力的にも何の問題もなかったし、なんといってもとても楽しそうに歩いてくれたので、それが一番嬉しかったし、来年はもう2人でも大丈夫だと思いました。来年は旭岳にトライするぞ~と今から考えていますhappy01

| | コメント (4)
|

8歳になりました!

もうとっくに誕生日は過ぎてますが、日々の生活は仕事と家事に追われて寝る時間を確保するので精一杯、土日は平日できない家事と子どもを外に遊びに連れて行くので精一杯で、なかなか家でパソコンに向かえないでいました。

やっと投稿できますhappy01早いもので8歳になりました!

2010_02071as0007

一年一年、グングンと伸びて行ってくれてます!

この一年で、一言で言えば、認知力、言語能力、コミュニケーション能力がものすごく伸びました!

一年に一度しかない行事も、毎年経験を繰り返すことと、目に見える形、本人に理解できる形でスケジュールを提示することの二つがリンクして、今では樹なりに理解できるようになりました!

スケジュールを取り入れ始めたときは、一日に一つの写真カードの提示から始め、それが午前と午後に進化し、一週間に進化し、今では月間カレンダーにひらがな・カタカナで簡単な予定を書き込むだけで理解できるまでになりました。

その月間カレンダーの書き込みを見て、自分で金曜日学校から帰ってきてから、来週一週間分のスケジュールどおりの写真カードを準備しておいて、日曜日の朝に一気に貼り出しています。

誕生日もカレンダーに『いつきくんのおたんじょうび』と書き込んでおいたので、普段使わない写真カードの箱から、『いつきくん』『たんじょうび』のカードを出してきて準備していました。

誕生日の前日にケーキを焼いていたら、何のために焼いているのかわかっているので、とても嬉しそう!

当日は、料理を作っている間中ソワソワし、ケーキを覗き込んでは、「あっ!いつきくんのおたんじょうび!」と言ってとても楽しみにしている様子happy01

やっと料理とケーキが出来上がり、ケーキのロウソクに火をつけたら、思いっきり手拍子をしながら「ハッピバースディ~ぎゅうにゅう~♪」と歌い…coldsweats01「フーして!」と言うと、思いっきりケーキにツバを飛ばしてロウソクの火を消し…coldsweats01

どうやら、この儀式=誕生日だと思っているようですcoldsweats01

プレゼントはやっと思い切って買った『くもんのことば絵じてん』と、あわてて100均で買ってきたバースディカードでしたが、なぜかこのカードがとても気に入った様子!ことば絵じてんも、字が読めるようになっているので、今の樹にピッタリの本で、毎日めくっています!

2010_02071as0011_2 2010_02071as0010_3 2010_02071as0009_3

今までは、誕生日当日ではなく、ゆっくり準備できる週末にこの誕生日の儀式をしていましたが、カレンダーが読めるようになって、ある意味ごまかしがきかなくなってしまったので、頑張って平日にケーキを焼いたりして大変でしたが、こんなに喜んでくれたので、頑張ったかいがありました!

一年一年、改めて成長が実感できる誕生日ですが、これからも、樹が幸せと感じながら、日々の生活を過ごして行けるように、応援して行きたいと思っていますhappy01

| | コメント (0)
|

月間スケジュールが理解できるようになりました!

今さらながら、シルバーウィークに山登りに行った日のことです。いつも日曜の朝は、一週間分のスケジュールをいつものパターンどおりに、樹が自分で勝手に貼ってしまうんですが、その日は早朝から週間スケジュールを見せる暇もなく出かけたので、(山登りの写真カードだけは見せましたが)きっと帰ってスケジュールを見せたらまた、明日からの平日も学校が休みで怒るんだろうな~と帰りのバスの中でちょっと気持ちが重~くなっていました。

家に帰って慌しく夕飯の支度をしていたら、樹が自分でスケジュールを貼っていたので覗いてみたらなんと、下に貼ってある月間カレンダーに、『がっこう』『じどうクラブ』『やすみ』などと字だけで書いてあるスケジュールを見て、その通りに週間スケジュールの方に写真カードを貼っていました!

私がビックリして、「あれっ、いっくん!」と言ったら、樹が「すご~い!」と言いました。きっとママに言われるであろうセリフを自分で言いました!それ以来、毎週下のカレンダーを見て、書いてあるとおりに、自分で週間スケジュールに写真カードを貼っています。

これで、一週間以上先の見通しもつけられるようになりそうです!

| | コメント (0)
|

赤岳山頂初制覇!

シルバーウィークの日曜日、今年も山びこ少年団で山登りに行ってきました。去年も赤岳登山にチャレンジしましたが、一年生は、途中のコマクサ平という所で引き返しました。今年こそはみんなで山頂を目指してチャレンジしました。

2009_09231as0003_2 2009_09231as0007_2

正直、去年コマクサ平まで楽勝だったから、赤岳山頂くらい、簡単に制覇できるとなめてかかってました。だけど、コマクサ平から先の山頂までの道のりは、想像以上にキツく、周りの大人たちでさえ、「あとどれくらい?」と聞いてくるほど途方に暮れる感じに襲われるのに、『今日は山頂目指して頑張ろう!』という目標など全くわからないままに、ただ周りのみんなが歩き続けているから自分も歩いているだけの樹が平然と歩いていられるわけがありません。先の見えない不安に襲われて、何度か軽いパニック状態になり、わざと力を抜いて人に頼ろうとしたり、わざとツバを吐いたり、転んで「ギャー、イタイー、やめて~」と言って、ママをたたいてきたり・・・

私も、何度も簡単に登っている山だったけど、いつもよりも樹の分の荷物も入っているのでとても重かったのと、一人で歩くのと違って、樹をサポートしながら歩くということで、いつもの何倍も疲労して大変でした。最後のパニック状態の時は、一緒に行ってくださった若い先生が、手を貸してくれたり、励ましてくれたりして、かなり樹をサポートしてくださって、何とかみんなと一緒に山頂まで登り切りました!

2009_09231as0020

2009_09231as0015 2009_09231as0016

やっと、樹と一緒に山登りするという夢がかないました。みんなと一緒だったからこそ、制覇できたと思っています。周りのお友達や、サポートしてくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

2009_09231as0027 2009_09231as0029

ただ・・・下りも結構大変で、樹に手を貸すのに私は疲れ果てました(笑)樹がおなかにいる時も登ったことがありますが、こんなに大変だった赤岳登山は初めてです(笑)でも、みんなケガもせずに(トイレも無事で)、辛くて大変な思いをしても頑張って、素晴らしい紅葉の絶景に感動し、無事下山できたことは、本当に、樹にとってもみんなにとっても、素晴らしい経験と思い出になったと思います。みんなのパワーに感謝です!

| | コメント (2)
|

普通のお箸が使えるようになりました。

とうとう!普通のお箸が使えるようになりましたhappy02

最初は幼児センターの頃から、エジソンのお箸から始まって、次にコンビの補助付きお箸に進化し、(コンビのお箸は、だんだん補助を外していける仕組み)小学校では、100均の介護用のグッズを普通のお箸に付けて使っていましたが、二学期に入ってから、その補助も外して練習し始めました。

2本のお箸がバラバラでも、今まで補助を付けて使っていたので、しっかり持つことができ、ずれてきたら自分でテーブルにトントンとして揃えていました。最初は2本を揃えて、かき込むようにして食べていましたが、挟んで食べるように、ちょっと手助けしてあげたら、少しずつ挟めるようになっていきました。滑りやすいものだと、挟み続けるのが難しかったり、器の底の方だと取りにくいため、左手で食べてしまったりもしていましたが、だんだん挟むのも上手になっていき、納豆ご飯のような、粒の小さいものでも、少しお箸を広げた状態をキープしつつかき込むという感じになり、そのうちに、ご飯でも挟むようにしてすくって食べれるようになりました。

学校は割り箸なので、これも練習しておけば、外食の時も困らないので、家で試しに使ってみたら、長くて使いづらいのかな~?と思ったら、子供用のお箸とほとんど変わらないくらい上手に食べれました!

これで、どこへ行っても困ることはありません。こんな日がくるなんて、本当に嬉しいですhappy02

それ以外でも、ハサミで切るのもかなり雑に切っているように見えるのに、ほとんどまっすぐに切れているし、鉛筆でひらがなのなぞり書きをしても、かなり正確に書けるようになってきています。以前は、窓に指でひらがなを書いたときよりも、鉛筆で書いたときの方が乱雑で読みづらかったので、鉛筆という道具の使いこなしもかなり上達していると思うし、字の形もより正確に認識して記憶できているんだと思います。

全般的に、急速に手先が器用になってきているな~と感じていますhappy01

| | コメント (0)
|

一人で買い物練習中

マクドナルドで一人で買い物シートなる物を作ってみました。「kaimono.doc」をダウンロード

実際に使ってみたところ、結構上手く行きました!

マクドナルドでは、質問されたことに対して、自分で選んで答えていかなければ買い物できません。

いつも質問されることは決まっているし、いつも買うものもだいたい決まっているので、それを一枚のシートにまとめてみました。

ポテトとコーンを選ぶ時に、「ポテトとコーンどっち?」と聞くように書いていたら、言葉だけで聞いてきたので、答えられませんでした。指差ししながら聞いてもらえるように修整が必要とわかりました。

それと、最後に「ご注文は以上でよろしいでしょうか?」と聞いてきたので、『注文は以上です。』という項目も付け加えなければならないことがわかりました。

でもまだ、お金を出すとか、お釣りを受け取ってしまうという行動は、こちら側にも介助が必要です。これは小学校卒業までにできるようになるというくらいの目標で、できなければ中学校というくらいの気持ちで、気長に練習して行きたいと思っています。

さらに、テーブルに運んで、手を洗って、コーンのフタを開けたり、スプーンやストローの袋を破って開けて出すといった行為も、手助けしなくても一人で出来るように練習中です。終わったらゴミ箱に捨てて、テーブルを拭いて、手を洗っておしまいです。

マクドナルドで一人で買い物するにも、かなりのスキルを必要としますね。さらには、ロッテリアやモスバーガー等、店が違えば、また手順が変わってきます。一人で余暇を楽しむということも、本当に難しいことです。でもそんなことが出来る日を目指して、練習していきたいと思っています。

| | コメント (0)
|

もう二学期です!

もうとっくに夏休みが過ぎ、新学期が始まっています。とうとう夏の間にブログを一度も投稿することができませんでしたcryingもう誰も読んでくれそうにもありませんが、やっと書く気がしてきたので書きます(笑)

夏休みに入る前に、スケジュールが『がっこう』から『じどうクラブ』『おべんとう』に変わったことで、かなり怒ってましたが、いつもと変わったことがイヤなだけで、児童クラブは大好きなので、行ってしまえば全然大丈夫でした。やっぱり、自閉症児にとって、毎日通える場所があるということは、幸せなことですね!ありがたいことです。毎日のお弁当はかなりキツかったけど、毎朝嬉しそうにお弁当チェックをしてくれて、毎日キレイに完食してきてくれることがなによりの励みになりますねhappy01学校よりも児童クラブの方が、生活の場なので、お友達と同じようにしたがるんですね。本当に、みんなと一緒になじんでますし、みんなと一緒にお勉強したり、遊んだり、お弁当を食べたりすることが楽しいようですhappy01

休日は、山びこ少年団でキャンプに行ったことと、家族で道東の旅をしたことが大きなイベントでした。

山びこ少年団のキャンプも、雨の予報で場所はおうるになりましたが、結局あまり降らなかったので、みんなでたくさん遊んだり、焼肉を食べたり、本当に楽しかったです!テントを建てた後、男の子達のテントが二つあって、どっちで寝ようかと迷っていたら、同級生たちが、「いっくんはこっちのテント!」と言ってくれたのが心から嬉しかったですhappy02結局、夜テントの中で、みんなで先生の恐い話を聞いて恐くなってしまい、おうるの二階で、しかもお母さんと一緒じゃないと寝れないと言って、お母さん達と男の子達一緒の部屋で寝ました(笑)ホント、まだまだみんなもカワイイですlovely

道東の旅は、今年こそは二泊三日で、やっと念願の霧多布湿原に行ってきました!9年ぶりです。いっくんはまだ産まれてなく、お姉ちゃんが5歳の時に行って以来です。あいにくの雨で迷いましたが、思い切って行ってみたら、絶景とまではいきませんでしたが、思ったよりも結構景色も見えたし、雨も霧雨程度で、傘を差すほどでもなかったので、本当に行って良かったです。霧多布~根室~知床と周ってきました。ホント北海道は広いですcoldsweats02ひたすら走った三日間でしたが、本当に良かったです!サイコーにいい思い出になりましたhappy02

駆け足で一気に書いてしまいましたcoldsweats01読む人がイヤになる書き方ですねcoldsweats01新学期、スケジュールが『じどうクラブ』から『がっこう』に変わるほうは、恐れていたよりも全然大丈夫でした!去年は激しい夜泣きが2~3日続いたことを考えると、ものすごく成長したなと思います。

せっかく毎日楽しく通い始めたのに、早くも町で新型インフルエンザが流行し始めました。この先どうなるのか、本当に恐いですねdespair

| | コメント (4)
|

最近の成長色々

以前に書いた記事が消えてなかったので、投稿したいと思います。

樹の成長に伴って、嬉しいこともたくさんあるけれど、その反面、たくさんの問題にも日々悩まされ、素直にブログを更新する気分になれないでいました。それでも、そういう樹に真正面からぶつかって、支援してくださる方々がいる限り、私がしょげているわけにはいかないんですよね。

成長に伴う問題の多くは、やはり体が大きくなってきて、今まで世間で許されていたこともだんだん許されなくなってきたということです。そろそろ私一人で連れ歩くのにも限界を感じてきました。それでも助けてもらえない私は、失敗を成長のチャンスと考えて乗り越えて行くしかないと思っています。

その反面、嬉しい成長が多々あり、その成長に励まされて今日も頑張れると思っています。

語彙が増えたり、ひらがなが読めるようになったことで、言葉でのコミュニケーションもかなり広がりました。最近はカタカナも一文字ずつではありますが、読めるようになりました。そして、コミュニケーションの基本である、共同注視と呼べるような行動も増えています。

課題の時、今までは絵カードでお勉強を進めていましたが、最近ひらがな表記でもOKになりました。ひらがなは、縦書きだと読めるけど、横書きだと反対から読んだり、バラバラに読もうとするので、横書きの読みの練習にもなるし、ひらがなを読んだだけですることの内容がイメージできるという訓練にもなるし、これが身についていれば絶対将来に役立つと思います。

小学校という社会の中でも、樹なりに少しずつではありますが、1年かけて色々なことが身についてきていますね。本当に少しずつですよね。そう考えると樹に励まされますよね。私も樹を見習って、少しずつでいいから、頑張っていきたいと思っています。

| | コメント (2)
|

より以前の記事一覧