PECSトレーニング

なよろ健康の森

土曜日は、“なよろ健康の森”と、“サンピラーパーク”を写真カードで選ばせたら、なよろ健康の森を選んだので、行ってきました!

そらパパさんに習って、毎週末一回は必ず、昼ごはんを外で食べることにしました。社会性を身に付けるためには、外食もできるようになって行く必要があるからです。それに、メニューの写真カードも増やして、ある程度自分でも選べるようにしたりして行こうと思っています。今回は、フードコートで食べました。

その後、なよろ健康の森に着いて、「トイレは大丈夫?」と聞いたら、トイレに向かってまっしぐらで走っていきました。春先に来たっきり、 今年はサンピラーパークばかりに行っていたので、そうとう久しぶりだったのに、トイレの場所も覚えていたんだ!スゴイ!その後、公園に行くのかと思ったら、木のおもちゃがある、トムテと言う建物の方に入って行き、今まで興味を持たなかった、ままごとをしたり、小さい木のおもちゃを並べたりして遊びました。ままごとも、大好きなアニメの中で、クッキングコーナーがあるので、単にそれを真似しているだけですが・・・でも、家でもご飯を作っていたら、包丁で切るのとか、炒めるのとかをやりたがるので、実体験にもつながっているので、きっかけがアニメでも、別に問題ないことだと思います。

その後、外の公園でしばらく遊んだら、自分から健康の森の遊歩道の方へ入って行きました。そういえば、春に来た時にも遊歩道を歩いて散策したので、これも覚えてたんだなぁ・・・と思った。これまた、上り坂や階段も、どんどん走っていくので、ママは全然追いつけず・・・先週大雪を登ってきた人とは思えん!まさか二週続けて山歩きとは・・・などと思いながら、必死でついて行き、一時間くらい歩き続けました!やっぱり私の遺伝子を受け継いでいる・・・(笑)

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

今日は私は公園に行くだけのつもりだったので、思わぬところで山歩きできて、嬉しかった!

先週の土と月は違う公園に行って、写真カードを新たに二つ作ったので、今日行った所も含めて、新たな選択肢がまた増えて嬉しいです!でも、雪が降るまでのあとちょっとの間だけど・・・寒くてもがんばって連れて行くぞぉー!

| | コメント (2)
|

シュークリーム作戦大成功!

恐れていたゴールデンウィーク明けの保育所も、全然嫌がることなく、と言うよりもむしろ、行く気満々だったようだ!先生も、「ほとんどいつも通り過ごせました。」と、言って下さいました!(いつも通り独り言のオンパレードだったんだと思いますが・・・笑)やっぱり一年経験しているから、去年の(荒れた)ゴールデンウィーク明けとは全然違って良かったです!

療育も、先週1回もなかったので、久しぶりだから入り口から脱走するのかと思ったら、全然大丈夫で、いつもよりもスムーズに行ったくらいでした!

今日は、やっと『しゅーくりーむ』の写真カードが出来上がったので、美容室を予約して、散髪に行ってきました。今日のこの日のために、色々と作戦を練って、段取りしてきました。名付けて“シュークリーム作戦”です!ただ単に、散髪の後のご褒美として、樹の大好物(最強の強化子)であるシュークリームをあげるというだけのことですが・・・(笑)あらかじめ、スケジュールの提示をして、(ホワイトボードに、『さんぱつ』の写真カードを貼って、その下に、『しゅーくりーむ』の写真カードを貼って見せておく)「散髪を頑張って我慢したら、シュークリームがもらえるよ」ということを、解りやすくしました。さらに“レーズン作戦”で、ちょっとずつ口にレーズンを入れてあげると言うだけのことですが、これが上手く行きました!

家で課題をやる時も、初めはレーズンを強化子に使っていましたが、今ではすっかり課題をやることが定着して、今ではレーズンはいらなくなりました。歩くスキーの時も同じように、だんだんレーズンの数を減らしていくことができました。それと同様に、散髪も、これから1~2ヶ月に一回くらい頻繁に行き、だんだん慣れていくうちに、レーズンがいらなくなるようにして行きたいと思っています。

今日はなんと、最短の20分くらいで終わってしまいました!やっぱり前回は、もうできるようになったと過信しすぎて、甘く見ていたから失敗したんだと思います。やっぱり何事にも工夫や作戦が必要ですね!美容師さんも、「大きくなる前に(まだ小さいうちに)慣れておいた方がいいね!」と言ってくれて、なんでもない一言かもしれないけど、ものすごく嬉しかったです!

| | コメント (2)
|

外遊び三昧!

日曜日は、先週下見をした、“なよろ健康の森”の公園に行きました!やっぱり予想通り、今週は遊具も使えるようになっていて、今日も思いっきり外遊びできました!1 3 4 5

でも、着いたとたんに雲行きが悪くなり、かなり寒くなってしまったけど、雨は降らなかったので良かったです。色々な遊具で遊んだ後、ハイキングコースみたいになってる遊歩道を歩いてきました。その後あまりにも寒かったので、「帰るよ~」と言っても、また遊具の方に行ったので、よっぽど楽しかったらしい!またしばらく遊具で遊んでいたけど、なかなか帰ろうとしないので、仕方なく強制連行しました~(笑)

帰りに買い物に寄りましたが、樹がソフトクリームを見つけて、買ってもらいたくて、かなりねばっていましたが、しょっちゅう行く店で買ってしまうと、買い物に行くたび、毎回買わされたら困るので、買いませんでした。その後も、樹の行きたい所にずーっと付いて行って、今日は樹の好奇心に付き合うための買い物でした。

月曜日は、道の駅“にしおこっぺ花夢”の滑り台に連れて行きました!長いローラー滑り台や、ブランコで遊んだり、遊歩道を散歩したりしました。6

途中から、可愛い女の子が来て、その子が気に入ったようで、ずーっとついて歩いていました。女の子の方は、『何でついてくるの?』って感じで迷惑そうでしたが・・・樹にしたら、ただ『一緒に遊んでよ~』って言いたいだけなんだけどね・・・まぁ、仕方ないよね・・・

前回もこの事についてちょっと書いたことがあるけど、背中に『自閉症という障害を持っています』ワッペンを付けていたせいか、その子のお父さんは、樹のことをまるで空気みたいに無視するんです。もし、ワッペンがついていなかったら、逆に、微笑みかけたり、ちょっと話しかけたりしたんじゃないか?って思うんですけど・・・つまり、ひと目で障害があるって判るから、『この子は何かあるんだ。』『何言っても解らないんだ。』『かかわらない方がいいんだ。』『どう接すればいいのかわからない。』なんかそんな風に思っているような、そんな気がするんです。(その人はそこまで思っていたわけではないかもしれません。私の思い込みの方が大きいと思います。)お父さんがそうするから、子どももそうする。でもこれもそういう人(障害者)と接した経験がなければ、当然なのかもしれないし、私でも同じ立場ならそうしたかもしれない。いや、きっとそうしていただろう。

だから、最近ワッペンを付けているせいで、決め付けられるというか、そういう風な目で見られるのなら、逆効果かも・・・?なんて思ったりする時もあります。でも、体もここまで成長してきているのに、言動や行動が明らかにおかしいのを見て、『何、この子?』『信じられない!』『あの親は!(こんな子どもに育てて)』って顔されるよりかは、ワッペンを見て『ああ、なるほどね』って納得してもらった方がマシかも・・・とか思ったり、いずれにしても、究極の選択かも・・・(笑)

でもだからこそ、いつも健常者と障害者が、無理のない範囲で、当たり前のように一緒にいる環境が、小さい頃から大人になってもずーっと続いて行けば、こういう偏見も少なくなるんじゃないかな?って思うんです。

それと同じようなことが、この前スーパーに買い物に行った時にもありました。すぐに買い物も終わるので、樹をちょっとほっといてパパッと買い物していたら、(本当はいけないんでしょうけど・・・でも、声が大きいので、どこにいるかすぐに分かるし、様子を見ながらしていました。)野菜売り場で、樹がいるらしき場所を、店員さんやおばさん達が眺めていたので、すぐに見に行ったら、なんと樹がキャベツの葉っぱを剥がそうとしていました。今までしたことがなかったのですが、とっさのことで、私も思わず「コラッ!」と一言言うのが精一杯でした。でも、なんで大人たち大勢で注目していたのに、誰一人として注意してくれなかったんだろう・・・と、後から怒りすらわいてきました。それは、放っておいた私の責任ですから、そんな事は口が裂けても言えませんが、もしかしたら、ワッペンがついていたせいじゃないだろうか?と思ったりしました。もし、ワッペンがついていなかったら、「ぼく、ダメでしょ?」くらいは言ってくれていたんじゃないか?って思うんです。つまり、ワッペンを見たせいで、『きっと何言っても解らないんだ。』『どう接すればいいのかわからない。』とか思ってしまったのか、さらには、『この子はおかしいから(何やっても)仕方がない。』『親はこんな子を野放しにして、何しているんだ!』とまで思われていたのかもしれない。これって私の思い過ごしっていうか、考えすぎなんでしょうか・・・?

でもね・・・世間の人には解らないでしょうけど、私だって体ひとつで、樹のことを見張ることと、買い物とを同時にはできないし、それなら誰かに預けて買い物すればいいとか思うかもしれないけど、私にも色々と事情があるんです。そりゃあ、何かあってからでは遅いことだし、そうなった時は自分で自分の首を絞めたようなもんだけど・・・でも、それを覚悟してやってるんであって、言ってみれば『賭け』みたいなもんですよ!って話しがそれてしまいましたが、そんな感じで、ワッペンをつけているだけで、『偏見』を感じている今日この頃なのでした・・・

話しは元に戻って、昨日我慢させたソフトクリームを、今日は食べさせてあげようと思っていたので、『そふとくりーむ』という写真カードを見せて、「ソフトクリーム食べる?」と聞いたら、樹はそのカードを持って、お店のカウンターの上に置きました。お店の人もピンときたみたいで、ニッコリしてくれました!写真カードを使ったら、ママとだけじゃなくて、お店の人ともコミュニケーションできるんだなぁ・・・と、改めて実感して嬉しくなりました!私が「ミックス下さい」と言って買いましたが、例えばそのカードに「バニラひとつください」とか書いておけば、樹一人でも買うことができるかも?なんて思ったら、嬉しくなりました!

この三日間は、やっと思いっきり外遊びができて、本当に嬉しい三連休でした!

| | コメント (2)
|

明日から年長さんです!

土曜日は、お天気も良かったので、歩いて図書館に行ったのに、棚卸しで閉まっていてガッカリ・・・樹に何て言って説明したらいいのか・・・?と困ったが、「今日は×です。入れません」などと言って、ここまで連れてきておいて、イジメかよ!って感じですが、ちょっと納得がいかないようで、帰りに、無意味に雪の中に長靴で突っ込む等のプチ反抗はしてましたが(笑)何とか大わめきすることもなく、帰ってきました。

日曜日は、図書館とサンピラー交流館のどちらに行くか?迷ったので、2枚の写真カードを“どっち?カード”に貼って見せて本人に選ばせたら、昨日閉まってて心残りだったのか?“としょかん”カードを選んだので、歩いて行ってきました!

夜は、インドカレー&チャパティを作って食べました。いつも樹のために、スパイスはかなり少なめに入れて、食べる時に、各自でスパイスを足すのですが、カレーの最後に入れる“ガラムマサラ”を、ついつい入れてしまい、ハッと思って原材料名を見たら・・・赤唐辛子が入ってました!食べてみたら、ココナッツミルクが入っているので、かなりマイルド!でも、後からスパイスが効いてくる・・・いつも、おかずをほんのちょっとカレー味にしただけでも、ヒーヒー言いながら食べるので、どうかな~?と思ったけど、最初のうちはパクパク食べてましたが、途中からペースダウン・・・スプーンで口に入れてあげたら、かなりパニくってました(笑)でも、慣れてきたのか?また自分から食べ初めて完食!ちょっとかわいそうなことをしてしまいました~(笑)チャパティは、酵母なしで全粒粉のみで作る、油を敷いたフライパンで焼くインドのパンです。これも時々作ります。こちらの方は樹も大好物です!2007_040110001

明日から樹も年長さんです!保育所なので、土日休んだら、年中さんから年長さんに・・・(笑)教室が変わって、きっと混乱するんだろうな~。でも、なるようにしかならないので、心配するのは止めにします(笑)

| | コメント (2)
|

就学に向けて

月日の経つのは早いもので、もう、小学校入学まであと一年となってしまいました。中身が赤ちゃんだから、完全に忘れていたよね~(ってのはウソだけど・・・笑)

保育所では周りのお友達が座っていたら、自分も座らないといけないと思うのか?ちゃんと座れるようですが、療育の時は、周りに手本となるお友達がいないせいか?それともママが側にいたり、先生も2歳の時からずっと同じ先生なので、慣れきってしまっているのか?甘えが出るようで、イスに座って課題をするということが、なかなか定着しません・・・以前から、これが最大の悩みなのですが、でも考えようによっては、少しずつできることが増え、少しずつ座れるようになり、ここまでできるようになったこと自体、奇跡みたいなものだし、高望みしすぎなのかな~?なんて反省したりと、複雑な気持ちです・・・

ずっと以前から、3~4ヵ月に一回くらい通っている、旭川療育センターの作業療法士の先生から、家庭でも、毎日の生活の中に、机に向かって何かをする時間を必ず作っておいたほうがいいとは言われていたけど、なにせ本人が一番嫌がることだし、私も家にいるとなかなかそのちょっとした時間が取れなくて、大事なこととは解っていたけど、見過ごしてしまっていました。お散歩に連れて行ったり、遊びに連れて行ったりという、樹が楽しいと思えることだけは、頑張って積極的に続けてこられましたが、たった週1回の療育だけなのに、療育に通っているからいいか!と、嫌なことから逃れてしまっていました。

でも、とうとう就学まであと一年となってしまい、できることも増えてきているので、まずは嫌がらずに座って何かに取り組むということを、一年かけてもいいから、生活の中に定着させたいと思って、今週から家での課題を始めてみました。

とは言うものの、今までやらなくて済んだことを、突然やれと言われて、受け入れられるだろうか?とは思いましたが、そのための作戦と準備を、ちゃんとしておきました。

まずは、TEACCHの要素を取り入れて、環境を整えて解りやすくする工夫として、何もない部屋に机とイスだけを置き、スケジュールボードに、課題やその後の強化子となるビデオやおやつの写真カードを順番に貼って机の横に置く。課題は、解りやすく一回分だけをカゴに入れておき、カゴから出して課題に取り組んで、終わったら元のカゴに片付けることで、終わりを明確にする。(いつも療育の時にやっている方法と同じです)

そして、応用行動分析学(ABA)の強化の原理を利用して、イスに座れたり、課題に取り組めたり、片付けたりできたら、その都度強化子として、スキーの時にも使ったレーズンを、褒め言葉をかけながら、口に入れてあげる。さらに、課題ができたら、また褒め言葉をかけながら、ご褒美にシールを一つ貼らせてあげる。そして、課題が終わったら、その後に好きなことをさせてあげる。という具合に、嫌なことを頑張ったら、必ず何かいいことがあるという状況を、常に作ってあげる工夫が必要なのです。そのご褒美をあげると同時に、必ず褒め言葉(社会的強化子)をかけてあげることで、いずれは、お菓子などをあげなくても、褒め言葉をかけられるだけでも頑張れるようになるのが目標です。そして、嫌なことを頑張った後の強化子は、初めはおやつにしようと思っていたけど、大好きなビデオを見ていたりしたら、いくらおやつを誘っても、なかなかビデオを止められなかったりすることもあるので、ビデオを強化子にしました。ビデオだけは絶対に見たがるし、課題をやらなければつけてもらえないということが解れば、するようになるかな?と思って。それと、その日に頑張った課題を決まった場所に飾っておき、パパが家に帰ってきたら、それを見て褒めてもらい、お姉ちゃんにも褒めてもらうことで、家族みんなからの賞賛を受けることにより、【課題を頑張る→褒められる→嬉しい→だからまた頑張る】という作戦も加えて、より強固なものにして行こうと考えています。(そう上手く行けばいいけど・・・)

課題も、最初は大好きで簡単なことを、一つだけにして、だんだん座ってくれるようになってきたら、二つとか三つに増やす予定だけど、その時も、ちょっと苦手なことを頑張ったら、大好きなことができるように、そしてもちろん、そのメニューも解りやすく、写真カードで提示するという具合に進めていこうかな?と考えていますが、とりあえず当面は、座ってもらうことが最優先だから、簡単なことから・・・とにかく、前回の療育の時のような失敗をして、台無しにしたくないから、あせらず気長に取り組んで行きたいと思っています。

とにかく今までは、PECSのおかげで、自分から要求するということは、かなり身についてきたけど、今度は、誰かの指示を聞くということも、できるようになって欲しいので・・・(たとえそれが嫌なことでも)就学に向けて、今やれるだけのことをやっておきたい。家庭でしかできないことを、一年かけて地道に取り組んで行きたいと思います。

| | コメント (2)
|

自我の芽生え

土曜日の午前は、いつものように、図書館に手をつないで歩いて行きました!思い起こせば、何年か前までは、手をつなぐというよりも、逃げないように手をつかむという感じで、まるで犬の散歩状態だったから、こんな風に仲良く手をつないで散歩なんて出来るとは思ってなかったので、本当に嬉しかった!

午後、いつものように、お気に入りのDVDとビデオを見ていたが、飽きたのか?おやつが食べたいのか?「おしゅわいます」(おしまい)と言って、ビデオを消すように催促してきたので、消してあげたら、「くした~」(くつした)と言って、靴下を取ってきて履いた!そして、ママを玄関に連れて行こうとするので、どこかへお出かけしたくて、それを伝えようとしていたんだなぁ・・・と思っていたら、“さんぴらー”(サンピラー交流館)の写真カードを持ってきてママに渡しました!

以前の樹なら、伝わらなかったら伝わらないでも、別にいいか?って感じで、すぐにあきらめて終わりだったのに、ちゃんと伝わるまで、色々な手段を使って、伝えようとするようになった!これは本当にすごいことだ!

せっかく持ってきてくれたけど、今日はもう、サンピラー交流館には行けないので、また、“さんぴらー”のカードの上に、“いけません・×カード”を貼り、“おうち”(最近居間でくつろぐ樹の姿を写真カードにしたもの)のカードと、“おやつ”のカードの上に、“いいです・○カード”を貼って見せたら、特に泣いたりわめいたりせずに、とりあえず納得できたのか?「ばなな~」(バナナ。つまりおやつ下さいってこと)と言ってきた!

さらに夜は、焼肉を食べに行くので、これまた夜になってから出かけるという習慣がないので、どこに連れて行かれるのか解らずに、不安になるのを防ぐ為に、ちょっと違うけど、“れすとらん”のカードを見せてから行きました。

本当に、写真カードのおかげで、言葉が自由に使えなくても、まるで会話をしているかのように、お互いの想いや、大事なことを伝え合うことができるのだから、こんなに素晴らしいものはないし、樹が生きて行く上で必要なものだと思います。

それと、ここまで自分の思いを、相手にちゃんと伝えようとするようになったということは、やっぱり自我が芽生えてきたという証拠であり、昨日の散髪の時に、どうしても嫌だということを伝えようとした。と思えば、やっぱり成長したということであり、これからは、その嫌なことを、どう克服させていくのか?という課題を考えていかなければならない。いずれにしても、これは本当に、誰もが通らなくてはならない道であり、これを乗り越えてこそ初めて、本当の意味での自立につながっていくのではないか?と思います。だから昨日の出来事は、きっと喜ぶべきことなんだ!と思います。

| | コメント (7)
|

春が待ち遠しいなぁ・・・!

土曜日は、最後にもう一度歩くスキーに行きたかったんだけど、やっぱり今年は暖冬で、残念ながらもうスキーはおしまいかな・・・(本州の人なら、この雪質でも喜んで行きそうだけど・・・笑)まあ、今年はかなりの回数行けたし、良しとするか!ってことで、今日はどこに行こうか・・・?やっぱりサンピラー交流館しかないか・・・でも先週行った時、飽きたのか?途中でウロウロしたりしていたので、どうしようかな?と迷ったけど、今日は時間があんまりないので、図書館にでも連れて行くか!と思って、着替えを出したら、自分から、冷蔵庫に貼ってある、“さんぴらー(サンピラー交流館)の写真カードをママに渡してきた!飽きたのかな~?と思ってたけど、やっぱり行きたかったんだ~!

でも、今日は時間がないので、“さんぴらー”のカードの上に、“いけません・×カード”を貼り、“としょかん”のカードの上に、“いいです・○カード”を貼って見せたら、樹にとっては、図書館も好きな場所なので、特にわめくこともなかった。でも、本当に解っているのかな?と思って、さらにその後、今日のスケジュール表の方に、“としょかん”カードを貼り、違うホワイトボードに、“いけません・×カード”と“さんぴらー”のカードを貼って、並べて置いた。そして、実際に図書館に行ったけど、特にわめいたりしなかったので、一応こちらの伝えたいことは、写真カードで伝わったようだし、納得もしてくれたようだ!1時間ほどいて、お片づけをするように言っても、ちゃんと自分からもとの場所に片付けることもできたし、今日は終始スムーズにいって良かった!

日曜日は、サンピラー交流館に行ったのですが、着いたら、外をスノーモービルが走っていたので、何かな~?と思ったら、『雪ん子まつり』というのをやっていて、スノーモービルやチューブで遊べたらしくて、でも、行ったのも遅かったので、もう終わりがけだったし、スキーウェアも着て行ってなかったので、できなくて残念・・・ショック~!知ってれば、お弁当を持って昼前から来たのに~!!

でも今日は、前回までは目にも入ってなかった三輪車にも気がついて、(もう4回目なのに、今日初めて気がついた。それだけ樹の視野は狭いんだな~と思った。)かなり長い時間乗ってました!療育の時はほとんど乗りたがらないのに、(たぶん、療育の時はトランポリンがあるから、そっちの方が好きだからだと思う)ずーっと乗っていて、途中、隣がカーリング場になっているので、そっちに気を取られて、降りてしまった隙に、他の子に取られたり、でも、特に怒って取り返したりするでもなく、またウロウロして空くのを待っていて、空いた隙に走っていってまた乗ったり・・・今度は、他の子に「かして!かして!」と泣きながらせがまれて、どうするのかな~?と思って見ていたら、しばらく困っていたけど、すんなり譲ったり・・・(譲るというより、下りろと言われていると思ったんだと思う)色んなやり取りを見ていて、面白かった!Photo_34 Photo_35 Photo_36 Photo_37

他にも、遊具でも、今までよりも難しそうなところにチャレンジしようとしていたりして、途中おやつに誘っても来たがらないし、帰ろうといっても帰りたがらないし、今日は本当に楽しかった~!って、今日は私はちっとも遊んでないんだけど、樹が楽しそうにしていたら、なんか私も楽しかったような気持ちになってる!こういうのって、上の子の時にはなかったなぁ・・・(かわいそうだけど)上の子の時は、子どもの行きたい所に連れて行くよりも、自分達が行きたい所に、強引に子どもを連れて行って、振り回してたなぁ・・・でも今は、自分の行きたい所にも行くけど、どちらかと言えば、子どもの喜びそうな所に連れて行って遊ばせる方が多くなりました。どんなに大変でも、子どもと一緒にどこかに出かけるのが一番幸せ!と、思えるようになりました。私も少しは大人になったのかな?(笑)

ともかく、しばらくは毎週来ることになりそう・・・こうなったら早く春が来ないかなぁ・・・外遊びできる日が待ち遠しいです!

| | コメント (4)
|

ストックに初挑戦!!

今週の土曜日も、スケジュールに“下川のスキー場”の写真カードを貼って見せたら、ごきげんで支度して行きました!

今回はストックに初挑戦!!持つ気はあるようだけど、そのまま持たせたら、上手く持てないので、ベルトを手首に通してから持たせたら、ちゃんと持てた!最初のキツイ上り坂を登る時も、面白がってストックを前につきながら、あっという間に登ってしまった!ストックの使い方としては、今イチ正しくは使えてないけど、ストックを地面につくということが楽しかったみたい!

そして最初の下り坂を、今までになく上手に、スーッと滑り降りて行った時は、涙もんでした!!(もちろん、途中何回も尻もちはつきましたが、ちゃんと自分で立ち上がって、また滑ってました!)足を広げたり、ハの字にしたり、しゃがんだりすることなく、まっすぐに棒立ちのまま(笑)ですが、今まで何回も滑るうちに、体でコツをつかんで、バランスが取れるようになったようだ!それに、ストックも幾分か役に立っていたのかもしれない。

その後も、ストックのおかげで少し歩くのが楽になったのか?(足だけで歩くのは結構疲れるので)転びにくくなったのか?平地を歩くのも、以前のように嫌々ダラダラと歩いたりすることなく、楽しそうな表情をしているし、さらに調子に乗って、クロカンみたいに走ろうとしてみたり・・・(余計なことをして転んでましたが・・・笑)

これも、最初からスキーを履いて歩くことと、ストックを持って地面をつくこととを同時に始めていたら、きっと上手く行かなかったと思います。(特に樹の場合は)まずは、歩くことが上手にできるようになってから、次のステップとして、ストックを持つ練習をしたことが良かったんだと思います。

今回は、ストックのおかげでスキー自体も楽しくなったように見えました!おかげで、ご褒美のレーズンもほとんどあげることなく、ほんの少しで済みました!そのかわり、スキーをやり終えて車に戻った時に、ボーナスとして、小さなお菓子を1つあげました。だんだんと、途中のレーズンをなくしていって、最終的には、その一連のことをやり終えたことのご褒美として、1つあげればいいように移行していくためです。もちろん、ご褒美をあげるときには、同時に“社会的強化子”(褒め言葉など)をかけてあげることが必要です。最終的にはお菓子がなくても、社会的強化子だけで強化していけるようになるのが目標だからです。

このやり方は、『応用行動分析学(ABA)』による訓練の方法で、言葉の通じない動物のトレーニングにも使われていて、私は犬のしつけとトレーニングのDVDからヒントを得ました。このDVDは、言葉の通じない樹の行動を強化するためのヒントがたくさん隠れていて、ものすごく役に立ちそうです。

日曜日は、湿り気のある雪がたくさん降り積もって、あまりスキー日和ではなかったので、以前から行きたいと思っていた、名寄市に新しくできた“サンピラー交流館”というところに遊びに行ってきました!(今回で2回目ですが)

狭いスペースの真ん中に、大きい遊具が1つだけですが、この遊具が結構遊び応えがあるし、これが結構運動になるんです!しかも無料だし!!こういう施設が近くにあると助かります!だって、冬の北海道は、公園も使えないし、することと言えばスキーなどのアウトドアしかないので、悪天候の時とか、小さい子どもがいる家庭では、こういった室内の遊び場所があるとホントに助かるんです!2006_120310007

今週の週末は、やっと憂鬱から脱出して、しかもさらに一歩前進できた週末でした!

| | コメント (4)
|

5歳のバースディ

今日は、待ちに待った5歳の誕生日です!樹は発達が遅れている分、毎年迎える誕生日も、喜びが何倍にも感じられます。上手く行かなくて、辛いこともたくさんあったけど、そんなことも全て忘れさせてくれるくらい嬉しい日です!

今日は、嬉しいことが2つありました!

1つは、トイレでウンチした後、自分からトイレットペーパーでお尻を拭いたことです。言わずにほっといたら、自分から拭ける時もあったけど、拭かずにそのまま出てきてしまう時もあったので、今日はちゃんと拭けたので嬉しかったです!

2つ目は、今日の午前にスキーに連れて行く時、やっと“下川のスキー場”と、“なよろ健康の森”の写真カードを作ったので、スケジュールに、“下川のスキー場”の写真カードを貼ったら、泣かなかったことです!今までずっと悩んでたことが、写真カード1枚で、解決しました!やっぱり、スキー自体がイヤになったんじゃなかったんだ!“なよろ健康の森”がイヤだったんだ。最初からニコニコして、嬉しそうな顔でスキー場に向かうことができました!やっぱり、泣かれたら辛いもんね!きっと、写真カードを見て、『どこへ行くのか?』がハッキリしたことで、行きたくないところに行かされなくても済むことが解って、不安な気持ちにならずに済んだんだと思います。

それと、雪が降る前のことですが、樹は遊歩道が好きで、地元の“五味温泉体験の森”というところにつれて行った時、全コースを全て駆け足で回ってしまったことがあり、『これは山登りもできるかも?』と気を良くして、次に名寄市の“ピヤシリ山”につれて行ったところ、嫌々ダラダラと歩いたことがあり、なぜなんだろう?と考えた時、“五味温泉体験の森”は、適度にアップダウンがあり、大好きな階段もたくさんあったりして、とても変化に富んでいて、大人でも歩いていて楽しい感じがするのに対して、“ピヤシリ山”は、そこは遊歩道とか登山道というよりは、林道という感じで、まっすぐな道が延々と続く感じの道だったので、距離にしたら大した距離でもないのに、ものすごく長く感じられる気がして、大人でもつまらなく感じてしまうということが、原因だったようです。(たぶん)

それと同じことが、今回の“下川のスキー場”と“なよろ健康の森”でも言えると思います。そう考えたら、樹にとって、“下川町”って、最高の所ってこと?(笑)それはいいとして、今日は終始ご機嫌で、歩くスキーをすることができました!それと、途中で試しにママのストックを渡して持たせてみたら、意外に放り投げたりせずに、しばらくの間持っていられたので、次からはストックにも挑戦してみようと思います!

Photo_4 Photo_5

夜は、バースディパーティーをしました!メニューは、樹の大好きな、いちごのシフォンケーキと、からあげとミネストローネです。ちなみに、シフォンケーキにかかっているクリームは、生クリームではなくて、プレーンヨーグルトを水切りして、メープルシロップを混ぜたもので、クリームチーズのような風味になります。かなりのカロリーダウンになっていると思います。保育所のお誕生会以来、ガスコンロの火を「フーフー」して消そうとしていたけど(笑)今日はちゃんとケーキのロウソクの火を「フーフー」して消すことができました!家族が拍手をしたら、自分も一緒に拍手していました!

その後、ばあばが送ってきてくれたバースディカードを、「おたんじょうび、おめでとうございます」と言って渡すと、ちゃんと頭を下げながら「あめことこました」(ありがとうございました)と言えた!保育所のお誕生会の時は、先生のオウム返しだったのかもしれないけど、その時に覚えたんだと思います。今日はちゃんと自分で言えました!

そのバースディカードは、開いただけで『ハッピーバースディ♪』のメロディーが流れるようになっていて、とっても気に入ったようで、開けたり閉めたりして遊んでいました!

今日は、先週までのイヤな気分も吹っ飛ぶくらい、嬉しい日でした!5歳の誕生日という『節目』を大切にして、また明日からも頑張りたいと思います!

| | コメント (8)
|

少し憂鬱だった週末

ここのところいつも週末は、午前か午後にスキーに行くのが定番になっているが、この前の土曜日は、上の子の柔道の鏡開きで、私はお雑煮担当だったので、もたもたしているうちに、出かけそびれてしまいました。午後、しばらくビデオを見ていたが、「おしゅわいます」(おしまい)と言って、ビデオを消してくれと催促し、自ら服を脱いで着替えをしようとした。そろそろどこかへ出かけるだろうと自分で予測したらしい。でも、今日はもうスキーには行けないし、まだお雑煮は出来てないし、「まだ出かけないよ」と言っても、通じないので、そわそわして、家の中をウロウロ歩き回っている。でも、そのうちに、あきらめたのか、カルタを並べたりして、別の遊びを始めた。そのうちに、また「ぺあぐ、あたしんち」(てれび、あたしんち(のビデオ)をつけてくれ)と要求してきたのでつけてあげた。そして、お雑煮が出来たので、“じゅうどうじょう”の写真カードを見せて、連れて行った。樹は、柔道場が大好きなので、(広くて走り回れるから)喜んで行った。しかもお雑煮も食べられるしね!

でもやっぱり樹は、家の中に一日中こもりっ切りはつまらないんだなぁ・・・と思った。(出来る遊びも少ないし・・・)

そして日曜日、まだ“下川のスキー場”と“なよろ健康の森”の写真カードが出来てなかったので、また今日も“すきー”の写真カードを見せた。そしたら、またグズグズ言い始めた。でもやっぱり泣きながらでもちゃんと支度して、下川に向かったら泣き止んだ。やっぱり“なよろ健康の森”がイヤなのかなぁ・・・と思った。これは来週中には、絶対に写真カードを作っておかないと・・・そして、スキーをしていて思ったことは、シーズン初めよりも、あんまり楽しそうな顔をしないなぁ・・・でも、嫌がって泣いて暴れたり、止まってしまったりはしないし、特に、平坦なコースが続いた時は、嫌そうな顔をしている。でも、ひとつだけ成長を感じられたのは、最初のうちは、坂道を滑るのは、恐がってさっぱりダメだったのに、今では自分なりに自分ひとりで滑ろうとしているし、尻もちをつきながらでも、なんだか楽しそうな顔をしているようだ!

午前に出かけたので、午後が長くて、ビデオをずーっと見させていることが、イヤになった。でも、ちょっとスーパーに買い物に行くのも、連れて行くと大変なのでおいて行った。(以前はなかったのだけど、最近、商品をちょこっといじったりしだして、一人でウロウロさせるのも、ちょっとヤバイなぁ・・・と思っていたところなので・・・)ちょっとの買い物にも連れて行けないし、家の中でもあまり出来る遊びがないし、外で雪遊びをしても、雪ばっかり食べ続けるし、スキーも今ひとつ楽しそうな顔をしないし・・・何かをしようとしたら問題ばかりで、何をしても今ひとつ上手く行かず、結局ほとんど家の中に閉じ込めっぱなし・・・なんだか冬の週末が憂鬱になってきた・・・もう、保育所や学校なしでは、樹の充実した生活は考えられない・・・一緒に過ごすのが憂鬱なんじゃない。樹が楽しめる環境と、充実した生活を提供してあげられないもどかしさで憂鬱になるのだ。なんか私って、樹と一心同体と言うか、完全に感情移入してしまっている・・・

でも、スキーに関しては、樹にとって、イヤなことを押し付けているだけなのでは・・・?などと悩んだりもしたが、どんな子どもでも、何かを始める時はきっかけが必要だし、そのきっかけは、自分で見つけてくる場合もあるけど、特に幼児の場合は、親がきっかけを提供してあげる場合の方が多いと思う。ある程度までは、子どもの成長の道筋は、やっぱり親の力添えが大きく影響しているものなのかな?今はその段階なのだから、このやり方を貫いてもいいのかもしれない。(あくまでも、親の押し付けにはならないよう、樹の様子を見ながらやり方を工夫して)ここ1~2週間、ずっと悩みに悩み続けて、(今のところ)こういう結論にたどり着きました!このことに関して、相談に乗って下さった方々にも感謝しています。ありがとうございました!

| | コメント (6)
|