トイレトレーニング

5歳の誕生日までに出来るようになったこと

明日は5歳の誕生日です。思えば、4月に保育所に入ってからの樹の成長ぶりは、本当に信じられないくらいの勢いで、伸びてくれました。特に、5歳の誕生日前は、色々なことがトントン拍子で一気にできるようになったと思います。

毎年そうなんですが、なぜか誕生日を迎えると同時に、何かができるようになるんです。3歳の時は、それまで時間排泄だったのに、初めて自分からトイレに行っておしっこができるようになったし、4歳の時は、おねしょをパッタリしなくなったし、5歳では、とうとうお尻を自分で拭けるようになりました!言わなくても自分で勝手にちゃんと拭いて出てくる時もあるけど、まだ、ほっといたら、拭かずに出てきてしまう時もあります。その時は、必ずやり直しさせて、「自分でお尻ふきふきしてごらん?」と言うと、ちゃんと、トイレットペーパーを適度な長さで切ってまとめ、自分の手につかないように何回もふきふきふき・・・とできるようになり、「もう一回」と言うと、同じように拭けるようになりました。一応今のところ、自分で2回ふきふきふき・・・として、その後ママが仕上げに拭いて終わり、ということにしていますが、ほとんど自立できたと言ってもいいくらいになりました!まだ課題は残っていますが、毎回強化していけば、ちゃんとできるようになると思います。できるようになったことは、トイレ関係ばっかり・・・(笑)もちろん、他もたくさんありますので、今回は『誕生日』という節目に、今までに伸びた面を、整理しておきたいと思います。(ここからは長いので、読みたくない人は読まなくてもいいです。笑)

     コミュニケーション

何かを要求する時、クレーン現象(人の手をクレーンのように操って動かす)で教えていましたが、PECS(絵カード交換コミュニケーションシステム)トレーニングによって、写真カードを渡して要求できるようになり、(身の回りのもの中心)さらには、写真カードを渡すと同時に、少しずつではあるが、音声言語でも要求できるようになってきました。(正しくは発音できていないが、意味が解っている言葉)さらに、完全に定着してしまった言葉は、数は少ないが、写真カードなしで音声言語だけで要求できるようになってきている。

     認知力

色や形の違いを認識できるようになり、マッチング課題や、パズルなどができるようになってきた。まったくダメだった模倣力が伸びてきて、踊りなどの動作模倣がかなりできるようになり、さらに、少しずつ手先の細かい動きまで、動作模倣ができるようになってきた。はさみで切って、のりで貼るなどの工作や、クレヨンで線を描く、色を塗るなどの課題から、生活でも、歯磨き、うがい、トイレでお尻を拭く動作などに至るまで、幅広く役立っている。

耳から入ってきた音声(特に歌やCM、アニメ番組のセリフなど)の模倣も、はっきりとは発音できてないが、イントネーションなどはそっくりに言う。さらに、丸暗記して独り言のように言う。(ただし、意味は解ってないので、丸暗記してしまっている。)

そして、人が言った言葉をすぐに真似できるようになってきた。実際の生活のシーンでも(挨拶など)場面に合った言葉を使えるようになり、役立っている。

     生活自立

トイレはほぼ自立でき、おねしょも完全になくなり、今年に入ってから夜のオムツもはずして、完全にオムツは卒業できた。ただし、自分でトイレに行きたい時に勝手に行くことはできるが、外などでトイレに行きたいことを教えることができない。

食事は、フォークを持って使うが、あまり上手く使えずに、半分以上は手づかみで食べている。さらに、その汚れた手を服で拭いていたのが、時々おしぼりで拭くことができるようになってきた。

着替えは、脱ぐ方は何とか自分でできる。着る方は一応できるが、前後上下などが反対になることが多かったが、最近鏡の前に自分から行って着替えすることが増え、その時はちゃんと前後上下を間違えずに着れるようになってきた。

     社会性

保育所での集団生活を経験することにより、社会のルール、人とのかかわり方、親以外の大人(先生)の指示を聞くなどを、本当に少しずつではあるが、身に付けることができた。

買い物、旅行、キャンプなどをたくさん経験することで、日常生活では学べない社会経験を体験することができた。

     時間

写真カードによるスケジュール表を作って、『何の乗り物に乗っていくか?』と、『どこへ行くか?』を知らせる。初めのうちは、今ひとつ伝わらなかったが、今では理解できるようになった。でも、思い込みが激しいため、効き目がないときもある。

活動の終わりを伝える時は、「おしまい」という言葉を、少し前からかけて予告しておいて、最終的に「おしまい」と言って終わらせたり、『片づけをすること=終わり』ということで、片付けさせて終わりを伝えたり、療育の時は『終わりの会』をすることで終わらせたりしている。それを日常的に繰り返すことで、自分から「おしゅわいます」(おわります)と言って、終わらせることができるようになった。

『待つこと』の理解は、『まってカード』に、要求してきた写真カードを貼り付けて、『まってカード』を渡されている間は待っているように教え、待った後には、要求したものを手に入れることができ、「まって」という言葉のもつ意味を理解していくのが狙いだが、やっぱり待つ間は待ちきれずにわめいている。

     余暇

自閉症児は、『自分の好きなことを自由にしていいよ』というのが苦手なので、余暇を過ごす方法を考えて行かなくてはならず、社会的に望ましい余暇活動ができないと、社会不適応な行動(問題行動)をとる頻度が上がる傾向にあるそうです。将来、余暇の充実なしに、豊かな社会生活は送れない、と言ってもいいくらいだそうです。

そして、友達と遊ぶということが難しいため、自分から積極的に体を動かして遊ぶということが少なく、家の中でもできる遊びが少ないため、テレビやビデオ付けになりやすい傾向にあるので、体を動かす習慣をつけるということや、食事のコントロールをして、肥満を防ぐことが意外に大切だそうで、大人になるまで続けていけるような、趣味、活動、スポーツなどを見つける努力を、幼児期から始めていくことが望ましいということです。

保育所では、保育所の日常的な遊びから、行事などを経験したり、療育では、体を動かす遊びから、手先を使った微細運動まで、家庭では、自転車の練習や、公園の遊具で遊んだり、歩くスキーに取り組んだり、旅行や外出先でしか経験できないような遊びを通して、たくさんの余暇活動に役立つ『できること』『好きなこと』『楽しいこと』を増やせたと思います。

最後まで読んでくださった方がいましたら、ありがとうございました。(笑)ここまで取り組んできたことを、ひと通りさらっと書いてみました。よく考えてみれば、たくさんの人に支えられて、ここまで伸びることができたんだなぁと思います。今まで力になってくださった方々には、心から感謝いたします。そしてもちろん私も、これからもたくさん自閉症療育の勉強と実践に取り組んでいきますので、これからも樹のために力を貸してもらえたら嬉しく思います。これからもどうかよろしくお願いします。

| | コメント (4)
|

トイレの自立・一歩前進

最近、トイレの自立の入り口が見えてきて、ウンチをしたい時に「おちっこー」と言ってからトイレに行くということと、お尻を拭く時に、「ふきふき~」と言いながら、トイレットペーパーを持った手を上下に動かせるようになったことを書いたが、結局また、ウンチの前に、「おちっこー」という言葉は言わなくなってしまった。(何か違うと思ったのか?)

保育所では、トイレといえば、立ってするように習慣づいてしまっているし、昼過ぎまでしか保育所にいないため、今年入所してから一度も、保育所でウンチはしたことがなかった。そのせいか、この前、上の子の参観日で、延長保育をお願いして、午後も保育所で過ごした時に、おしっこに行ってから5分も経たないうちに、またトイレに行ったと思ったら、立ったまま、ウンチをコロンとしてしまったそうで、先生がすぐに座るほうのトイレに座らせたら、その続きをしたということがあったそうだ。樹は、自閉症特有の、想像力の障害があるため、思い込みが激しい所があるので、『保育所ではトイレは立ってするもの』という思い込みがあったのだと思う・・・

家では、どっちが出るか言葉で教えてくれないので、いつでも座ってさせていたから、そういう失敗はなかった。でも、家でもおしっこの時は立ってするようにさせた方が、言葉で教えられなくても、前もってどっちが出るのかが伝わるサインになるかもしれないと思って、朝起きてすぐや、夜寝る前など、確実におしっことわかっているときは、わざと立ってさせるようにしてみた。朝起きてすぐは、寝起きなので機嫌が悪くて、立ってするのを嫌がったりすることもあったが、夜寝る前は、おもしろがって、喜んでしたりしていた。

そしたら何日か前に、初めて自分から立っておしっこをしようとした!(便座を上げずにしようとしてた!あぶない、あぶない・・・)翌日も、何回か自分から立っておしっこをしたが、その翌日はさらに、自分でちゃんと便座を上に上げてから、何回も立っておしっこをしていた!一気にすごい進歩だ!!その方が、いちいちパンツとズボンを脱いでしまったり、はいたりしなくてもいいし、楽だということに気づいたのだろうか?そこまでの考えがあるかはわからないけど、楽になったことには違いない!

そして、今ではすっかり、おしっこは立ってするようになり、ウンチは座ってするようになりました!(もちろん、便座も正確に自分で上げ下げするし)ウンチが終わったら、「おしまい」と教えるようにも練習しているが、まだ自分からは教えないが、言わせれば「おすわります!」と言うので、これも自分から言ってくれるようになればいいなと思ってます。

樹は、3歳の誕生日と同時にオムツが取れて、4歳の誕生日と同時におねしょをしなくなったので、もしかしたら5歳の誕生日(1月28日)にも何かやらかしてくれるのではないか?などと、ひそかに淡~い期待を寄せているのでした!

| | コメント (4)
|

トイレトレーニング~自立の入り口

樹は、3才の誕生日と同時に、オムツが取れた。でも、5才前の現在でも、完全にトイレの自立とまではいかない。

トイレトレーニングは、上の子の時に、あせってはずそうとして、返っててこずってしまったので、樹の時は、言葉も通じない子に、どうやって教えたらいいのか?わからなかったし、そのうち言葉が通じるようになってからでいいや!なんて、のん気に構えてました。

ところが、2才8ヵ月の時に、巡回移動相談で、旭川療育センターの小児科の先生に、初めて『自閉症スペクトラム』と診断された時、トイレトレーニングも始めた方が良いと言われ、頑張ってみることにしました。

その時期が、たまたまタイミングが良かったようで、それからたった4ヵ月で、すっかりオムツが取れてしまったのだから、オドロキです!上の子なら、完全に取れるまで、1年以上もかかってしまったのだから、よっぽどタイミングとやり方が悪かったのだろう。

はじめは、一日に何回か、出なくてもトイレに座らせることと、ウンチをしているな?と思ったらすぐ、トイレに連れて行った。初めのうちはトイレに行ったら出なくなり、便秘になるんじゃないか?と思って、かわいそうかな~?と思ったが、そのうちに、出すしかない状況に追い込まれて、仕方なく出すことができた!それを何回か繰り返すうちに、トイレでウンチができるようになった!

ウンチはスムーズに行ったが、おしっこはなかなかだった。朝一番は寝起きで機嫌が悪いので、トイレに行かせてなかったが、いつも朝食の時、オムツをはいてても横から漏らすので、これは夜寝ている間におしっこがたまっているのかも?と思って、思い切って朝一番にトイレに行かせてみたら、これも成功しました!

そのうちに、トイレに座って力を入れたらウンチが出ることを覚え、次にトイレに座ったら力を入れることを覚え、力を入れたらおしっこも出るようになった。という具合に、トントン拍子に上手く行きました。上の子の時は、おしっこが先にできるようになり、次にウンチができるようになるまで、結構かかりました。その子にもよるのでしょうが、私は樹のやり方の方が、子どもにとっても解りやすかったんじゃないかな?と思います。

トイレでできるようになったら、後は時間排泄でやっていましたが、そのうちに、おしっこ、ウンチが出る前に、ママの手を引っ張ってトイレに連れて行くようになりました。それが、ちょうど3才の誕生日の日のことでした。

その後、春から保育所に体験保育で通い始めて何ヵ月かで、お友達が立っておしっこをするのを見て、樹も出来るようになりました。

そして、4才の誕生日前くらいから、おねしょもしなくなった。(ごくたまにおねしょすることもあるが、だいたい疲れてる時かな?)4才すぎてからは、自分で勝手にトイレに行って、パンツを脱いで、座っておしっこ、ウンチをして、自分で下りて、流して服を持って出てくるまでできるようになりました。(お尻は拭けないが・・・)

自分で勝手に行けるようになったのはいいが、言葉で「うんち」とか「おしっこ」と教えることができないし、言葉で言えなくても何らかのジャスチャーなりの方法で教えてくれればいいのだが、自閉症特有のコミュニケーションの障害のせいか、教えるすべを知らないので、外などトイレの場所を知らない所で、何回か失敗したこともある。それも、写真カードを作ってはいたが、今ひとつ上手く行かなかった。

それと、トイレットペーパーを出して切り、お尻を拭く練習もしていましたが、トイレットペーパーを持っているだけで、自分で手を動かせないので、ママが「ふきふき」と言いながら、一緒に動かしてあげていた。

それが最近、5才前にして、ようやく自立の光が見え始めた!最近、即時性エコラリアが増えたり、模倣の力もものすごく伸びているせいか、お尻を拭く時に、「ふきふきしてごらん?」と言うと、「ふきふき」と言いながら、自分で手を動かすことができるようになった!(まだ、ちゃんとは拭けてないけど)

さらに、「おちっこ~、おちっこ~」と言いながら、トイレに行った時は、必ずウンチが出るので、「おちっこ」=「ウンチ」と思っているらしい。この前も、ご飯が終わって、「ごちそうさま」をしている時に、「おちっこ~、おちっこ~」と言ったので、もしかしてウンチかな?と思って、すぐトイレに行かせたら、やっぱりウンチでした。これは、ウンチが出る前に言葉で教えられるようになったということかもしれない!これさえできれば、外でも困らないし、写真カードなんて使う必要もないのだから、本当に助かる。

この、「ふきふき」の動作ができるようになったことと、言葉でウンチを教えられるようになったことは、ものすごい進歩だ!

樹は男の子だから、いつまでも一緒にトイレに入るわけにはいかないし、いったいいつまで、樹のお尻を拭くんだろうか?もしかして大人になっても拭いてあげなければいけないのかもしれない。と思っていただけに、トイレの自立の入り口が見えてきたという感じがして、嬉しかった!

| | コメント (3)
|