自然食

バレンタインデー

今日は、樹とは関係ない話ですが、この前テレビで、野菜を使った洋菓子がでていて、ゴボウの入ったガトーショコラが紹介されていたので、「あっ、バレンタインにこれ作ろう!」と思って、私はチョコレートは食べないので、ココアのシフォンケーキにゴボウを入れて作ろうかな?と思ってました。(もちろん自分も食べることが大前提!笑)テレビでゴボウ入りのケーキを食べた感想は、「ゴボウがナッツみたい!」とのことでした。

そしたら、バレンタインの前日に、お姉ちゃんがお菓子を作ると言うので、家のキッチンは狭すぎて、二人で同時に違うお菓子なんて作れないので、お姉ちゃんのお菓子作りが優先になりました。

とりあえずゴボウだけ下ごしらえしておこうと思い、テレビでは詳しい作り方は言わなかったので、太めのゴボウ半分を、皮付きのまま、適当に小さく切って、軽く水にさらしてアク抜きし、かぶるくらいの水で、塩一つまみと、てんさい糖(無漂白)小さじ1を入れて、水分が完全になくなるまでゆでました。このまま食べてみると、ゴボウって、シャキシャキして甘くておいしい!ナッツと言うよりは何かのドライフルーツみたい!いつもキンピラや煮物でしっかり味が付いてるので気付かなかった~!

バレンタイン当日は、私はパンを焼く日だったので、シフォンケーキまでは作る時間がないと思い、予定変更して、ナチュラルスウィーツのブラウニーを作ることに。もちろんゴボウ入りで!名付けて『ゴボーショコラ』です!

生地の材料は、【南部地粉、ココアパウダー、キャロブパウダー、山芋のすりおろし、エキストラバージンオリーブオイル、豆乳、レーズン】で、フィリングが、【ゴボウ、自然塩、てんさい糖(無漂白)】で、トッピングが【ピーカンナッツ、くるみ】です。まるで、おかずでしょ?

ちなみに、生地には砂糖は一切入ってないけど、レーズンが刻んで入っているので、信じられないかもしれないけど、充分甘いです。

決め手は南部地粉で、この小麦粉はそれ自体に旨みがあり、ノンシュガー・ノンエッグ・ノーミルク・ノーケミカルのナチュラルスウィーツでも、充分に味わい深くておいしいお菓子になります。同じ国産小麦でも、江別製粉のチホク小麦では、全く味気のないおいしくないものになってしまいます。(こちらはシフォンケーキなど、普通のふんわりさせたいお菓子向けです)地粉というところがポイントなのです。本当は、地粉全粒粉を1/3くらい入れるともっと旨みが濃くておいしいのですが、残念ながら最近簡単には手に入らなくなってしまいました。

ココアを切らしてしまって足りなかったので、キャロブ(イナゴマメのさやを乾燥させて粉末にしたもので、カフェインを含まないココアの代用品で、それだけで充分甘味があります)を半分入れました。

山芋のすりおろしを入れると、ベーキングパウダーや卵を入れなくても、ふんわりとした食感になります。本当は菜種油で作るんだけど、切らしていたのでオリーブオイルで。と、適当に何でもありなのが、ナチュラルスウィーツの魅力でもあります。ゴボウも全く違和感なく、ドライフルーツが入っている感じでした!2007_021410001 2007_021410002 2007_021410003 2007_021410004

ちなみに、お姉ちゃんが作ったのは、プレーンマフィンと、チョコチップマフィンで、こっちはちゃんとバターや卵を使ってます!学校から帰って、「6個ももらってきた!」と自慢してました!(もちろん全部女の子から)最近では“友チョコ”の方が流行ってるらしく、男の子達はさみしそうにしているとのことです(笑)2007_021410007 2007_021410006

| | コメント (8)
|

自家製天然酵母のパン

今日は、前回に引き続き、自家製天然酵母のパン作りを紹介します!

まず、家の自家製天然酵母、“フラワーちゃん”を紹介します。樹が生後5ヵ月の時、離乳食を作る時に、市販のパンには添加物が入っているので、パンから手作りすることにしました。その時からずっと継いで使っています。いつも、感謝の気持ちを込めて、「いつもありがとう!」と話しかけています。

2006_091810003

この、“フラワーちゃん”は眠っているので、ご飯(全粒粉・水)を2回に分けてあげて、起こしてあげます。そして、3回目に、本生地作りです。生地がこね上がったら、その時にまた次の“フラワーちゃん”を取って、冷蔵庫で眠ってもらいます。それを繰り返していくわけです。後は、出来上がった生地を、1次発酵、分割、成形、2次発酵、焼き上げの手順で作っていきます。

“レーズン食パン”

2006_091810006 2006_091810009 2006_091810010 2006_091810018 2006_091810019

“カンパーニュ”

2006_091810005 2006_091810011 2006_091810012 2006_091810013 2006_091810014 2006_091810016 2006_091810017

2006_091810020_1

毎週1回、2kgの道産小麦(はるゆたか・はるゆたか全粒粉)をこねて、作っています。

| | コメント (2)
|

トマトソース1年分

今日は、樹の話とは関係ないですが、夏の終わりにトマトソース(1年分)を作りました!週1回、自家製天然酵母のパンを焼いている他に、月1回程度、ピザも焼いています。その時に使うトマトソースです。材料は、下川町の“及川さんのフルーツトマト”と、ニンニク、オリーブオイル、自然塩のみです。合計12kgのフルーツトマトを使い、3回に分けて作り、小分けにして冷凍してあります。

このトマトソースを一度食べたら、他のものは食べられないほどサイコーです!2006_082710001 2006_082710003 2006_082710005 2006_082710007 2006_082710009 2006_082710011

4kgのフルーツトマト(1箱)で、大なべ1回分です。鍋いっぱいのトマトが、半分まで煮詰まったら出来上がりです!

ちなみに、出来上がりのピザ2種類“マルゲリータ”“のりしょうゆ”と、イタリアのパン“グリッシーニ”です。全てのパン生地に、玄米雑穀が入ってます!

2006_081910048_1 2006_081910049_1 2006_081910050_1

 

| | コメント (2)
|