歩くスキー

スキーのこととか色々

前の投稿からずいぶん時間が経ってしまい、スキーのこととか色々書こうと思っていたのに、すっかり冬も終わって4年生になってしまいましたcoldsweats01

まず今年も、お正月明けから毎週末、クロカンのコースを歩いてきました。しかも今年は一番長いコースを歩きました。冬の最初の方は勢いが良かったものの、冬の終わりの方になるとやはり疲れてくるのか、かなりダラダラ歩きでした。でも、今年も皆勤賞でしたhappy01

そして、授業ではアルペンスキーをしましたが、スキーの上手な先生にリフトに二人乗りで乗せてもらい、リフトで上まで行く経験をすることができました。でも3回目のスキー授業の時になぜかスキー場に行くことを拒否…despairどうしたものかと思いきや、どうやら去年まではスキー場までバスで行っていたのに、今年からは歩いて行かなければならなくなり、スキー場に来たら一度はスキーを履いたまま、ガンガン山頂まで登って行ったりして体力を使い切るし、スキー授業が終わったら給食前なので、余計に歩くのが嫌だったようです。元々歩くのが嫌いとかいうわけでもないのですが、あくまでも目的はスキーなので、そこまでのプロセスは樹にとっては無駄なのでしょう。結局この日はスキー場には行きませんでした。

そして、何とか行った4回目の授業でみんなが乗っているリフトの方に行き、自分も乗る気満々で、トライしようとしましたがなかなか上手く行かず、結局みんなを待たせてまでリフトを止めてもらってロープにつかまってからリフトを動かしてもらい、なんとロープにつかまって中腹まで行くことができましたhappy01でも途中でスキーが開いてきてしまい、結局リフトを止めさせてしまいました。

残念ながらこれでスキー授業は終わってしまいました。でも今年は暖かくなるのが早くて、3月上旬でクロカンは終わりにしたので、その後、リフトの練習に個人的にトライしてみました。スキー場もかなり空いていたので、絶好の練習のチャンスでした。夕方、人がいなくなった時がチャンスで、乗るときにリフトを止めてもらい、ロープにつかまらせてから動かしてもらってトライし、2回目くらいでなんと上まで行けましたhappy02でも、山頂まであと少しってところでリフトから落ちてしまって、リフトのおじさんに上まで上がってもらって救出してもらったり、かなりたくさんの人に迷惑をかけてしまいましたcoldsweats02

次の週も練習に行き、その時はなんと、リフトを止めてもらわずに、動いているロープにつかまって、なんとか上まで行くことができましたhappy02でも、持つべきところじゃない、ワイヤーのところを持ってしまうし、当然バーも腰に当ててないので、腕の力だけでは限界が来て、途中で落ちたり降りたりしてしまって、その後はなかなか上手く行きませんでした。

結局また空いてきたころに、リフトを止めてもらって乗ったら上手く行き、今度はバーを最後まで離さないで腰に当てたまま上まで行くことができ、その後は全部成功しましたhappy02練習する度、確実に進歩できたし、来年につながるいい練習になりましたhappy01

それと、リフトで上がる方も課題でしたが、滑って降りる方も結構大変で、なかなかブレーキをかけて止まるということが理解できないのですが、斜めに滑って、なんとなく自分流に曲がれるようになり、曲がった勢いで止まれる時もあり、体で覚えていくという感じです。方向を変えたいときに、下向きにブレーキをきかせることができないので、一度上向きに登って向きを変えてから、また斜めに滑るの繰り返しで降りてきていて、見ていてとてもまどろっこしいのですが、なんとか自分流に降りる方法を編み出しているなぁと感心しています。

ともあれ、今年は収穫の多い年でした!スキー場まで歩いていくという課題は残しましたが…coldsweats01来年もがんばるぞ~! という気持ちになれました。

| | コメント (0)
|

アルペンスキーに初挑戦!

お正月明けからやっとスキー場がオープンし、2日に早速、クロカンの5kmコースを一周してきました。去年までの山のコースは除雪してなかったけど行ってみました。除雪してなかったので、雪に埋もれて大変でしたが、何てことなく一周できました!

その次の週は、除雪してある方のコースに行きたがったので、そっちに行ってみました。そしたら、いきなり上手に滑れました!やっぱり除雪してある方が滑る方も楽しめて良かったようです。

その後、アルペンスキーにも初挑戦してみました。今までのシール付きの歩くスキーに慣れ切っていたせいで、歩くのが一苦労でしたが、坂を上るのも、ママが後ろからお尻を押したら何とか登れました。そして、滑ってみたら、ちゃんと自分なりにバランスを上手に取って、ススーッとまっすぐ滑ることができました!やっぱりクロカンをやっていたおかげで、バランスの取り方を体で覚えたようだ!自分でも上手に滑れるのが楽しいらしく、何回でも頑張って登りました!

次の週末も同じように、クロカンのコース一周と、アルペンの練習をしました。クロカンのコースは、やはり、平坦な登りが長く続くと、ダラダラと歩いてしまうようで、去年までの山のコースの方が、起伏に富んでいて、メリハリがあって良かったようです。やはり、少し強化のお菓子を使ったほうが、怒らなくて済むかもしれないと思いました。

そして、アルペンは、まっすぐ滑り降りることはできても、ハの字ができないと、止まったり、曲がったり、スピードコントロールができないので、前に立って、手でスキー板を持ってハの字を作ったり、曲がらせたりする練習をしてみました。そしたら、前に立つだけで、「なにすんだよ~」と怒り出すので、これもなかなか上手くいきません。樹にしてみたら、止まる必要性も、曲がる必要性も感じてないわけで、むしろまっすぐススーッと滑り降りたいようで、それをジャマされると思ってしまっているようです。それに、曲がらされる瞬間に少し不安定になるので、恐怖心もあるようで、よけいに「なにすんだよ~」となるんでしょうね(笑)

これはやはり、『ボーゲン君』しかないっ!!と思っているんですが、きっと、ボーゲン君を着けられる時にも「なにすんだよ~」となるんでしょうけどね(笑)

お友達がスイスイと上手に滑っていくのを、羨ましそうに眺めているので、きっと、自分もあんな風に上手に滑りたいと思っているんでしょうね。そのためにも、ハの字を習得しないといけないのに、なかなかそこが、健常児のようには上手く行かないですね。でも、横にあるフェンスに近づきそうになったら、微妙に自分でフェンスから離れて滑って行ったので、微妙な方向転換は、何となく体で習得できているのかもしれません。

これからも、毎週末は頑張りたい(そして楽しみたい)と思っています!

| | コメント (0)
|

最後の歩くスキーとサンピラーパーク

土曜日は、4月上旬並みの気温で、+4.5℃もあったので、かなり雪解けも進んだけど、歩くスキーに行ってみた。かなりシャーベット状になっていたので、今日で終わりかな~?でも、今日の雪質は、樹にとっては良かったらしく、一番急な坂を今までは、途中まで座って滑っていたが、今日はとうとう立ったまま、上から下まで滑りきることができた!本人もとても満足そうな顔をしていた!

それと、時々空を見上げて、いい顔をしていた。空を見てたのか?それとも雲か?高くそびえる木の枝か?分からないけど、どれもものすごくキレイだった。寒くも冷たくもないし、空も春の空で、青々としていて、とてもすがすがしい気持ちになった。

今日も、楽しそうにスキーしてくれたし、とても気分が良かった!迷ったけど来て良かったし、今年は長く楽しめたので良かった!このひと冬でも、ものすごく上達できたので、とても嬉しい!

日曜日は、また、買い物と、ファーストフードで昼ごはんを食べてから、サンピラーパークに行きました。もしかしたらソリをするかも?と思って、一応スキーウェアを持っては行きましたが、土曜日以上に気温が高くて、誰一人として外遊びをしている子はいなかったので、やめにして、室内で遊びました。

月曜の今日は、さらに+8℃にまで気温が上がり、すっかり春!って感じです。このまま春が来ればいいのに・・・そう甘くはないかな?

| | コメント (0)
|

歩くスキーと雪ん子まつり

先週、気温が-33.3℃になって、車のエンジンがかからず、歩いて保育所に行くハメになったcryingと思ったら、今度は、プラスの気温になったり、温かい日々が続いていて、土曜日も、もうスキーskiは無理かな~?と思ったけど、他にすることもないので、行ってみたら、除雪してあるコースなら、まだ大丈夫だった!それどころか、返ってこれくらいの雪質の方が、滑る時にスピードが出すぎず、上手に滑れるから、樹にとっては良かった!

除雪してあるコースに、程よくうっすらと雪が積もっていて、樹にとってはベストな状態だったのに、コースを半分くらい行った所で、後ろから除雪車がきてしまい、その直後に、一番急な下り坂が待っていたので、滑りやすくなってしまって、ちょっと苦戦してました。coldsweats02でも、シーズンも終わりが近づいてきて、やっぱり樹なりにコツをつかんだのか、一番急な坂は座るようにして滑り、途中からはちゃんと立って滑れたし、最後の急な下り坂も、上手に立って滑ってきました!今日は楽しそうにやってくれたので、私もとても気分良く山スキーができました!happy01

日曜日は、朝から鼻水が出て、風邪気味だなぁと思ったけど、熱もなくて元気なので、サンピラーパークで雪ん子まつりというのがあって、スノーモービルにも乗れるので、最後のチャンスなので連れて行きました。室内の遊技場でも遊び、スノーモービルにも3回も乗り、何回もソリ遊びもして、楽しめました!happy01

2008_030210004 2008_030210003 2008_030210002

でも、あまり疲れさせたら、夜、熱を出しそうな予感がしたので、早めに切り上げて帰りましたが、本当に夜、37.6℃の熱を出してしまった。sad夜泣きしてかわいそうでしたが、朝までに熱が下がったので、良かった~!coldsweats01

月曜日は寝起きは悪かったけど、その後思ったよりも元気になり、保育所も療育も行きました!

| | コメント (0)
|

ピヤシリスキー場

土曜日は、雪は降ってないけど暴風だったし、次の日、ピヤシリスキー場に行く予定なので、図書館に行くことにしたら、ぐずったので、たぶん、スキーとか、サンピラーパークとか、もっと楽しい所に連れて行ってもらえると予測していたらしい。先週まで、雪祭りとかも続いてたし。でも、図書館に入ったとたんに、やっぱり大好きな所なので、ごきげんになった!happy01

日曜日は、お姉ちゃんの柔道少年団のレクレーションで、ピヤシリスキー場へ行きました。9時に集合して行ったので、いきなりチューブ滑りなどをしたら、時間も体力も持たないので、下の方の斜面で、クロカンの道具ではあるけど、しばらく滑る練習をしました。でも、ただ上って滑るだけの繰り返しはつまらなかったようで、嫌がりだしたので、次はチューブ滑りにしました。とりあえず、午前はそれで終わりにして、みんなで昼ご飯noodleを食べて、また午後は長いので、しばらく休憩してから、またチューブをし、次に、スノーモービルのバナナbananaボートに乗ったら、凍れてたので顔が痛かった~!sadそれで嫌になったかな?と思ったら、また乗りたいと言うので、(実際に言葉で乗りたいと言ったわけではないが。笑)やっぱり楽しかったんだhappy01と思い、もう一度、次は前に雪よけがついたソリに乗りました。そしてまたチューブをし、でも、もう疲れ果てたので、(ママが。笑)一度戻って、ソフトクリームを食べて休憩をし、またチューブをしに行った。何回も、上っては滑りの繰り返しで、上る時に体力を使うので、もうヘトヘトに疲れ果てた!wobbly

10時~4時半までは長かった~。despairでも、お姉ちゃんも6年生なので、これが最後なので、もうこんなに待つことはないので、次に行く時は、もっと疲れ果てないで楽しめるかな?と思いました。happy01

| | コメント (2)
|

スキー&アイスキャンドルフェスティバル

土曜日は、歩くスキーに行きました。スキー場に行く時、今夜ある、アイスキャンドルフェスティバル会場の横を通ってしまって、準備で人がたくさんいたのを見て、樹もそこに行きたいと思ってしまったようで、(ちゃんとスケジュールでは、スキーに行くということは、わかっていたけど・・・)素通りしてスキー場に行ったら、「な~んなに、もう~!」と言ってぐずっていたが、途中からは機嫌も直って大丈夫になった。

今日は雪質のせいもあると思うけど、一番急な坂は、スキー板の上に座ってなんとか滑り、その後は立って滑ることができた!そしてなんと、最後の急な坂も、上手に立って滑ることができた!スゴイ!!自己流でもいいから、コツをつかんで楽しめればそれでいいと思いました。

夜は、おまちかねの、アイスキャンドルフェスティバルに行きました。あんまり長時間いても寒いし、最後の花火を見たいので、遅めに行ったつもりだったけど、待っているママは、寒くて死にそうだった~(笑)でも、それだけ一人で遊べるようになったということだと思う。

今年は、PTAの滑り台がものすごく滑りが良くて、すっかりハマってずーっと滑りっぱなし!でも、花火が始まったら、滑るのを止めて、ちゃんと見ていた!当たり前のように楽しめるようになって、幸せ!  

2008_021710002 2008_021710003

| | コメント (2)
|

アイスキャンドル&スキー

日曜日は、かたつむりの会の新年会でした。昼間集まって、ご飯を食べたり、ゲームをしたりして過ごしましたが、それが終わって家に帰ったら、まだ3時で早かったし、新年会だけでは不完全燃焼だったので、三連休で月曜日も休みだし、夕方暗くなってから、アイスキャンドルパーク(万里の長城)に行ってきました。

行ったらまだ早すぎて、アイスキャンドルがついていなかったので、ウロウロして時間つぶししていたら、うどんが売っていて、早速欲しがったので、家に帰ったらご飯もあるけど、せっかくなので一杯だけ買って、二人で半分こして食べました。すっかり買い食いを覚えてしまった・・・(笑)遊牧喫茶(ゲル)に入ってくつろいだりしているうちに、やっとアイスキャンドルがついたので、少し歩いて帰りました。

↓ゲルの中・アイスキャンドルパーク(画像がうまく撮れてないけど)

2008_021010014 2008_021010016

月曜日は、歩くスキーに行きました。今回は、初めから楽しむ心構えで行ったので、全然怒ることなく行けて良かった!しかも、一つ目の坂は、立ったまま自分なりにバランスを取って、一度も転ぶことなく滑ってきた!二つ目の坂は、一番キツイので、途中までは立てるわけがないので、何とか転びながらでも下りてくればいいと思って下で待ってたら、途中からはまた、立って滑ることができた!本人も嬉しそうな顔をしていた!

でも、その後は、疲れて足にきたようで、歩くのもダラダラ、一番急な最後の下り坂もズタズタに転びまくりながら下りてきて、でも何とか頑張れたので良かった!

| | コメント (0)
|

楽しむための歩くスキー

土曜日は、歩くスキーに行きました。滑る時、スキー板をピッタリ揃えて滑ろうとするので、“ボーゲンくん”(幼児などが、初めてアルペンスキーの練習をする時に、スキー板の先を固定する器具で、それをつけるだけで自然とハの字が維持できるというもの)はどうだろう?と考えて、お友達に無理言ってお願いして、試しに今週末だけ貸していただいて、使ってみることにしました。

↓(1.2枚目)ボーゲンくんをつけて歩いている所

 (3枚目)ボーゲンくんをつけて坂を滑ろうとするが、後ろか  ら押しても、この体勢から全く動けないでいる。

 (4枚目)ボーゲンくんをはずして悠々と歩いている所(笑)

2008_020310009 2008_020310011 2008_020310012 2008_020310014

クロカンの板はアルペンの板に比べて細いので、ボーゲンくんがつけれるか?心配したけど、何とか大丈夫でした。つけたまま歩いてもいいのか?わからなかったけど、確かみんなつけたままリフトとかにも乗っていたように思ったので、つけたまま歩いてみたら、樹は歩くときも板を揃えて歩くので、どうしても踏んで転んでしまうので、坂までは外すことにしました。坂の手前でつけてみたけど、やっぱりなかなか上手く行かない。アルペンのゲレンデとは違うし、(アルペンのゲレンデは滑るために作られているから)やっぱり、滑る練習は、アルペンでやった方がいいのかな?と、思いました。

結局途中からは外してしまったら、まっすぐ棒立ちの状態でツツーッと滑ってきて、でもなんか、そっちの方が自己流ではあるけど、樹なりに上手く滑れているような気がした。絶対にかがむとか、ハの字とか、どう教えても理解できないので、つい熱くなってしまい、怒りっぽくなってしまって、後から自己嫌悪・・・その後いつも樹はロッジに入りたがるので、ロッジからアルペンをやっているのを眺めていたら、樹よりももっと小さい子たちが練習していて、みんないとも簡単にハの字で滑ってくる・・・それを見ていたら、なんだか落ち込んでしまって、どうすれば言葉も通じない樹に教えられるんだろう・・・と、悩んでしまいました。

家に帰ってからも、なんだかやる気がなくて、めずらしく落ち込んでました。でも、そこで色々と考えているうちに、自分は何を目的に、樹と歩くスキーをしようと思ったのか?という原点に立ち返ってみました。上手に滑れるようになることや、クロカンの競技に出たりして、アスリートになることが目的ではなく、下手でもいいから、楽しんで歩くスキーをすることや、それと同時に運動もできることが目的だったということを思い出しました。

つまり、私と樹にとって、この歩くスキーは、ストレス発散できる趣味であり、そして、健康にもいいというものであればそれでいいのであって、趣味であるということは、楽しくなければ意味がなく、そこで怒られてばっかりでは、楽しいものではなくなってしまうんだということを思い出しました。

今回は、失敗して、自己嫌悪に陥ってしまったけど、失敗は、成功するためにあるんだと思い直して、次からは絶対に怒らないし、別に自己流でもいいから、自分なりにコツをつかんで、最終的には、楽しんでくれればそれでいいし、一緒に楽しめるということが、一番の幸せだと思いながら、これからも続けて行きたいと思います。

最後に(ボーゲンくんの名誉のために)一言・・・ボーゲンくん自体は、板の先も広がらないし、なかなかいい物だったんだけど、それをクロカンで使おうという発想自体が、ちょっと悪かったかも?滑る練習は、やっぱりアルペンのゲレンデで、アルペンの道具でやった方がいいかも?それで、滑るコツをつかんでから、クロカンの時も滑った方がいいのかもしれないと思いました。

| | コメント (2)
|

バースディパーティー&スキー

誕生日は1月28日ですが、土曜日にバースディパーティーをしました。午前中、シフォンケーキを作るのを少し手伝ったのですが、ホットケーキみたいにすぐ食べれると思っていたようで、昼ごはんの用意をしたら、「そんなぁ~!」「もうもうもうもう~!」と言ってベソかいて怒ってました。(笑)

料理はほとんど去年と同じですが、樹の大好きなものばかりで、からあげと、ピザが大好きなので、ポテトのツナピザ風と、サラダと、いちごのシフォンケーキです。

2008_012610004 2008_012610009_2 プレゼントは、最近本を破らなくなったし、よく読んでいるので、本を買ってあげました。大のお気に入りなのに、いつもどこかへ無くしてくる“おじゃる丸”の本と、ビデオも本も大好きな“となりのトトロ”の本です。(トトロの本は持っているけど、ボロボロになってしまっているので。)ものすごく喜んで、気に入ってくれました!特に、トトロは、ページをめくりながら、全てのセリフを声までそっくりに読んでいました。

日曜日は、歩くスキーに行きました。シーズン中は、週1回は連れて行こうと思っています。去年と違って、本人もやる気マンマンで、進んで身支度をしました。この前剥がれてきたシールも、再度ガッチリ貼り付けたら、今度は剥がれませんでした。

歩くのと登るのは問題ないけど、やっぱり滑る方がダメで、棒立ちのままスキー板をピッタリ揃えて滑ろうとするので、「小さくなって」と言いながら手本を見せてもさっぱりダメなので、手で膝を曲げてやったら、しゃがむ体勢を維持することが難しいらしい。どうやら、模倣の問題だけじゃなく、しゃがむ時の筋力が弱いという問題もあるらしい。(普段その筋肉をあまり使っていないせい。)これは、スキーを履いていないときに、遊び感覚でしゃがむ練習をした方がいいかもしれないと思いました。

でも、去年は、上手く滑れなかったり、歩いていて疲れてきたりしたら、嫌になってしまっていたが、今年は、お尻じゃなくて立って滑りたいという気持ちがあるようで、何度もトライしているし、5kmのコースでも、最後の方にだれてはくるけど、やる気はあるようで、楽しめている感じなので、本当に良かったと思いました。

| | コメント (2)
|

鏡開き&山のコースデビュー

土曜日は、柔道の鏡開きで、今年は地域間交流施設を借りて、そこでお雑煮を作って食べました。子どもたちは、柔道をしてから来るので、お雑煮を作って待っていました。そしたら、お姉ちゃんは、鏡開きまでの一週間、毎日寒稽古で、今まで明らかに運動不足だったのに、いきなりハードな運動をしたため、股関節を痛めたらしく、今日は柔道はしていないとのこと。先生(柔道の先生は、整骨院の先生です。)に、股関節の病気だと言われ、かなりショック・・・周りの人で、股関節が悪い人が何人かいるので、股関節がどれほど重要かということを思い知らされていたので、かなりどんよりしてしまいました・・・治るのかなぁ・・・?一生苦労するんじゃないかなぁ・・・?そこまで重症でもないらしいけど・・・比べ物にはなりませんが、肢体不自由児のお母さんの気持ちが、ほんの少しだけわかった気がしました。

日曜日は、やっと入手したシールを、スキー板に強力接着剤でガッチリ貼り付けて、早速歩くスキーに行きました。グラウンドのコースを一周してから山のコースに行こうか?それともいきなり山のコースに行こうか?迷ったので、樹に先に行かせてみたら、迷わず山のコースの方へ直行。やっぱり行きたかったようだ!やっぱりシールを貼ったら、何の問題もなく普通に登れた!滑る方はさっぱりダメだったけど、途中、私の友達とも会って、一緒に歩いて楽しかった!最後の方はちょっとだれてしまったけど、一番長いコースを一周できた!今回は強化のレーズンもなしで行ってみたけど、やっぱりちょっとあった方がいいみたい。

そこまでは良かったんだけど、その後、アルペンのコースの方に入って行ったので、お友達もたくさん来ていたし、滑る練習にもなるからいいかと思っていたら、リフトの方を見て、近づいていこうとしているので、どうやら、リフトで人がスーッと上がって行くのが面白そうと思ったようで、自分も乗りたいと思ったのかもしれない。でも、下川のリフトは、立ったままロープに捕まって、自分でバーを腰に当てて、スキーを滑らせながら登っていくもので、とてもじゃないけど、樹なんて乗れるわけがなく、近づいただけでキケンなので、人に迷惑をかけてしまうし、リフトの方に興味を持ってどんどん行こうとするのを、なんとか止めるのに苦労した。結局大声で叱り飛ばすしかできなかった・・・これからも、この関門が待っているのかと思うと、ちょっと憂鬱・・・しかも、一度滑っただけで、接着剤でガッチリ貼り付けたシールが少し剥がれてくるし・・・まあ、色々あるよね。でも楽しかったから良かったです!

| | コメント (0)
|