かたつむりの会

かたつむりの会にⅠゼミが参加

昨日、かたつむりの会の例会に、名寄大学の先生と、学生さんたち8名が、母親達の話を聞いてみたいということで、参加されました。

かたつむりの会の子どもたちは、障害の種類や重さもそれぞれ全然違うので、なかなか一つの障害の勉強を突き詰めていくということは難しいんですが、それぞれの母親の話の中で、パニック時の対応の仕方についての話題が出てきました。驚くことに、その対処法というのが、応用行動分析学(ABA)の技法そのものなんですね。特にきちんと学んだわけでもないのに、暗中模索の中で、長年の子育ての試行錯誤の末に、行き着いたところはそれだったというわけです。(もちろん、講演会等で先生の言われた言葉をヒントにしたり、勉強してないという意味ではありません。)

「それだから、本を読んで勉強しても、その通りには行かないから、本を読んで勉強するよりも、実際に子どもを見て、やり方を見つけて行く方が良くて、本を読んで学んでもあまり意味がない。」という意見がありました。(もちろん、本を読んで勉強したことがないというわけではないし、ただ、本の通りにやれば上手く行くと勘違いしないで欲しいという意味だったとは思いますが、その言葉をそのまま学生さんたちが受け止めてしまったら・・・と心配して、あえて否定させてもらいました。)

でも私はそれは違うと思います。確かに本には、その子だけに合った方法は残念ながら載っていません。でも、その子に合ったやり方を見つけていくためにも、絶対に、障害の特性や、その対処法等の一般論を、学んでおく必要があるのです。

そして、親は、時間をかけて、一生をかけて子育てをして行くのだから、そういうやり方でも通用するかもしれません。でも、実際に子どもたちにかかわる先生方はどうでしょうか?四月から新学期がスタートし、早ければ一年で子どもとのかかわりが終わってしまうわけです。そんな短い期間で子どもとかかわっていくのに、試行錯誤をしている暇があるでしょうか?そういう先生方こそ、本を読んで勉強してある程度の知識を得ておくということが、その子どもを理解していく為の一番の近道であるように思います。

そして、自分の子どもとかかわっていただく先生に、自分の子どもに対しての正しい対処法等を伝えてお願いしていく為にも、まずは誰よりも先に親が、きちんと勉強しておく必要があるのだと思います。

でも、残念ながら、“○○学”という言われ方をすれば、尻込みしてしまう親御さんたちの方が多いのが事実だと思います。そして、この地域では、そういった学問を知る場所が実際にないのも事実です。私が通っていた療育センターでも、自閉症に対する療育法に、全く一貫性はなく、それぞれの先生の考え方によって異なっていました。自閉症の専門機関でもないし、きっとまだ、日本全体がそうなので、難しい問題だとは思いますが、親達にとって、療育センターに行けばそのアドバイスがもらえるならどれだけ良かっただろうなぁ・・・と思います。

そういう私も、日頃の子育てをしながらの勉強(本を読む)ですから、ものすご~く時間がかかっているんですけどねcoldsweats01そしてまた、本の選び方もものすごく大事なんですね。平気で間違った情報が氾濫していますから。正しい情報を判断できる目を養わないといけませんね。

私の一番のおすすめサイトは、やはりそらパパブログですhappy01私は、ネットの世界で、そらパパさんとの出会いがあって、ここまで変われました。みなさんもぜひ読んでみて下さい。

| | コメント (2)
|

アイスキャンドル&スキー

日曜日は、かたつむりの会の新年会でした。昼間集まって、ご飯を食べたり、ゲームをしたりして過ごしましたが、それが終わって家に帰ったら、まだ3時で早かったし、新年会だけでは不完全燃焼だったので、三連休で月曜日も休みだし、夕方暗くなってから、アイスキャンドルパーク(万里の長城)に行ってきました。

行ったらまだ早すぎて、アイスキャンドルがついていなかったので、ウロウロして時間つぶししていたら、うどんが売っていて、早速欲しがったので、家に帰ったらご飯もあるけど、せっかくなので一杯だけ買って、二人で半分こして食べました。すっかり買い食いを覚えてしまった・・・(笑)遊牧喫茶(ゲル)に入ってくつろいだりしているうちに、やっとアイスキャンドルがついたので、少し歩いて帰りました。

↓ゲルの中・アイスキャンドルパーク(画像がうまく撮れてないけど)

2008_021010014 2008_021010016

月曜日は、歩くスキーに行きました。今回は、初めから楽しむ心構えで行ったので、全然怒ることなく行けて良かった!しかも、一つ目の坂は、立ったまま自分なりにバランスを取って、一度も転ぶことなく滑ってきた!二つ目の坂は、一番キツイので、途中までは立てるわけがないので、何とか転びながらでも下りてくればいいと思って下で待ってたら、途中からはまた、立って滑ることができた!本人も嬉しそうな顔をしていた!

でも、その後は、疲れて足にきたようで、歩くのもダラダラ、一番急な最後の下り坂もズタズタに転びまくりながら下りてきて、でも何とか頑張れたので良かった!

| | コメント (0)
|

クリスマス

土曜日は、旭川のLD親の会『ぷりずむの会』から、クリスマス会のお誘いをいただいたので、かたつむりの会で、またまたバスに乗って、障害者福祉センター“おぴった”に行ってきました。

ぷりずむの会の子どもたち(小~中学生)が作ってくれた、軽食やデザートをいただいて、ビンゴゲーム等をして、かたつむりとぷりずむの交流会という感じでした。樹には難しいゲームばかりなので、やっぱりほとんど参加せず、一人でウロウロが多かった。なんとなく、公立の小学校に進んだ後も、きっとこういう状況に陥りがちになるのかもしれないなと思い、やっぱり養護学校なんだよな~と、思わぬところで思い出してしまいました。ぷりずむの会の子たちは、軽度発達障害(つまり知的障害がない)なので、なんだか、上の子たちが楽しむために行ったような感じでした。

日曜日は、昼はジンジャーマンクッキー作りをして、夜は家でクリスマスをしました。去年と同じなので、特に説明はしませんが、ダッチオーブンを薪ストーブの上にのせて作る、スタッフドチキンの画像を載せておきます。(ちょっとリアルですが・・・)

2005_012510001 2005_012510003

いや~、今月は行事三昧で疲れました~。でも、今の時期は、雪が積もってしまって、遠出もドライブも車中泊のビンボー旅行にも行けないし、かと言ってスキーをするにもまだ早いので、行事がたくさんあって、良かったのかもしれません。

27日から、雪のない実家に、3年ぶりに帰ってきますので、しばらくブログはお休みします。たぶんこれが今年最後の投稿になると思います。それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (2)
|

かたつむりの会・バスハイク

土曜日は、かたつむりの会のバスハイクで、旭川に行きました。まず、旭川市障害者福祉センターおぴったの見学に行きました。さすが都会は、総合福祉センターじゃなくて、障害者だけの福祉センターがあるんだなぁと感心しました。

その後、その隣にある、旭川市科学館サイパルに行きました。常設展示室に入ってすぐに、大きなピタゴラ装置があり、去年来た時と同様に、一番にそこにハマってしまいました。かなり長い間遊んでいましたが、ちゃんと自分の入れた玉を最後まで目で追って、出口まで行ったら、すぐに取りに走ってはまた入れてと、一つのものにきちんと注目できていて、格段に遊び方が成長しているなと思いました。

きっと今日はここで終わるんだろうと思っていたら、結構長時間いたせいか、他の所にも興味を示したので、自分がシャボン玉の中に入って、中から吹いてシャボン玉を膨らませる装置の中にも入ったり、人が膨らませるのを見て喜んだり、そういった所も成長したなぁと思いました。

前回は、プラネタリウムも入って、恐がって蚊の泣くような小さな泣き声で、ベソをかいていましたが、今回は予約もしていなかったし、どうやら樹は恐くて好きではないようなので、入りませんでした。パンフレットを見たら、色々な番組が選べたようで、前回は、小学校高学年~大人向けの、一般番組という、40分もある番組を知らずに見ていたようで、いきなり初挑戦にしては、ハードルの高いものを見せてしまっていたようです。でも、二本立てになっており、後半の番組は、たまたま七夕物語のアニメだったので、まだ良かったようです。

他には、なかよしタイムという、幼児~小学校低学年向けの20分の番組や、ドームシアターという、小学生~大人向けのドーム映画というのもあったようで、これはきっと、樹には迫力があって、無理だとは思うけど、私はぜひ今度、このドームシアターを見てみたいなぁと思いました。

すっかり雪も積もってしまったので、なかなか遠くに遊びに行けなくなってしまったので、とても嬉しかったです!

| | コメント (0)
|

今週末は風邪でダウン・・・

金曜日は、年長さんになってはじめての参観日でした。

最初は、母の日のカード作りで、カーネーションの花のパーツを、のりでカードに貼り付ける作業でしたが、樹は同じ形の物を見ると、一列に並べたくなる習性があるので、机の上にきれいに一列に並べていました。それをのりでカードに貼るように先生に言われて、せっかくきれいに並べたものを崩されて怒ってましたが・・・(笑)何とか出来上がり、それまで隠れて見ていたのですが、できたカードを渡しに来たのでバレてしまいましたが、私を見つけて嬉しそうな顔をして渡してくれました!

次はホールでイス取りゲームでしたが、樹には意味は解ってませんが、みんなに混じって楽しそうでした。座るイスのない人は、呼んでくれたお友達の膝の上に座るというルールになっていて、自分から「いつき~!」と呼んでくれるお友達もいましたが、なかなか呼んでくれない時は、先生から声かけしてくれたりしていました。周りのお友達にとって樹は、話しかけてもやり取りが成立しないので、特にかかわりを持とうとはしてくれないことが多いので、こういう遊びを通して、触れ合うきっかけができるということは、本当に嬉しいことです。

年長さんになった当初の話は、聞いただけで実際にはこの目で見ていないので、推測ですが、4月当初よりは、落ち着いて過ごせているんじゃないかなぁ?と思いました。

夜は、『かたつむりの会』の総会と懇親会があり、会員の家族もみんな参加していて、たくさん子どもたちが来ていたので、大喜びで遊びまくりでした!

それで疲れたせいか、土曜日は熱を出してしまいました・・・思い出してみれば、夕方ちょっと咳をしていたような・・・?でも、夜は食欲もあって元気だったのに、朝から具合が悪くて、一日水分も取れなかったので、救急病院に連れて行きました。結局風邪薬をもらってきただけで済みましたが、夕方少し元気になったので、りんごのすりおろしを少し食べさせてから風邪薬を飲ませたら、薬が効いたのか、すぐに眠り始めて、朝方「おちゅば~ん」(おちゃ)の連発で(飲ませたのは水ですが)やっと水分が取れました!でも朝少し食べた後、薬を飲んだらまた寝てしまって、昼も何にも食べずに、今もず~っと眠りっぱなしです・・・今おでこを触ったら、どうやら熱は下がってきているような気がしますが・・・眠り病なのでしょうか?(笑)樹が寝ていたら、静まり返って我が家じゃないみたいで寂しいですね・・・早く元気になってよ~!そしたらまた、たくさん公園に遊びに行こうね!!

| | コメント (5)
|

『かたつむりの会』と『めだかの会』の交流

この前紹介した『かたつむりの会』と、“障害児の親の会”の先輩である『めだかの会』とで、初めての交流会を開きました。『めだかの会』で借りている、“サポートハウスめだか”にお邪魔して、まずは、一人ひとり順番に自己紹介をしました。

『めだかの会』のお子さん達は、この前も紹介したとおり、もうすでに成人されており、小さい頃、我が子に障害があることに気づいた時の事から始まって、20~21歳に至るまでの長い道のりの事、そして今現在は、施設で生活していたり、通所している事などを、お話しして下さいました。

そのお話しを聞いていて思ったことは、『めだかの会』のお母さん方は、どのお母さんもとても明るくて、もの凄いパワーを感じました。きっと、同じ悩みを持つ親同士で励ましあいながら、たくさんの試練を乗り越えてこられたからこそ、今の笑顔があるのかな?と思いました。

どのお母さんも、共通して言っていた言葉があります。「この子に障害があることで、悩みや苦労もたくさんあったけど、それ以上に、たくさんの人との素晴らしい出会いがありました。この子のおかげで、たくさんの宝物を得ることができました。」というようなことです。私もこの言葉には、もの凄く共感できました。今の私と同じような思いを持ちながら、お子さんを成人するまで育て上げてこられた先輩方とお話ができて、とても嬉しくて、私も今までのことを夢中で話しました。特に成人式の写真を見せてもらった時は、思わず「めんこ~い!」と言ってしまいました。何か、樹の将来の姿と重ね合わせながら、その写真を眺めていました。今まで、あまり将来の事は考えたことがなかったけど、私も早く樹のこんなスーツ姿が見てみたい!という気持ちになりました。

とにかく、『めだかの会』のお母さん方の、あの明るい笑顔を見ていたら、何だか将来に希望が持てたというか、将来が楽しみになってきました。私も樹が成人式を迎える頃、同じような笑顔で我が子を見守っていたい・・・これからも、『かたつむりの会』のメンバーと励ましあいながら、樹がくれた大切な宝物である、たくさんの人との素晴らしい出会いを大切にしていきたいと思いました。

『めだかの会』のみなさん、また今度、“交流会”を開いてください。その時を楽しみにしています!

| | コメント (0)
|

『かたつむりの会』

“下川軽度発達障害『かたつむりの会』2005”とは、下川町で、発達障害を持っている子どもの親たち(6家族)が、2005年5月に設立した会で、軽度発達障害(LD、ADHD、自閉症、広汎性発達障害など)についての学習を行い、学校や行政機関を含む地域社会への理解を深め、協力を得ることを目的に活動しています。

樹の場合は、『軽度』=(知的発達の遅れを伴わないもの)ではありませんが、今のところ、地元の小学校に通わせたいという考えを持っているので、一緒に活動させてもらっています。

それぞれ、持っている障害も、年齢も(4歳~小6)違いますが、抱えている悩みや、地域社会に対する要望などは同じで、共に悩みを分かち合いながら活動していく事が、強い心の支えにもなっています。

主な活動は、毎月一回の例会(第一木曜日)と、発達障害についての勉強会や、講演会などです。去年は、北海道大学教授の田中康雄先生を招いて、講演会を開催することができました。地元の町民の皆様や、教育関係者、さらに行政機関の方々にも、発達障害について知ってもらえる良い機会になったと思います。

この場を借りてのお願いです。この会の目的に賛同して頂ける賛助会員をただいま募集しています。何口からでも結構です。連絡をお待ちしています。(賛助会員費、一口、500円)

| | コメント (0)
|